2009年02月27日

バーニャ・カウダ Bagna Cauda

今日はピエモンテ州の郷土料理とされている「バーニャ・カウダ」のお・は・な・し。

オリーブオイルにアンチョビ、にんにくをすりおろしたものを入れてグツグツ煮込んでつくるこってりソース。

イタリア人の友人に食べたことがないといったら、さっそく日曜日のお昼に誘ってくれました。


ちなみに「バーニャ・カウダ」という名前の意味ですが、バーニャはソースの意味でピエモンテ州では古くはサルサ(ソースのこと)をバーニャと呼んでいたそうです。カウダはカルダ(温かい)という意味で、ピエモンテ州の方言でカウダというそうです。


というわけで、「温かいソース」という意味で、秋から冬にかけて新鮮な野菜やゆで野菜をこのソースにつけて食べます。卓上コンロで温めて食べるといっそうおいしくいただけます。

イタリア人、特にピエモンテの人に「バーニャ・カウダ」はどんな料理?と聞くと十中八九の人が、「食べた後の口臭のひどさが一日以上は残るソース」とコメントします。

料理のおいしさというよりも、食べたあとの臭さが強調されているように思います。あるイタリア人は、オフィスでひとりでも「バーニャ・カウダ」を食べた人がいると、部屋が同じでなくても臭くてつらいと言っていました。そんなわけで、とうてい普段の日に食べる人は少なく、みんな週末に食べるようにしているようです。


この日は日曜日。おいしくてたくさん食べてしまい、家に帰ってから歯磨きとマウスウオッシュを使って口臭除去に努めました。

さて翌日。会った人に「バーニャ・カウダ」を一日前に食べたことを暴露。

口臭臭いと言われるとばかり思っていたら、臭さがないから、本物の「バーニャ・カウダ」じゃないね。と逆に言われてしまいました。

というわけで、「バーニャ・カウダ」= 臭い食べ物の代名詞のように言われていますが、臭さばかりか野菜をディップして食べるなかなかおいしい食べ物です。


bagna%20cauda5web.jpg
食べた後の匂いが強烈な「バーニャ・カウダ」

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form