2010年05月21日

Departures おくりびと

いよいよ映画「おくりびと」がイタリアトリノでも上映されることになり、先日見てきました!(もちろん、イタリア語への吹替えです。)

今年のはじめに日本語のDVDをこちらに持参し、イタリア人には不完全ながらもイタリア語で説明しながら見せたりしていました。私の周りのイタリア人は日本に興味がある人が多く、みんなこの映画を気に入っていました。

あらすじは、
主人公のモッくんこと、本木雅弘が演じる小林大悟が、プロのチェロ奏者から一人前の納棺士になっていく過程で、様々な葛藤や死生観など、多くの人に疑問を投げかける。大悟が子供のころに他の女性を追って家を出て行った父。その父と会ったのは、彼が亡くなった時だった。大悟は父をずっと許すことができなかったが、子供のころに父と大事な物として交換した石を死ぬまで握りしめていた父を見たとき、許す気持ちになれた。そして最後の旅路の支度を息子として行う。

ストーリー以外にも、山形のロケーション場面、例えば、大悟とその妻が住む家、納棺会社の建物、山形の町の外観、銭湯など美しく、又郷愁を誘います。

さて、イタリア語での「おくりびと」を見た後で、ますますこの映画の奥の深さを感じることができました。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form