2007年04月16日

イタリアサッカー:アスコリ(クラブ紹介⑩)

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


セリエAのクラブ紹介⑩ アスコリ[ASCOLI]

基本データ

【正式名称】ASCOLI CALCIO 1898
【創立】1898年
【本拠地】アスコリ
【スタジアム】チーノ&リッロ・デルドゥカ(収容人数:28,430人)
【HP】www.ascolicalcio.it/

アスコリは、2000年前の古代ローマ時代に建てられた橋が残っていたりと、歴史的に古い町です。

チームの創立も1898年と歴史は長く、かつて1980年代にはセリエA6位を記録したこともありますが、1991-92シーズンを最後に2部や3部での戦いが続いていました。

そして05-06シーズンにセリエAに返り咲き、シーズン折り返し時点で残留を決める成功を収めました。

1部に定着することがこのチームの当面の課題でしょう。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年04月10日

サハ欠場、ローマ有利か!?【06/07欧州CL】

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


セリエAのASローマとプレミアシップのマンチェスターユナイテッド、欧州CLの決勝トーナメント2ndレグ、いよいよ本日(10日)です!

前回の第一戦では、ローマが辛くもホームで勝利。でもやや有利という状態ぐらいでしょう。今日のマンUのホームでの試合、かなり目が離せません。

ところが直前にマンUのFWルイス・サハが膝の腱に痛みを訴え、この試合の出場がほぼ絶望的という情報が!

もしそうならローマにとっては正直有利に働きます。

でもクリスティアーノ・ロナウドやルーニーがいますしね~。FWで新たに開花したトッティとの勝負、本当に楽しみです!


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年04月04日

イタリアサッカー:フィオレンティーナ(クラブ紹介⑨)

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


セリエAのクラブ紹介⑨ フィオレンティーナ[FIORENTINA]

基本データ

【正式名称】ACF FIORENTINA
【創立】1926年
【本拠地】フィレンツェ
【スタジアム】アルテミオ・フランキ(収容人数:47,282人)
【HP】www.acffiorentina.it

フィオレンティーナという名前はなんとなく華やかな響きがあると思いますが、ラテン語で「花」を意味する言葉なんです。

エンブレムにも、フィレンツェ市のシンボルである赤いユリが描かれています。チームカラーは紫で、そのイタリア語である「ヴィオラ」という愛称で呼ばれます。

2002年にはチームの破綻で4部まで降格してしまったフィオレンティーナですが、04-05シーズン、セリエAに復帰しました。

フィオレンティーナの本拠地であるフィレンツェは、サッカーの起源の1つである、カルチョ・フィオレンティーノが生まれた街です。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年03月31日

イタリアサッカー:パルマ(クラブ紹介⑧)

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


セリエAのクラブ紹介⑧ パルマ[PARMA]

基本データ

【正式名称】PARMA FOOT BALL CLUB
【創立】1913年
【本拠地】パルマ
【スタジアム】エンニオ・タルディーニ(収容人数:28,783人)
【HP】www.fcparma.com

パルマは世界的作曲家のヴェルディを生んだ芸術と文化の街です。パルマの前身だったチームは「ヴェルディ」という名前でした。

また、日本でもおなじみのパルメザンチーズや、パルマハム、バルサミコ酢などが特産品の、食の街としても有名です。

エンブレムにある十字は中世のパルマ公の紋章であり伝統的なモチーフ。それに由来してパルマは十字軍という意味の「クロッチャーティ」という愛称で呼ばれます。

以前、日本の中田英寿が在籍したことでもおなじみのパルマですが、2004年には親会社の経営破綻によりクラブの存続が危うくなりました。中田の放出はそれがもたらしたものともいえるので、残念に思いますね。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年03月28日

イタリアサッカー:エンポリ(クラブ紹介⑦)

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


セリエAのクラブ紹介⑦ エンポリ[EMPOLI]

基本データ

【正式名称】EMPOLI FOOTBALL CLUB
【創立】1920年
【本拠地】エンポリ
【スタジアム】カルロ・カステッラーニ(収容人数:20,011人)
【HP】www.empolicalcio.it

