2008年10月31日

アルバの白トリュフ祭り

トリノから電車に乗っておよそ1時間。

南方に下がったところにアルバという町があります。このあたりはもちろんワイン畑の宝庫と呼ばれているところ。又アルバは白トリュフがとれるところとしても有名です。

10月4日から11月9日までここアルバにて「トリュフの国際展示会」があるのを知り、さっそく行ってきました。

アルバは一度訪れたことがありますが、この日は普段と違って街はお祭り騒ぎ。

たくさんの屋台が出て音楽が流れちょっとしたアトラクションがあったりと、とにかく多くの人で賑わっていました。

さて、まずは「トリュフの国際展示会」会場へ。

世界のトリュフの歴史や品種の紹介に引き続いて「トリュフの大試食・販売会」が展開されていました。

出店数も半端ではありません。トリュフは黒・白と展示・販売され、ほんの豆粒大くらいの大きさでも5から10ユーロもしていました。

試食といってももちろんトリュフそのものは食べれませんが、トリュフを使った加工品、ソース類は試食可。

いろいろ試食した中でパスタソースにも使えるトリュフのクリーム(Crema Tartufata)と乾燥キノコ(Fungi Porcini Secchi)を購入しました。

これでタルトゥーフォのスパゲッティとポルチーニのリゾットを作る予定です。

この展示会ではトリュフ以外にもキノコはもちろんワインやチョコレート(ピエモンテはチョコレートがおいしいのでも有名です。)も展示・販売され、世界各国からの入場者で盛況でした。

この後にアルバの近くにあるアスティーまで足を延ばしました。

この日はここもアルバ同様に屋台が出ていて多くの人でにぎわっていました。今回は車でいかなかったので少し郊外にあるブドウ畑が見れなかったのが残念でしたが、トリュフソースを存分に味わえた日本では経験できない一日でした。


HPIM0016.JPG
黒・白トリュフの陳列・販売

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form