2009年12月30日

クリスマスinイタリア

カソリックの信仰が厚い家族は、25日の午前0:00めざして教会のミサに行きます。

これこそがまさにキリストの誕生を祝うことになります。私は風邪気味だったので風邪薬を飲んで早々と寝てしまいましたが。。

その後、25日のお昼に家族が集まってランチをします。

私も友達の家族といっしょにランチをしました。

彼らが天ぷらを食べたいというので、初めて卵のかわりにマヨネーズを使って挑戦。残念ながら水を多く使いすぎたせいか衣が固まらずに失敗。ま、イタリア人だったからごまかせたものの。。次回はやはり卵を使って作ってみようと思います。

25日は家族でプレゼント交換なんかもしますが、要はいっしょにかなりの量のランチを食べてお祝いします。

この日の夕食はさすがにお腹がすかず、夜になって街の中心地に行ったら多くの人が映画館の前にいて、クリスマスでも映画館は営業していることがわかりました。

ここで、コーエン兄弟作の「A Serious Man」を見てしまいました。以前、どうも映画で欲求不満が残っているとお話ししましたが、この状態は今回の映画を見ても解消されませんでした。

60年代のアメリカのユダヤ人家庭の話。ちょっと現実離れしている点もあるのですが、なんかまっとうに生きている主人公が結局はしあわせになれず、案外外れて生きているほうが幸せになれる?なんて思わせるような不思議な映画でした。


わたしのクリスマスはこうして終わり、26日もこちらではステファノ聖人の日でお休み。


この日は夕方からクラシック・コンサートに呼ばれていて素晴らしい音楽に酔いしれたのもつかの間で、そのあと風邪でダウン。

やはりここしばらくの疲れと、23日にクエストゥーラに滞在許可申請のための面接日変更手続きのため、朝5時半から3時間以上外で並んで待ったのがいけなかったのか。。

でもこの日は、最低気温が零下一度くらいで極寒の状態でなかったのがまだましだったのですが。

滞在許可の件は、もともとの面接日はすでに過ぎていたため、幸いにも23日の当日に面接をして指紋を取られて終了。再度出直す必要がなくなったのは有難い。


なんか、話がジグザクになってきました。


明日は大みそか。

今年は家で年越しパーティーをすることにしました。

しかし、この風邪早いところ少し良くならないものか?鼻水ズルズル、咳コンコンで新年を迎えるのはなんとも切ない思いです。

では、Auguri!! Buona festa! Buon Anno! よいお年を!


via%20po.jpg
ポー通りのイルミネーションをフラッシュオンにして撮影。まるい泡のようなものが背景に写っていますが、これは精霊とか。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form