2008年11月27日

バローロワイン試飲会

トリノは先週大風が吹き、真冬の寒さになってしまいました。今年は昨年より寒くなるのが早い感じがします。

さて、今日はバローロワインの試飲会にいったときの話をしたいと思います。

ピエモンテ州といえばワインで有名ですが、イタリアワインの王様といえばやはりネッビオーロ種から作られるバローロではないでしょうか。

南ピエモンテ(トリノの南)にあるランゲ地方がバローロの産地としては有名で、いくつかのコムーネに分かれています。

その中のひとつである「La Morra」(ラ・モッラ)に行ってきました。

この日は霧がかかったようにどんよりと曇っていて、せっかくのぶどう畑が一面に見渡せる高台からのパノラマは今一つ。それでも観光客がたくさん訪れていました。

ここの街は小高い丘の上にあり、坂がたくさんあります。教会の近くにバローロワインの試飲会及び販売会場がありました。

ソムリエの友達に連れられて入口をはいり、5ユーロ払ってワイングラスをもらいました。これで数種類ものバローロを飲みたいだけ試飲できるんですから、安いもんです。

しかしバローロといってもやはり作り手によってかなり特徴が異なっています。販売会場で扱われていたバローロはけっして安くはありませんでしたが、多くの訪問客が試飲したあとでケース単位で買っていました。

私は試飲しただけ。それでもバローロをこんなに飲んだのは今までになかったし、日本ではもちろんこれほどお手軽価格では味わうことができません。

ほろ酔い気分になったところでもう一度高台に行ってみましたが、相変わらずの天気で残念。寒さでじきに酔いも醒め、温かい飲み物を飲みたくなってきました。

晩秋のワイナリーは、収穫がすんでしまうと途端に、ひっそりとしてしまいますが、そのころにはかえっておいしいワインを味わいながらじっくりと見学ができるのでワイン通にはおススメです。

tartufo10.jpg
ラ・モッラの高台からのパノラマ

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form