2009年12月22日

極寒のイタリア

しばし日本に里帰りをしていたうちに、イタリア(特に北西部)では突然寒波が押し寄せ、ひどい寒さになっていました。

アリタリア航空が格安(往復約55,000円)だったので購入したのが間違いだったのか?ひどい目にあいました。

東京からローマは無事でしたが、ローマからトリノに行く便が何時間も待たされた後にトリノが悪天候のためキャンセルになり、別の便でトリノに向かうということでした。


事前にちゃんとした説明がなく、突然の悪報。ではすぐ別の便とやらで出発か?と思いきやもう一つ別のアリタリア便のグループがいて、彼らの便はキャンセルでトリノには飛ばないという。

ここでイタリア人は黙っていない!

怒って罵声を飛ばしどうにか彼らも私たちといっしょにトリノに飛ぶように説き伏せてしまうところがすごい。

この大ゲンカ状態が落ち着くのに30~40分かかって結局飛び立ったのは午前12:00過ぎでトリノ到着は1:00過ぎ。

なんでも霧がひどかったのが原因とか。

しかし。。。他の航空会社の便はちゃんとトリノに到着していたというから、アリタリア側の問題だと思う。

こうゆうところが、イタリアの悪いところ。きちんと順序だてて必要な説明をし、素早く行動、ということはまずできないのがイタリア

それでもまあ無事にトリノに着いて、ロストバッゲージにならなかっただけでも有難いと思わなければ!


それにしても。。。いや~、とにかく寒い!!!

最低気温マイナス15度、最高気温マイナス6度なんてのもざら。

雪が少し降って路面も白い状態。でも積もっているのではなくて寒さで凍っているのです。

木々もすべて白く凍っています。

この寒波いつまで続くのやら。。早く少し落ち着いて欲しいと願うのみ。


なんか寒さで気分も凍りそうなのでクリスマスのイルミネーションで話を閉めましょう。

いつもトリノのポー通りのイルミネーションの写真を紹介しているので今回は違う写真を紹介します。ポルタ・ノーバ駅近くのイルミネーションです。

東京の原宿や汐留もきれいですが、商業的見せ物感が強いのと比べるとこちらではもっとシンプルでひっそりと落ち着いている感じがします。さすがにカソリックの国だけあって、キリストの誕生を厳かに祝うという意味があるのかもしれません。

Buon Natale! メリー・クリスマス!


iluminazione1.jpg
寒波が押し寄せる前に撮影したイルミネーション

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form