2009年04月26日

パスクアにはフランスのリヨンへ

今年のパスクア(イースター)は4月中旬にあたり、昨年と比べるとずっと暖か。

アンティークの家具や小物の買い出しに行くというイタリア人についてフランスの「リヨン」へ行ってきました。


トリノからフランスへはアルプスの山越えをしなくても、トンネルを使えばもっと時間を短縮できるとのこと。ただしこのトンネル通過にかなり高い料金がかかるというので山越えに決定。

当日はあいにくの雨模様。山をグングン登っていくたびに気温が下がり、フランスの国境を越えて「ブリアンソン」を通過し、アルプスの山中に入っていくとあたりは一面雪景色。


この山越え、トリノからミラノにいく位の距離なのにカーブが続く崖の道。そう簡単にはいきません。

途中休み休み行ったせいもあって、朝出発したのに「グルノーブル」を通って「リヨン」についたのはもう夕方の6時をまわっていました。

ホテル(一つ星ながら新しくて快適)を探すのに四苦八苦しましたが、どうにかチェックインを済ませ、リヨンの町へ。


リヨントリノと比べるとずっと大きい町ながら、景観が似ていると思いました。

小高い丘に囲まれ、川が流れ橋がかかり、川岸に古い家々が並んでいます。もちろん家はイタリアのそれとは異なっていますが、雰囲気は近いものがあります。


トリノ同様、碁盤の目のように道が配され、路面電車もあります。

丘の方に向って路地を歩いているとモード系のお店、お菓子屋さん、果物屋さん、文房具屋さん、カフェ、レストランとどれをとってもおしゃれでついつい覗いてみたくなります。

リヨンはまだまだ日本人観光客は少ないとはいえ、中心地は地元の人たちや観光客でにぎわい、レストランは、どこも人であふれていました。


私たちも軽く食事をすませ又道に迷いながらホテルへ。

この夜に食べたカマンベールチーズのブルスケット(フランスでは何というのでしょうか?)はなんと蜂蜜がパンに塗ってあって甘いお菓子のようでした。


翌日はホテルから程近いところにある屋外のアンティーク市へ。

アールデコの家具、50年代、60年代の家具、小物など盛りだくさん。

こういうところで安く買って修理して3倍から5倍で売るんだから売れたらいい商売になると思います。

私にはいったいぜんたいアンティークのどうゆうものが売れるのかがよくわかりません。

なんでもそうですが、売れる商品を見つけるのはいくつもの失敗を重ねて経験を積んでいくことだそうで、まだまだ修行が足りません。

さてイタリア人のバイヤーたち?の交渉を横で聞き、購入した家具を車にいっぱい積んで又アルプスの山越えです。

5時間くらいの長ドライブでやっとトリノに帰ってきたときにはすでに夜の8時すぎでした。

lione1%202%E3%80%803%204.jpg

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form