2009年01月30日

イタリアの冬の風物詩

日本の冬の風物詩といえば。。お正月、七草粥、鏡開き、節分、ヴァレンタイン・デー、ひな祭り(これは3月なのでもう春になりますが)と続きます。

イタリアの冬の風物詩は?といえば、クリスマス、お正月、ヴァレンタインのチョコレート商戦はないので、次にくるのがカーニバル(Carnevale)。謝肉祭ともいわれています。

これは何といってもベニスのカーニバルが有名ですが、その他にも各地で行われています。詳しい説明は、割愛するとして、今日はスーパーに買い物にいって気づいたことを一つご紹介します♪

どこのスーパーにいっても「ブジーエ」(Bugie)と呼ばれるカーニバルの揚げ菓子がたくさん売られています。

パイのようなサクサク感と甘いバターの風味。粉砂糖がまぶしてあるものと、別に添付されているものがありますが、砂糖をつけなくても十分な甘さです。

とにかく食べだしたら「やめられない」のです~。大きな袋入りを求めてなんと一日半でペロッとたいらげてしまいました。はぁ~。

なんでもこのカーニバルのお菓子、地方によって呼び名が異なるようです。

トリノでは「ブジーエ」でも他では、たとえば、「ラチューゲ」(lattughe: レタスの意味)、「キアッキエーレ」(chiacchiere:おしゃべりの意味)、「スプレッレ」(sprelle)などの名前で呼ばれています。

この他にもカーニバルのお菓子には、揚げドーナツみたいな「カスタニョーレ」(castagnole)とか「フリッテッレ」(frittelle)などがありますが、どれもかなりの高カロリー。

それでも甘いもの好きな私は「やめられない」で買って食べてしまいそうです。
(*^_^*)


bugie1.jpg

スーパーで売っているブジーエというお菓子。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form