2008年04月30日

イタリア生活 – キリストの聖骸布(これは本物?!)

チャオ♪

4月25日は、Festa della Liberazione (イタリア解放記念日)で、第二次世界大戦が終わって自由になった日。

日本で言えば終戦記念日のようなものかもしれません。この日は、金曜日だったのでこちらでは3連休になりました。


前日までは、うす曇の日が続いていましたが、この日から突然夏のように暑くなり、びっくり。日曜日は曇っていたものの、この3日間は観光日和の休日となりました。


日本から友達がトリノにやってきて、めったにしないトリノ観光をすることになりました。

天候がよかったせいもあり、多くの観光客や地元の人でどこもいっぱい。美術館に入るにも長蛇の列。日本のゴールデンウィークを思い出しました。まさにこれに近い混みようです。

さて、私たちは比較的空いているDuomo(ドゥオーモ)に行くことにしました。

ここは、キリストの処刑後、その体を包んだ聖骸布があることで知られています。(日本人もこれだけは知っているという人が多いように思います。)

展示されているものはもちろん複製で、本物は奥に保存されていて、25年に一度のご開帳とか。

歴史を遡れば、544年にこの聖骸布は現在のトルコで保存されていたものが、長い年月を経てイタリアへ渡ってきたとなっています。

科学的に調査した結果では、この布は、14世紀ごろのものだそうです。そうなると、この人物はキリストではないということになりますが、もちろんイタリア人にとっては厚い信仰の対象になっているわけで、キリストと信じてやまないのが実情です。


この布は、正面と背面とが対になっています。頭を中心にして、左側が顔と体の正面部分、右側が頭と体の背面部分です。

の後があったり、火事があったときに焼けた穴があったりと少々異様な感じです。
とはいえ、この日もたくさんの巡礼者やガイドを連れた観光客の団体が来ていました。

やはりこれは本物のキリストの聖骸布と信じるべきものなのかもしれません。

Duomo1a.jpg
聖骸布の複製

2008年04月27日

ミラノ周辺


イタリア 旅行と留学のための地図情報
(地図をクリックすると拡大図が出ます)

留学生や旅行者に人気のミラノ周辺にスポットを当ててみます。

イタリアに日本から行くとしたら、
ここミラノローマに直行便が出ているので、
非常に行きやすい場所と言えますね。

さて、ここミラノの街は芸術とファッションの街として有名ですけど、
湖沼リゾートへのベースとしても良い街なんですね。

地図を見てもらうとわかりますけど、
オルタ、マジョーレ、バレーゼ、ルガノ、
コモ、イゼオ、イドロ、ガルダと大きな湖がこんなにあります。

世界遺産に登録されている観光地もありますから、
イタリアのあちこちに行ってもいいけど、
一箇所に長期逗留なんていうのもいいですね。

だから、ミラノは留学生に人気なんだろうなあ

2008年04月26日

今週末はスペインGP

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

この日曜日は、スペインGP決勝です。

前回も触れたように、スーパーアグリはピンチです。
なんとか、スペインGPの出場は確定したものの、チーム存続が依然として不確定。

マグマグループによる買収の方向で話が進んでいたものの、この話がご破算になったと報道されました。マグマグループの投資家(ドバイ)が、最終的にスーパーアグリ買収を拒んだためらしいです。

身元引受人のいなくなったスーパーアグリは、その存続はおろか、スペインGPに出走する費用の確保さえ危ぶまれ、ぎりぎりまでスペインGPに出場するかさえ未確定でした。

スペインGP出走が確定、フリー走行も済ませているので、一安心ではありますが、次戦に出場できるのか、チームは存続できるのか、予断を許さない状況が続いています。

切に存続をきたいしているイタル山本なのです。

P.S.

われらがイタリアの跳ね馬フェラーリは好調さを継続しています。
フリー走行2回目では、ライコネンがトップ、マッサが5番手。マクラーレンのハミルトン(11番手)とコバライネン(16番手)を上回っています。
日曜も期待できそうですな。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

2008年04月25日

イタリア生活 - 展覧会

チャオ♪

雨が続くトリノで、一日だけ晴れた先週の土曜日。

トリノのチェントロにある「Galleria Sabaua」(サヴァウア美術館)に行く予定でしたが、改装中のようで全部のうちの半分くらいしか公開していないとのこと。