エンポリはセリエAとBを行ったり来たりしている、小さな地方のクラブです。

エンポリはトスカーナ州の北部ピサとフィレンツェのだいたい中間に位置する町。近くにはあのレオナルド・ダヴィンチの生家であるヴィンチ村があります。

また、革産業が盛んなエンポリ。オーナーも革製品を扱っているんです。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年03月25日

イタリアサッカー:リボルノ(クラブ紹介⑥)

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


セリエAのクラブ紹介⑥ リボルノ[LIVORNO]

基本データ

【正式名称】A.S.LIVORNO CALCIO
【創立】1915年
【本拠地】リボルノ
【スタジアム】アルマンド・ピッキ(収容人数:18,150人)
【HP】www.livornocalcio.it

ホームタウンであるリボルノ市は人口17万人ほどの町で、クラブ自体も小さなリボルノ。エンブレムもチームの頭文字をデザインしただけというもので、特別な謂われはありません。

そのリボルノは、04-05シーズンに実に55年ぶりにセリエAに昇格しました。そして05-06シーズンには6位という好成績を残しています。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年03月22日

イタリアサッカー:キエーボ(クラブ紹介⑤)

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


セリエAのクラブ紹介⑤ キエーボ[CHIEVO]

基本データ

【正式名称】ASSOCIAZIONE CALCIO CHIEVOVERONA
【創立】1929年
【本拠地】ベローナ
【スタジアム】マルカントニオ・ベンテコーディ(収容人数:42,160人)
【HP】www.chievoverona.it

このキエーボというクラブのエンブレムのモチーフである空飛ぶロバ、別名「フライング・ドンキー」にはちょっとおもしろいエピソードがあります。

キエーボは、かつてセリエB以下のリーグを行ったり来たりするのが精一杯の弱小クラブだったのですが、84-85シーズンに同じベローナのクラブであるヘラス・ヴェローナがスクデットを獲った時、当時のキエーボの会長が「同じヴェローナのチームとして誇りに思う。いつかベローナダービーを」と発言したんですね。

そのとき、サポーターには「ロバに羽根が生えて飛ぶ時代がきたら、キエーボもセリエAに上がれるよ!」とからかわれたのでした。

しかしその後、破竹の勢いでキエーボは1部に昇格。このことは小さなクラブが起した奇跡を象徴する逸話として語り継がれているのです。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年03月19日

イタリアサッカー:パレルモ(クラブ紹介④)

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


セリエAのクラブ紹介④ パレルモ[PALERMO]

基本データ

【正式名称】UNIONE SPORTIVA CITTA DIPALERMO
【創立】1987年
【本拠地】パレルモ
【スタジアム】レンツォ・バルベラ(収容人数:37,000人)
【HP】www.calciopalermo.it

エンブレムの黄金のワシが印象的なパレルモは、シチリア島のクラブです。

パレルモは、映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の舞台としても知られています。

長い間セリエCやセリエBでの戦いが続いていましたが、2004-2005シーズン、セリエAに昇格を果たしました。

ピンクと黒というインパクトのあるチームカラーは、設立当初は青と黒でした。それが1920年代に強く優しいの比喩である「甘く、苦く」を表すピンクと黒になったのです。なんだか意味が渋くてかっこいいですね。

これはローザネロ(イタリア語でピンクと黒)というチームの愛称にもなっています。


今回はここまで。次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年03月16日

イタリアサッカー:ミラン(クラブ紹介③)

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


セリエAのクラブ紹介③ ミラン[MILAN]

基本データ
【正式名称】ASSOCIAZIONE CALCIO MILAN
【創立】1899年
【本拠地】ミラノ
【スタジアム】ジュゼッペ・メアッツァ(収容人数:80,558人)
【HP】www.acmilan.com

ACミランは日本で最も有名なセリエAのクラブといえるのではないでしょうか。

また、チームの愛称でもある「ロッソネロ」(イタリア語で赤黒の意味)のユニフォームは強さの象徴として、またそのデザインのかっこよさから、世界中のファンに愛されています。

