2010年03月10日

3月8日、女性の日

mimoza%20borsa.jpg


3月8日は女性の日です。女性の自立、男女平等などの討論会なんかもやったりします。

あとは何と言っても黄色いミモザの花を男性からもらったり、自分で買ったりして部屋に飾ったり。。あと女性同士でおめでとう!なんてメッセージを交換したりと様々。

バッグを手作りしている友達からミモザのバックの写真がフェースブック(外国版mixi と言ってもいいかも。)を通して送られてきました。黄色いミモザの花が美しいバッグです!

ミモザってちょっと菜の花みたいで春の到来を思わせます。

とはいっても、まだまだトリノは冬から脱出できていません。3月7日の日曜日は大雪。今も雪が降っています。明日は積もるかな?

2010年03月04日

冬の山にちょっと遠足。

本当はスキーがしたかったのに。。スキーウェアーも何もないし、10年以上スキーをしていないのでひとりじゃ不安。

それでも冬の山に行きたくなって出かけてきました♪

トリノから車や電車で一時間もかからないところに、Bardonecchi(バルドネッキア)という、ちょっとスノッブな人たちがウェークエンドにスキーにいくところがあります。もちろん夏は避暑地としても賑わっているところ。

さて、バルドネッキアの中心地は確かにちょっと高級そうなお店が並んでいて、おしゃれな人たちが歩いていました。でも。。。高級といったら、モンブランの山の近くの町、クールマユールの方がずっと上のように感じます。

ただ近場でちょっとおしゃれにスキーとなるとやはりバルドネッキアなのかもしれません。スキー場をちゃんと見たわけではないので、何とも言えませんが、中心地を歩いただけでは、あまりピンと来るものがありませんでした。

ここからほど近いところにフランス領のMonginevro(モンジネーブロ)があります。ここではアフタースキーを楽しむのにはちょっと淋しい感じがしますが、スキー場はなかなかいい感じ(^^ゞ

日曜日だったのにスキー客で満員というわけでもなく、滑るのにはグッド!一日リフト券が€31位していたのと、スキー道具一式を借りると€25位していました。これって日本と比べれると高いのか安いのか?

モンジネーブロで食べたバゲットのサンドイッチはさすがフランス。パンがおいしくて大満足。イタリアのバゲットとは比べ物にならないほどおいしい!

さて、この後は、となり町のBriancon(ブリアンソン)に行ってきました。ここは前にも行ったことがありますが、旧市街がなんとも趣があってステキなところで私はとても気に入っています。以前このブログでも紹介したことがあるのでここでは割愛しますが、日本から友達が遊びに来たら絶対に連れて行ってあげたいところです^_^;


monginebro2.jpg

モンジネーブロのスキー場のレストランで。

Recent Entries

  1. 3月8日、女性の日
  2. 冬の山にちょっと遠足。