急遽、予定変更。そこから歩いて数分の「Palazzo Bricherasio」(パラッツオ・ブリケラシオ)へ。


ここでは、「Caneletto e Bellotto l’arte delle veduta」(カナレットとベッロットの風景画芸術)の展覧会をやっていました。


ジョバンニ・アントニオ・カナル(通称カナレット)とベルナルド・ベッロットは、ともに17世紀から18世紀にかけてのベニス生まれの風景画家。

ベッロットは、カナレットの甥であり、師弟関係でもあります。

二人の作品が対比されて紹介されていました。

特にベニスのグラン・カナル(大運河)の風景画には圧巻されました。

ベッロットは、ローマフィレンツェ、ルッカ、そしてトリノにも赴き、たくさんの作品を残しています。この時代のトリノの町が描かれていて、今と違って建物の数が少ないのにはびっくりしてしまいました。


ベッロットは、又、ドイツのドレスデンやロンドンでも風景画をたくさん描いています。

しかし、なんといっても二人のベニスの光景を描いた数々の作品が特に印象深く、数年前に彼らの風景画のコピーをベニスで買い求めたことがあるのを思い出しました。

日本人にも馴染みのある風景画だと思います。

2008年6月15日まで。 
Palazzo Bricherasio」(パラッツオ・ブリケラシオ)

2008年04月23日

イタリア留学旅食 ” シチリア 1 ”

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・  
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる

こちらイタリー今回からは ちょっとひと味違う

イタリア留学旅食 ” シチリア 1 ”イタリア各地へ飛びます。
さすらいのイタリーお楽しみに^^♪


地中海最大の島、シチリア島から先ず、出発だわ
気候は・・  最高^^典型的な地中海性気候^^イタリア


地中海の真ん中に浮かんでいるから、
大昔ギリシャ人、ローマ人、アラブ人、スペイン人、フランス人などのさまざまな民族に支配された歴史的背景があるのねぇ。これら各国が残した足跡が混ざって、シチリア風の 個性豊かな食世界が作られたそうですよ♪


シチリアのドルチェ(お菓子)は、イタリア本土のドルチェとは少し違いエキゾチックでビビットな色使いが印象的だわ。


どうもアラブの影響らしい・・・アーモンドの粉に食紅で色つけ、フルーツの形作る「フルッタ・マルトナーラ」、


アイスクリームの原型ともいえる、ナッツ類のプラリネ、そしてフルーツの砂糖漬けを細かく刻んだものを混ぜた「カッサータ」などがあります。


ドルチェは 手の込んだものが多いのですが、、、お料理は
新鮮な魚貝や野菜をたっぷり使ったシンプルなレシピが目立つわ、


家畜があまり多くないため、牛肉よりメカジキや、イワシやボッタルガ(からすみ)やアサリなどの魚貝類や豊富に取れる野菜類中心です。


オレガノや、フィノッキというセロリに似た甘い香りハーブがシチリア料理に良く使われていますねぇ


      
イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いません^^イタリアマンマに憧れる

こちらイタリーから今回は、
イタリア留学旅食 ” シチリア 1 ” イタリア各地へ飛びます。

さすらいのイタリーお楽しみに^^♪

2008年04月19日

イタリアの中のアメリカ?

チャオ!

トリノのすぐ隣にあるMoncalieri(モンカリエリ)という町にあるウエスタンのロカーリ(バー&ダンスホール)に行ってきました。

ここは、イタリアにあってイタリアじゃない!アメリカのカーボーイの世界。


音楽はカントリー・ミュージックだし、服装だって半端じゃない。

カーボーイ・ハットとウエスタン・ブーツは必需品。とても興味深いのが、ユニークなウエスタン・ダンス。

各音楽に合わせてダンスの振りが全部違う。(私がずっと見ていた限りでは。)

男女ペアになって踊ったかと思うと、男女とも同じ振りをみんなでいっしょになって踊る。ウエスタン・ブーツを床にたたきつけて踊るダンスは豪快で力強い。

私が想像するには、ダンスをみっちり習って、習った振りを毎週のようにここに来て踊り続けて上達させている。

イタリア人がこんなにウエスタンに興味があるとは知らなかった。

アメリカにいるような気分にさせてくるロカーリでした。(とにかく踊りは必見の価値あり。)

WESTERN2a.jpg
ウエスタン・ハットをかぶった人たちでいっぱい!