ユニフォームのエンブレムの上の大きな星は、スクデット(リーグ優勝)を意味するものです。

2006/07シーズン中現在までで、ミランは計17回のスクデットを獲得していますから、この星が増えるのも遠い未来ではないと思われます。

このイタリアを代表する超ビッグクラブを支える、「ティフォージ」と呼ばれるサポーターは非常に熱狂的なことでも有名。

1990年代にはグランデ・ミラン(偉大なミラン)と呼ばれる黄金期を築きあげ、栄華を極めたミラン。そんなミランですが、2006年はセリエAの審判買収疑惑を含む八百長疑惑が発覚という、サッカー界を激震させる出来事がありました。

ミランは1980年代初めにも処分を受けており、欧州で八百長で2度も処分されたクラブは、ラツィオとACミランだけという不名誉な記録も持っているのです。


今回はここまで。次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年03月13日

イタリアサッカー:ローマ(クラブ紹介②)

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


セリエAのクラブ紹介② ローマ[ROMA]

基本データ
【正式名称】ASSOCIAZIONE SPORTIVA ROMA
【創立】1927年
【本拠地】ローマ
【スタジアム】オリンピコ(収容人数:80,558人)
【HP】www.asromacalcio.it

ローマはセリエAの強豪・名門クラブの1つ。

かつて、中田英寿が1シーズンのみでしたが所属したクラブとして、日本でもよく知られるようになったのではないでしょうか。

ローマは、1927年に4つのクラブが合併してできたチームで、ユニフォームの赤と黄色は、そのクラブのうちの1つ「ローマン」に由来したものです。

同じローマが本拠地のラツィオとはクラブ、サポーター共に極めてライバル意識が高く、両チームの対戦は「デルビーロマーノ」としてイタリアのダービーマッチの中でも最も白熱する試合として有名です。

イタリア最高の名手ともいわれるトッティ擁するローマですが、近年は2位は多いがリーグ優勝がありません。

是非タイトルがとりたいところでしょうね。(06/07シーズン現在)


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年03月10日

イタリアサッカー:インテル(クラブ紹介①)

これを書いている今日、日本では、横浜ダービーで白熱してます・・・


イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


セリエAのクラブ紹介① インテル[INTER]

・基本データ
【正式名称】INTERNAZIONALE FOOTBALL CLUB MILANO
【創立】1908年
【本拠地】ミラノ
【スタジアム】ジュゼッペ・メアッツァ(収容人数:83,679人)
【HP】www.inter.it

セリエA屈指のトップチームの1つであるインテル。
最初は、ACミランと1つのチームだったことをご存知でしょうか。
両チームは1908年に、外国人選手の加入問題がきっかけで分離しました。
チーム名の「インテルナツィオナーレ」には国際的という意味があり、世界中の選手に門戸を開く、という当時のクラブの思いがこめられているのです。
この名残、対抗意識から生まれたエピソードはいろいろあるのですが、ひとつには、両チームのホームスタジアムは同じなのですが、ミランがサン・シーロと呼ぶのに対し、インテルは往年の名選手の名であるジュゼッペ・メアッツァと呼んでいます。
そんなインテルですが、セリエAの歴史上、セリエBに降格したことがない唯一のチームとなりました。(06/07シーズン現在)


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年03月07日

イタリアサッカー:カップ戦出場への道

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


イタリアサッカーにおける、カップ戦出場への道を簡単におさらい、まとめます。

セリエAのリーグ優勝チーム、2位のチームは、欧州チャンピオンズリーグ本選の出場権を、3位と4位のチームは最終予選(3回戦)の出場権を得ます。5位と6位、およびコッパ・イタリア優勝チームは、UEFAカップの出場権を得ます。

特にサッカーファンなら知らない者はいないといえるチャンピオンズリーグは、欧州クラブシーンにおける最も権威ある国際大会であり、欧州の各リーグの上位チームが総登場し争われることから世界中の注目を集めます。この大会で優勝すれば名実共に欧州一の称号を得られます。

チャンピオンズリーグについてはまたの機会に、詳しく触れたいと思います。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年03月04日

