2008年11月20日

紅葉の季節

トリノはすっかり寒くなり、紅葉もかなり進んでいます。

私はポー川のすぐ近くに住んでいますが、そのポー川にそって道が長く続いています。(下の写真参照)

ここには木々が生い茂り、紅葉と新緑の季節には散歩をするのにもってこいです。それに30分くらいのジョギングにも絶好のところです。

この日はお天気がよかったので家からポー川にそって歩き、ヴィットリオ広場までおよそ30分の散歩をしてみました。

途中、川にそって点々とベンチが並んでいます。
そこで井戸端会議に熱中している人たち。
子供連れの親子やカップルの幸せそうな姿があったり、犬の散歩をしながら携帯電話で話し続けている人、黙々とジョギングに集中している人、それと自転車で通りすぎて行く人。

そういった人たちを横目で見ながら紅葉の美しさに見とれてしまいました。
どこも絵になる風景。

ただやはり長く外にいると冷えてきて、ヴィットリオ広場ではお気に入りのカフェ(“カフェ・エレナ”)に入って一休みです。

少し余談になりますが、イタリアに来てから日本で履いていたヒールのある靴をほとんど履かなくなりました。というのは凸凹の石畳の道や土の散歩道にはヒール靴は向かないからです。

私のお気に入りはやや底厚の靴(靴幅を狭くして紐のついたおしゃれな靴)や価格の安い本革ではないブーツ(20ユーロくらい)です。

履きやすい靴をはいて紅葉真っ盛りのトリノの街を歩きまわりたいと思います。


lungopo1.jpg
ポー川にそって続く散歩道

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form