2008年07月29日

トリノ大学夏季講座

7月3日から始まったトリノ大学の外国人向けイタリア語のコースは、7月25日で無事に終了しました。

今回のコースは、“Italiano - arte e cultura” (イタリア語 - 芸術と文化)と銘打って
イタリア語の勉強以外にもピエモンテ州の芸術と文化を知るための美術館巡りや観光など、盛り沢山の内容でした。

夏期は生徒の数が多いためか、ややクラスの人数が多いのが難点ですが、なにしろ毎日およそ4時間の授業があるため、かなり集中して勉強ができました。残念なのは、私の場合、やや授業のレベルが自分に合っていなかったように思います。ただし、プライベートレッスンではないので、なかなか個人のニーズにすべて合わせるのは難しいものがあります。

授業をはじめる前日には、歓迎会がピッツェリアで行われ、クラス分けのテストをしたあとでいよいよ授業開始です。

参加者は全部で35名くらい。東欧とベトナムからの参加者が比較的多く、日本人は私を入れて2名。まだまだトリノは日本人にはあまり知られていない町のようです。

さて、午後や週末の美術館めぐりや観光の中から印象に残ったものをご紹介したいと思います。

トリノの南45キロmくらい車で走ったところにある中世の町サルッツオ

町を見学する前にサルッツオの丘の上に建つマンタ城へ。
ここは15世紀のフレスコ画が残る貴族の館だったところとか。年老いた人たちが泉に入ると若返り、みんな若者になるといったストーリーのフレスコ画が印象的。

その後サルッツオの町の見学。この町は新市街と旧市街に分かれ、丘の上の旧市街には中世の建物が残り、歴史の重みを感じました。

少しずつ丘の上から坂と階段を下り、新市街へ。

この日の夕食は、サルッツオのアグリツーリズモで10種類くらいあるアンティパストを参加者全員でいっしょに食べました。

ここサルッツオには、ここが有名というスポットはそれほど多くないのにもかかわらず、こじんまりした中世の町の雰囲気が残り、散策をするだけでもすばらしく、又町の人たちも人なつこくてとても気に入りました。

Saluzzo4.jpg
サルッツオの町並み

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form