2009年06月16日

ホームパーティー in Italy

イタリア人はホームパーティー好き。


狭いアパートに住んでいても断然家でのパーティーが多いのがイタリア


豪華なアパートや家に住んでいる人にとっては、友達に自分の住んでいるところを披露したいという願望が強いのかも。褒められれば褒められるほど家に人を呼びたくなる。


気さくな友達同士だと何が必要かを聞いて、それを持っていきますが、もしそうでない場合は、こちらで適当に見つくろって必ず何か持参するのが礼儀。多いのが、ワインやお菓子(私はよく手作りして持っていってます)。


日本では友達との付き合いが多いと外食代がばかになりませんが、こちらでは付き合いが多いといえば、ホームパーティーによばれることが多いということかも。もちろんたまには自分もパーティーを主催して友達をよぶことになりますが。


外食代は日本ほど多くかからないので助かりますが、料理が苦手の人には、ホームパーティーを主催するのはちょっときつい。場所と飲み物を提供するから日本料理作って!というリクエストはありましたが。


さて、ホームパーティーはだいたい夜の8時か8時半にスタートして12:00前後にお開きというのが多いパターン。


はじめのころは、パーティーによばれるごとにきついなぁと思っていました。

というのもイタリア人は好き勝手にいろいろな話題を話すので、こちらがその話題についていけないとひとり黙っている状態になるからです。

こちらが外国人だからといって、気を使って話したり、わかりやすく説明してくれたりといったことはあまりありません。なので、わからなかったら勇気をもって何のこと?と聞くなり、自分の興味ある話題に相手を引き込んだりとちょっと努力が必要。

ときどきすごいと思うのは、彼ら同士にしかわからないような個人的なことを話していてこちらには何の説明もしない人たちがいること。

相手への気遣いはやはり日本人が一番かも。


ホームパーティーによばれてもし女性なら、食べ終わった食器を流しに運ぶのを手伝ってあげるといい印象をもたれるかも。もちろんやらなくていいから、と断られたらしなくてもOKです。


イタリア人との挨拶、家に着いた時と帰るときは、はじめて会った人以外は、だいたい両頬にキスします。男性同士は握手だけというのもあるけれど。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form