2008年04月18日

イタリア南部

イタリア 旅行と留学のための地図情報
(地図をクリックすると拡大図が出ます)

イタリア南部は靴の爪先部分です。

観光地としてはかなり穴場と言えますね。
ツアーなんかでもあまり紹介されないですし、
夏はこの地方は暑いです。

でも、北に比べて人々は気さくだと言われます。
留学生でもこの辺りまで探検(?)するようだと、かなりのツウですね。

この辺りはやはり自然、特に海と山が綺麗なので、
あえて地図は地形図としました。
鉄道から見ても目の前に海。
背後に山とブドウ畑という感じですので、
是非、気候の良いときに行きたいですね。
一応、大きな街は中央のカタンツァーロ。

ここカラブリア州の州都です。

鉄道の終点がレッジョ・デ・カラブリア。

ここはローマから飛行機で行くこともできます。

ローマから鉄道でシチリアに行くには、その手前のサン・ジョバンニの街から船で
シチリア島のメッシーナに行けます。

2008年04月16日

イタリア留学で小麦料理 ”ワイン&サワークリーム ”

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・  
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーから


いつもと違う お伝えからいたしますわ
月曜にココへ 来る予定だった


あの日は・・・・

イタリアの食卓話のDVDに熱中してたわ
イタリア料理にワインは欠かせない様子
ワインが美味しそうだったので


同じく美味しい”スブマンテ”イタリアのスパークリングワインを頂いて
確か”ベラヴィスタ”・・・ピンク色で瓶のデザインも素敵☆

ん・・ ” ベラヴィスタ ”の意味は ”美しい風景”

ついつい優雅な時間を過ごして 
・・気づいたのが今^^ゴメンナサイ遅くなってしまったわ

じゃ今日は
イタリア留学で小麦料理”ワイン&サワークリーム料理”


簡単美味しい ワインにピッタリ料理
作ってみてくださいね^^


サンドイッチ用細いフランスパン 5㎜に切るトーストしておく

バター大さじ1で
しめじ1パックを いため

ニンニク  1/2かけ みじん切り
玉ねぎ   大さじ  みじん切り
も入れ いたまったら 

小麦粉   大さじ1をふりいれ
さらにいためる

サワークリーム  大さじ2を加えて
さっと混ぜ合わせ 塩コショーで調味して


トーストした  フランスパンにのせ
イタリアンパセリを飾ったら
出来上がりーー

ほっ^^。

イタリア留学大好き過ぎてイタリアDVDに熱中^^
忘れない様に来ますねぇ^^。


イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いません^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーから今回は、
イタリア留学で ”ワイン&サワークリーム料理 ”
をお伝えしました。

2008年04月14日

どうなる スーアグ

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”


第2戦、第3戦とイタリアの跳ね馬フェラーリの調子がいいのでこちらは一息入れるとして、どうなるスーアグことスーパーアグリ。

昨年のスポンサー、SSユナイテッドが金払わずに資金難に陥って以来、ずっと金欠病。身売りの話が現実に行われています。

マグマ・グループに買収されて、チームは存続する方向で話がされているとのこと。

日本のF1ファンとしては、どこかの日本企業が大口スポンサーになってくれることを期待するんですけど、実際、これは難しいでしょうね。

数十億という費用がかかる反面、F1にスポンサーしたことによる数値的見返りはそうそうあったものじゃない。このご時勢に、ほとんど寄付に近いような感じでお金を出せる企業はいないよね。

なんとか、生き残ってほしい、頑張れスーアグ。

文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

2008年04月12日

イタリア生活 - 南仏への小旅行つづき

チャオー♪

前回の続きです。

さて、翌日の日曜日から夏時間になり、一時間時計を進めたためか、周りが静かすぎたせいかわかりませんが、かなり朝寝坊してしまいました。

さっそく海岸線をフランスに向けて出発し、しばらくいくと摩天楼が見えてきて、これがMonaco(モナコ)でした。

フランス領の一角にモナコという小さい国があるというのが、なんとも不思議な感じでした。

モナコの首府、Monte Carlo(モンテ・カルロ)は、まさに人造の町という感じ。
所狭しに高いビルが立ち並び、カジノがあり、青い海とヨットハーバー。どこかで見たことのあるような光景。
香港にもこんな景色があったのを思い出しました。

次に行ったのが、il villaggio di Eze’ (エズ村)。 鷲の巣村といわれていて、中世には敵の襲撃を避けるための要塞だったとか。

石畳の階段と坂道を登っていくと、もうそこは中世のたたずまい。

周りは石造りの古い家や細い路地などで、中世に時代が遡ってしまったような錯覚をうけてしまいました。

途中、シャトー・ド・ラ・シェーブル・ドールという有名なホテルがありました。
そこからの眺めがよさそうでしたが、さすがに何も食べたり飲んだりしないで、ちょっと入るのは気がひけてしまい、そのままさらに一番上まで登っていくとオープン・カフェがありました。

ここで休憩したのが失敗。なぜって、一番上にある公園からの眺めがすばらしいのに、その公園は夕方6時には閉まってしまったのです。夕方5時位と思ってゆっくりしたのがもうすでに6時だったのです。(ショック!)