イタリアサッカー:イタリア・スーパーカップ

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


イタリア・スーパーカップは、1988年から始まった、イタリアサッカーのスーパーカップです。

スーパーカップとは、スポーツ協議においてリーグ優勝者とリーグカップ戦優勝者によるプレシーズンマッチのことを一般にいいます。サッカーのスーパーカップが有名ですが、ヨーロッパでは他の競技でも行なわれます。

セリエAでも毎年リーグ開幕前に開催されます。セリエAの前シーズン優勝チームと、コッパ・イタリアの優勝チームによって、お互いの中立地で行なわれる一試合のみの戦いです。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年03月01日

イタリアサッカー:コッパ・イタリア

イタリア留学したら、サッカー観戦は欠かせません!セリエAを中心に、イタリアサッカーの情報・話題をわたくし、カカーロが毎回お届けしています。


コッパ・イタリアは、イタリアサッカーの国内カップ戦です。セリエA・Bの全クラブと、セリエCからの10クラブで争われます。

2005/2006シーズンの大会終了までで最も優勝回数の多いクラブはユヴェントスの9回で、そのあとにはローマ、フィオレンティーナと続きます。

優勝チームには翌シーズンのUEFAカップ出場権が与えられるほか、リーグのスクデットのように、ユニフォームにイタリア国旗色のラウンデルをつけて戦うことができます。

ラウンデルとは、円を基調したシンボルなどのことを指します。コッパ・イタリアのラウンデルは、イタリア国旗を丸くしたようなデザインです。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年02月25日

イタリアサッカー:スクデットとは

イタリアサッカーのセリエAをテレビなどで観ていると、たまにアナウンサーが「今季のスクデットはどこがとるんでしょう」なんていっていたりします。

スクデット(scudetto)とはイタリア語で「小さな盾」を意味し、セリエAで優勝することは「スクデットをとる」としばしばいわれます。

優勝クラブは翌年1年間、ユニフォームの胸にイタリア国旗のトリコロールを示した盾型のエンブレムを縫い付けて戦うことができるのです。燦然と輝くチャンピオンの証ですね。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

イタリアサッカー:セリエ最初の公式戦

セリエで初めての公式戦は、1898年5月8日にトリノのフィラデルフィアスタジアムで、たったの4チームによって行われました。

そして初めての優勝を飾ったのが、ジェノアというクラブチーム。

現在ではなかなかセリエAに定着できず、毎年厳しい戦いとなっています。

しかし優勝回数ではユヴェントス・ACミラン・インテルに次ぐ実績をを誇るこのチーム、日本人初のセリエAプレイヤーである、ご存知「カズ」こと三浦知良氏も所属したことのあるチームなんです。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

イタリアサッカー:セリエAの概要⑤

セリエAの外国人選手登録の制限についてです。

選手の登録枠はEU及びEFTA(ヨーロッパ自由貿易連合)加盟国の国籍を持つ選手については無制限となっています。

簡単に言ってしまうと、EUやEFTA圏内であれば、イタリア国籍でなくても外国人選手とはみなされないわけですね。

それ以外の国籍の選手は登録が5人、ベンチ入りは3人という制限があります。例えばACミランなら、チームの司令塔であるブラジル国籍のカカなどは外国人選手ですね。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

イタリアサッカー:セリエAの概要④

セリエAの出場停止規定についてです。

試合中、反則などに対して出されるカードには、警告で出されるイエローカードや、一発退場処分通告となるレッドカードがあります。

審判が試合で出しているのを、一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

イエローカードは、初め4枚の累積警告で1試合出場停止となり、その後3枚、2枚、1枚と減っていき再び4枚に戻る方式となっています。

それに加え、1試合中に2枚のイエローカードまたはレッドカードを受けた場合は、翌試合1試合が即出場停止となります。

レッドを受けたら即退場で、次の試合も出られないわけです。イエローについては、1試合で2枚受けても、悪質とみなされなかった場合は出場停止にならない場合もあります。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

イタリアサッカー:セリエAの概要③

欧州サッカーを語るのに絶対はずせない、UEFAチャンピオンズリーグとUEFAカップについてお話します。

UEFAチャンピオンズリーグは、ヨーロッパ各国のリーグ戦上位チームで争われる、欧州クラブのNo.1を決める大会で、そのレベルはワールドカップ以上といわれたりさえします。

