2009年10月26日

映画を見た後はアペルティーボでお腹もいっぱい

先日、久々に映画を見に行ってきました。

見た作品は、『Baaria(バアリア)』というタイトルのイタリア映画

この映画は、9/2にベネチア国際映画祭のオープニング作品として上映されたもの。

『Baaria』、『ニュー・シネマ・パラダイス(Nuovo Cinema Paradiso)』を手がけたジュゼッペ・トルナトーレ(Giuseppe Tornatore)の監督作品。これを知ってすごく見に行きたくなりました。なんせ、ニュー・シネマ・パラダイスは感激して3度も見たからです。


『Baaria』はトルナトーレ監督の故郷シチリア(Sicilia)島を舞台に、ファシズム、第二次世界大戦、そして戦後の数十年間を通して、3世代にわたり様々に繰り広げられる愛の物語を描いています。


ひとりの男性を中心にして、彼の子供の時代から晩年にいたるまでの彼をとりまく家族の物語といってもいいかもしれません。


そこには、シチリア島の貧しい生活、人間模様、欲求不満、愛と幸福感、夢などが感じられ心温まる内容でした。


日本ではいつ上映されるのかわかりませんが、是非お薦めしたい映画です。

さて、映画が終わって友達三人で、トリノの中心地でアペルティーボを食べることになりました。


要するに前菜ですが、日本ではつまみを食べながら一杯ひっかけて。というのと同じような感じです。

ただし、私たちがこの日に行ったロカーリは、なんとこのつまみの種類と量の多いこと!ドリンクは一杯のみなのでたくさん飲む人向きではありませんが、約1000円くらいでお腹がいっぱいになり、大満足でした。


最後に、映画とアペルティーボとはまったく関係のない話ですが、今日、10/25からイタリアでは冬時間となり、日本との時差は8時間になりました。


毎年、10月の最終日曜日の午前零時から一時間時間を遅らせます。夏時間になるときと比べて一時間遅らせるため、約束にまちがえて遅刻するということはなく済みますが、今日になって突然、日が暮れるのが早くなりました。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form