2008年05月08日

スーパーアグリ消滅!

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

前回、スパーアグリの危機について触れました。とうとう、そのときがやってきました。

スペインGPがスーパーアグリの最後の出走となりました。

マグマグループによる買収も、投資家の合意が得られずに現実化しませんでした。ドイツのヴァイグルとも話しをしていたようですが、こちらもうまく行かず。結局幕引きを亜久里さんが決心しました。

企業間のしのぎ合いとマネーゲームが展開される現代F1の中で、孤軍奮闘したプライベートチーム。

純粋に、カッコイイ、スゴイと感じて応援したくなる。
そんな感情を引き出してくれたスーパーアグリと佐藤琢磨に感謝しています。

琢磨選手には、F1をドライブするチャンスを再度つかんでもらいたいですね。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form