UEFAカップは、それに次ぐ大会という位置づけです。

この両大会についてはまたの機会に、詳しく触れたいと思います。

セリエAでは、上位2チームにUEFAチャンピオンズリーグ本選、3位、4位に同じくチャンピオンズリーグの予選3回戦、5位、6位チームにはUEFAカップの出場権が与えられます。また下位の3チームがセリエBに自動的に降格します。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

イタリアサッカー:セリエAの概要②

前回、セリエAは全部で20あるクラブが、全てのチームと2試合ずつ戦う総当りリーグで行なわれるというお話をしました。

よって、1クラブあたりの1シーズンの試合数は自分のチームを除くチーム数19×2で38試合、全体の合計では計380試合が行われることになります。

各試合では、勝利したチームに勝ち点3、引き分けの場合には両チームに勝ち点1が与えられます。負けの場合は勝ち点は0です。勝ち点の多い順で順位が決められますので、勝ち点がもっとも多いクラブが優勝ということになります。

複数のクラブの勝ち点が同一の場合には得失点差などに関係なく同順位となります。ここは世界の他のリーグと違うところです。

降格チームの決定や、カップ戦の出場権の決定などで必要が生じた場合には、プレーオフで順位を決定します。優勝決定戦のような試合が組まれるわけです。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

イタリアサッカー:セリエAの概要①

イタリアに留学したら絶対観たいセリエAは、イタリアのプロサッカーリーグであるレガ・カルチョのトップディビジョン。

1898年に開始されましたが、現在の形のリーグなったのは1929年からです。

2007年現在の参加チームは20チームで、試合はホームアンドアウェー方式2回戦総当たりのリーグ戦形式で行われます。

例えばACミラン対インテルであれば、ミランの本拠地であるサン・シーロと、インテルの本拠地であるスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで1試合づつとなります。

1シーズンで、全てのチームと2回ずつ試合をするということですね。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年02月19日

イタリアサッカー:世界最高峰リーグ、「セリエA」

イタリアのセリエA(セリエ・アー)は、世界の中でも最高峰といわれるサッカーリーグで、プロリーグ全体を指す「レガ・カルチョ」の1部リーグのことをいいます。

でも実はサッカーだけでなく、バレーボール、野球、バスケットボールなどでもこの名前が使われているんです。

ちなみにNHKなど一部マスコミでは「セリエ・エー」と呼ばれます。なぜなのかはちょっとわかりません(笑)

あと、ブラジル全国選手権の1部リーグもセリエAと呼ばれるそうです。

いろいろあってややこしいようですが、特に断りがない限り、セリエAはイタリアのプロサッカーリーグと思ってもらって大丈夫でしょう。日本でいえばJリーグですね。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

イタリアサッカー:レガ・カルチョ(Lega Calcio)の歴史

セリエA、セリエB、セリエC1、セリエC2の4部構成からなる、
イタリアのプロサッカーリーグであるレガ・カルチョ(Lega Calcio) 。
すでに100年以上の歴史があります。

1890年代にイタリアへイギリスからフットボールが輸入され、
1898年にイタリアサッカー連盟(FIGC) が誕生。

そして同年の5月8日にプロサッカーリーグが始まりました。

発足時はたったの4クラブしかなく、
トップリーグが現在のような全国リーグになったのは1929年からです。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。

2007年02月18日

イタリアサッカー:「セリエ」

イタリアのサッカーリーグである「セリエ」。

合計約2000チームのプロチームとアマチュアチームからなり、プロチームはそのうち10%で、全体で見るとほとんどアマチュアチームが占めています。

その中でもイタリアに留学したら一度は観たいのが、レガ・カルチョ(Lega Calcio) と呼ばれるプロリーグ。

4部リーグで構成されていて、その内の上位2部リーグが全国1リーグ制、その他のリーグは地域制となっています。

レガ・カルチョで頂点に立つリーグが、「セリエA」です。元日本代表の中田英寿氏の活躍などで、日本でもだいぶ認知度が高まりましたよね。


今回はここまで。

次回も、イタリア留学したら絶対に観たい、イタリアサッカーの情報・話題をお届けします。