2008年06月01日

英独伊の対決

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

2008年 第6戦 モナコGPを終えてのポイントランキングです。

ドライバーズポイント
順位 ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 38
2 K.ライコネン 35
3 F.マッサ 34
4 R.クビサ 32
5 N.ハイドフェルド 20


コンストラクターズポイント
順位 ドライバー ポイント
1 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ 69
2 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス 53
3 BMWザウバーF1チーム 52
4 AT&Tウィリアムズ 15
5 レッドブル・レーシング 15

ドライバーでは、1位~4位が拮抗しています。
彼らが所属しているのは、
ハミルトン: マクラーレン(英)
ライコネン&マッサ: フェラーリ(伊)
クビサ: BMWザウバー(独)

ドライバー2人がポイントランキング2位、3位にいるフェラーリが、現状コンストラクターズでは一馬身先んじています。

今年は、BMWザウバーが来ました。ドライバランキング4位、5位は、BMWザウバーチームのドライバーです。


昨年までは、フェラーリ対マクラーレンの戦いでした。今年は、BMWザウバーがかなりいいところに来ています。これは楽しみですな。


もともとザウバーはスイスのF1チームだったのです。BMWが2005年に、このチームを買収して、現在のBMWザウバーF1チームになりました。

さてさて、スーアグなきシーズンは、この3者の戦いに注目しましょうか。

もちろん、中嶋君にも期待してまっせー。

文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form