2008年06月25日

イタリア留学旅食”トスカーナ州 ”

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・  
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる

こちらイタリー 今回は
イタリア留学旅食”トスカーナ州 ”はあの有名な先人 お見事な想像力豊かな天才芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチの故郷からです。さて どんなどんな料理があるかしら?でわ^^さすらいのイタリーから♪

ここはメディチ家を中心に花咲いた
”華やかな貴族の食文化と 貧しい農民の食文化”の混ざりあった魅力が面白い場所です。
   
   
倹約精神旺盛なトスカーナ人が生み出した素朴な料理
ここの名脇役はなんと言っても塩気がまったくない「トスカーナパン」
このトスカーナパンへ鶏レバーペーストを塗って食べる代表的なアンティパストは、「スカーナ風クロスティーニ」とよばれています。

メイン料理は肉料理が中心です。グルメあこがれの的は、炭火で焼く骨付き牛のTボーンステーキ。。”ビステッカ・アラ・フィオレンティーナ” うっ・・スゴク美味しそう・・・。

豚の背肉の部位をオーブンで香草と一緒にグリルした”アリスタ”やトスカーナパンのあまったものを使って食べるトマトソースに入れたパン粥 ”パッパ・コル・ポモドーロ”というもの

固くなったこのパンを具沢山のミネストローネに入れて煮返した ”リボリータ”(Re=再び Borrita=煮る  の意味)余った食材をうまく利用して作られる賢い料理の美味しさでしょうねぇ。

また「トスカーナ人の豆喰い」とよく言われるように、豆類はスープやサラダ、煮込み料理にとよく使われ 野菜はゆでてオリーブオイルでソテーしただけのシンプルでバランスがとれたものも多く日本人にも好まれます。

小麦と水で作る手打ちの太めパスタで日本のうどんのような食感をトマト系のソースでいただく”ピーチ”という料理や新鮮な生野菜をオリーブオイルと塩につけて食べる前菜一種で ”ピンツィモーニオ”などビックリするほどの素朴な料理が多いですね。


イタリーの今回は
イタリア留学旅食”トスカーナ州 ”は素朴と賢い料理でした。

では、さすらいのイタリー 
       次回も お楽しみに^^♪

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form