2009年07月25日

いろんな職業あり。物乞いもそのひとつ。

イタリアでは、いろんなことをして稼いでいる?人がいます。

たとえば、これはアメリカでも見たことがありますが、止まっている車のフロントグラスを磨いて小銭稼ぎやレストランに入ってきて花やおもちゃを売りつけるなど。

信号待ちのときに投げ輪などを披露してチップをもらう人もいます。


それに輪をかけて物乞いをする人たちもよく見かけます。


ミラノの地下鉄に乗ると身体の不自由な人がお金を恵んでくれとコップをもってよってきます。


遠距離電車(ただし、特急にはさすがに乗ってきません。)では、よくジプシー(こちらではジンガロと呼んでます。)がいかに自分がお金に困っているかを書いた紙を座席に配って歩き、その後お金を恵んでくれとまわってきます。

このジンガロというのは、もとは東ヨーロッパから放浪してきた人たちで、周りの人たちから疎外され、仕事もさせてもらえなかったという気の毒な歴史があるようです。

彼らは、イタリアに住みながら身分証明書もないし、住民票もなく、不定住で生活しています。働こうともせず、物乞いと盗みで生きているらしく、結構お金は持っているとか。

私たちからみてとても不思議に思うのは、なぜイタリア政府は移民にあんなにうるさいのに、こうゆう人たちは野放しにしているのか。

イタリア人は、もう昔からのことだからしかたがないとあきらめている様子。

家の泥棒や観光客を狙うのも彼らのケースが多いのです。

男性はあまり目立たないのですが、女性は長いフレアースカートに髪は長く編んでいたりしてすぐわかります。

時々彼女らとは似ても似つかないような赤ちゃんを抱いていたりします。あれってどこかからさらってきたのかしら?と想像してしまうくらいです。

現にイタリア人の赤ちゃんをさらおうとして未然に防いだという話を聞いたことがあります。


それ以外には、歩道の一部に広がる屋外レストランやバールに腰かけていたり、車に乗って信号待ちで止まっていると、お金を恵んで下さいという人が寄ってきたりすることがあります。

なんか気の毒に思ってしまうのは、普通の感じのおばあちゃんやおじいちゃんが来るときです。


最後の極め付きは、駅の近くや町の中心地を歩いていると帰りの電車賃がないのでどうか少しでも恵んでくださいというもの。

私は直接折り合ったことがないのですが、イタリア人の友達から聞いた話があります。


ある人が、どこか遠くの町から出てきたのですが、帰りのガソリン代がなくて車で帰れないのでお金を恵んでくれといってきたとか。

私の友人は、人助けをしたかったのか、興味があったのか?不明ですが、その物乞いの人に、「では、いっしょにガソリンを買いに行きましょう。」と持ちかけたら、その人、「ばかやろう!」といって怒って行ってしまったとか。

要するにガソリン代がないというのはウソで、本当はお金をだましとりたかっただけ。

同じ人が何度もこういうことをやってるのを見たこともあるそうです。


何で物乞いが多いかというと、なんでもカソリックでは、恵まれない人にお金をあげて助けることは素晴らしい徳積みになるという教えがあるらしいのです。

それに便乗して、だましとっている人もたくさんいるようです。こういう人たちはもしかしたら、かなりのお金をもっていて、ただ働きたくないだけなのかもしれません。

日本では、まずお目にかからない光景です。

2009年07月14日

夏のバーゲン・セール

イタリアでは、今どこでも夏のSaldi(バーゲン・セール)の真最中。


州によって開始日が少しずれているとはいえ、だいたい7月の4日くらいから一週間後の11日くらいまでの間にスタート。


まずは、家からほど近いところにある、スポーツウェアのカッパのアウトレットに行ってみました。

Robe di Kappa Spaccio Torino


ここではスポーツウェアからシューズまでかなりお買い得。


又、トリノには他にはマックスマーラ系のアウトレットも有ります。

この系列は、トリノ以外にもイタリア各地に数軒あります。日本価格と比べるとかなり安い。

Diffusione Tessile

ちなみにトリノの店舗は、Collegno (TO)といいます。


次に行ったのが、2000年にできた巨大アウトレット。

McArthur Glen

こちらでは、Serravalle Designer Outlet (セッラヴァツレ)と呼んでいます。

ミラノ、ジェノヴァ、トリノ各都市からのシャトルバスが便利。


ミラノからは毎日

行きForo Bonaparte 10:00 発
帰りSerravalle Designer Outlet 17:00発

往復で大人20ユーロ、子供10ユーロ 詳しくは、+39 02867131
noleggio@zaniviaggilit

www.zaniviaggi.it


ジェノバからは土・日

行き P.zza della Vittoria 9:30発
帰りSerravalle Designer Outlet 16:00

及び水曜日

行き P.zza della Vittoria 14:30
帰り Serravalle Designer Outlet 19:00

詳しくは、+39 01056 4003 info@genovarent.it


トリノからは毎月第一週目の週末のみ運行

行き C.so V. Emanuele 131 9:00 発
帰り Serravalle Designer Outlet 16:00発

往復で大人20ユーロ、子供10ユーロ 詳しくは、800 210 266 www.vitagroup.it

その他、電車を使うと、ミラノ―ジェノバ線で、Arquata Scrivia下車。そこからバス利用。

ここは、かなりの品数あり。サイズも結構揃っています。

セール時期はいいものは早めに行ってゲットがおすすめ。ただし、8/25までやっているので終りのころになると更にお買い得になるものもあるかと思います。

もしこの時期にお買い物にイタリアに来られる方で、何かわからないことがありましたら、是非コンタクトしてください。こちらでわかることでしたらお調べします。


serravalle.jpg
Serravalle Designer Outlet にて

2009年07月08日

夏の日焼け

イタリアでは、ほとんどの人が夏には日焼けしています。

日本では、美白が好まれ、日焼けをしないようにと日傘に手袋にと万全対策を施している人もいるくらい。

イタリアでは。。もちろん日傘も手袋も売っていないし、日やけどめはわずかで、断然サンオイルの種類が多い。

日焼けをしていなくて白いと、バカンスはどこにもいかなかったの?となるくらい。

日本でも若者たちは日焼けしても、ある程度年をとると、ほとんどの人が日焼けをしなくなります。イタリアでは、年齢にまったく関係なし。おじいちゃん、おはあちゃんだってしっかり日焼けしています。おばあちゃんなんて、ビキニを着て頑張っているくらい。

私も日本人なのに日焼け大好き人間。

さっそく毎日暑いので、トリノ市が運営している近くのプールにいくことにしました。昼12:00から夕方19:00までで、普段の日は5ユーロ、週末のみ6.10ユーロ。しかもデッキチェアーも使えて、この値段。

今、夏休み(なんと学校は6/11が最終日で、それから約3か月は夏休み)なので混んでいるとはいえ、日本のあのプールの混みようと比べると人はずっと少ない。これはトリノ市の人口が少ないせいもあるかもしれませんが。

とにかく、イタリア人は快適に夏の日焼けを楽しんでいます。


pescina.jpg
家の近くのプールにて。