2008年09月30日

秘書コース

トリノは9月に入った途端、あの8月の暑さとは一転して急に涼しくなりました。
9月の中旬になると涼しいを通り越して、晩秋のような寒さです。
日本と大きく違うのはこちらでは朝・晩と日中との気温差が大きいことです。

さて、前回イタリアの就職・労働事情でご紹介しましたが、失業中や無職の場合、こちらでは無料で就職のチャンスをより多く作るためにいろいろなコースを受講することができます。

私も9月8日から3週間、秘書コースを受講しました。毎日8時間の超集中講座です。

最初から私にはまだちょっと難しいとは思っていましたが、ぜひイタリア人の中で語学以外の勉強をしたかったのと今後の就職活動に役立つと思い、通うことにしました。

はじめ、秘書コースなので、ビジネスレターの書き方、電話での応対、アポイントや会議のアレンジ位の内容と思っていましたが、実際はもっと盛りだくさんで驚きました。

これら以外にも簡単な経理事務、請求書作成、コミュニケーション、プレゼンテーション、会社組織、組織図、企業の業績や質の改善、履歴書の書き方、等々ぎっしり。

私ひとりがイタリア語を勉強中の日本人。当然文章の読解力にはかなりの差あり。

はじめの2、3日はちょっと場違いのところに来てしまったと思いましたが、その後、度胸がすわったのか「ばかと思われてもいい!」と開き直りの根性で修了しました。

はじめはよそよそしかった周りのイタリア人もだんだんうちとけて、「がんばれ!」と応援してくれるまでになりました。先生もとても助けてくれて最終日にはなんだか終ってしまうのが淋しいとまで思うほどでした。

今まで知らなかった語彙も増えたことと何よりも、今までより少し度胸がすわったことです。

イタリアに住むには、とにかく強くなるのが必然のようです。小さいことにこだわらず、常に前向き、このくらいで負けないぞという強い精神が必要とか。

あとは、イエス・ノーをはっきり言うことと、相手に気を使って遠慮するといった日本人の謙虚な態度はあまり通用しないこと。もちろん言いすぎて相手を傷つけることはよくないことですが、物事をはっきり相手に納得してもらうように話すことは大事です。

イタリア人社会に慣れるためにも、恥ずかしさは早く捨てて、彼らの中に飛び込んでいくことが一番の近道のように思います。

今回の秘書コース、内容も充実しているので、イタリア語にある程度慣れた中級以上の方にはおススメです。

cbergio.jpg
写真は私のアパートの近くで9/21の日曜日に行われた野外メルカートです。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form