2009年03月26日

イタリアのテレビ番組

イタリアのテレビ番組の中で2つほど気になっているものがあります。

日本人の私にもすべてはわからなくても楽しめるもの。

そのひとつは、「Grande Fratello グランデ・フラテッロ」というリアリティ・ショーです。

ひとつの家で若い男女10人が100日間共同生活をし、視聴者がその様子を観察するというものです。

すごいのは、家中あらゆるところに24時間監視カメラとマイクが設置され、外の世界とは一切接触は禁じられ、電話、新聞、テレビ、時計もないところで生活するんですよ!

この100日間に視聴者による人気投票が行われ、集計ランク下位2名が落選し、新メンバー2名が追加されます。

最後に期間中一番人気が高かった人が優勝者となり、多額の賞金をゲットできるというもの。

この共同監視生活ではいろんなことがおこり、喜んだり、悲しんだりとかなりドラマチック。

人の私生活を覗き見し、自ら選別に参加出来るのが快楽なのか、イタリアはじめヨーロッパ各国で放映され、大人気番組となっています。

しかし。。いくら大金がもらえるからといって、自分の生活を100日間も捨てきってプライバシーゼロの監視された生活を送るのは至難の業。私にはとうてい想像もできません。

あまりにも現実離れしているものの、美男美女の参加者を見ていて悪い気はしません。

「ま、大変!」とか「可哀そう。。」とか思いながら、「あの人カッコいい」だの「あの子かわいい」だのと気楽に見るのがいいです。(真剣になりすぎると疲れる。)

あともうひとつは、「SCHERZI A PARTE スケルチ・ア・パルテ」というバラエティー番組。

この意味を調べたら、「冗談抜きで」 とか 「冗談は別にして」という意味らしいんですが、要するにこの番組、日本に昔あった「元祖どっきりカメラ」にそっくり!


仕掛け人がターゲットを騙し、ターゲットが驚いたり、動揺したりしたところで、「SCHERZI A PARTI」と書いたプラカードを持った人が現れるというもの。

これは、かなり笑えます!

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form