一つ残念に思うのは、日曜日だったせいもあるのですが、観光客で一杯だったのと、石造りの家の多くはお土産を売っているお店で、観光地化されていることです。

かつては、もっと静かなところで、のんびりと長期滞在をするところだったとか。
とはいえ、昔も今も中世の趣きを呈しているのは変わりなく、その雰囲気を味わうことができるのがここエズ村です。

最後にNizza(ニース)にも足をのばしましたが、あいにく朝のメルカートは見ることができず、次回の楽しみにとっておこうと思っています。

2008年04月07日

ローマ(オルヴィエート)

イタリア 旅行と留学のための地図情報
(地図をクリックすると拡大図が出ます)

イタリアの首都はローマです。

ローマの周辺で他の見所を地図から紹介していきます。

ローマの北、約120キロのところにある、
オルヴィエートは、火山岩の大地と
大昔の河川の侵食で出来た地形を生かした街です。

地図では丁度、ヴィテルボの北、ボルセーナ湖の北にそれはあります。

昔(13世紀ごろ)は教皇の隠れ里として利用されました。

岩盤の地下には古代に掘られた地下洞窟や通路が、
未調査のままあります。

ということは、近年注目の遺跡とも言えるでしょう。

留学とか長逗留できる人がいれば、
世紀の大発見に立ち会えるかもしれませんね!

2008年04月05日

イタリア生活 - 南仏への小旅行

チャオー♪

風邪をひいた翌週末に南フランスに行ってきました。復活祭のときと違って暖かく、お天気もよかったので南仏の海の青さが一際目立ってきれいでした。

南仏へはトリノから車か電車で3時間半から4時間くらいでいける距離です。車で行く場合、高速道路ではなく一般道路でいくと山を越えていくのでなかなか迫力があります。山を登り、下ると海が見えてきます。

すぐとなりがもうフランスという、イタリアの国境の町、Ventimiglia(ヴェンティミリア)に家を持っている友人宅に泊めさせてもらいましたが、とても素敵なところでした。

海が近いのですが、この家小高い丘の上にあり、とても静かで、夜には広いバルコニーから満開の星を見ることもできます。寝室が3つにダイニング・キッチン、リビングと広く、家族やグループで利用するにはもってこいのところです。

ヴェンティミリアから海岸線にそってフランス領に入るすぐ手前にBalzi Rossi(バルジ・ロッシ)という岩窟があります。ここには無料の博物館があり、大昔の時代の人や動物の岩窟での生活の様子などがわかるようになっています。

ここからフランス領へ。Menton(メントン)という町を歩いてみました。

バルジ・ロッシもメントンもとにかく海の青さがはんばじゃない!さすがCosta Azzura(コート・ダ・ジュール)。青い海岸です。

メントンは小さい町ですが、カジノもあり、ニースと比べるとあまり観光地化されていないし、日本人は一人も見ませんでした。

海岸線にはたくさんの素敵なカフェがあり、私たちもここで一休み。ちょっと夢が崩れてしまうのですが、フランスはやはり何でも高い。お茶代もトリノと比べると3倍くらいしている。(ま、美しい地中海を眺めながらお茶をしたと思えば、文句も出ませんが。)

地中海を見ながらのんびりとカフェを飲んだ後は、街中を散策。

おみやげやさん、キャラメルやチョコレートを売っているお菓子やさん、香水のお店などでいっぱい。やはりここはヴァカンスを楽しむところ。私のお気に入りのひとつに入れておきたい町です。

ヴェンティミリアに帰る前にすぐ隣にあるほんとうに小さな町、Latte(ラッテ、ミルクという意味ですが)のスーパーマーケット、Conad(コナッド)で今晩の夕食の買い物。

ここはイタリア領なので食料品も割安らしく、フランスからお買い物に来る人も多いとか。
続きは次回にて。

MENTONa.jpg
メントンの海岸

イタリア留学で 小麦料理 ”バチ・ディ・ダマ ”

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・  
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーから 今回 作っちゃおう
イタリア留学で ”バチ・ディ・ダマ ”
イタリアのクッキーを お伝えします♪


これ ”バチ・ディ・ダマ ”ってイタリアのクッキーの
意味は 「貴婦人のキス」 と言うの

キッス☆ まぁ~^^なんてスゥイーツ


☆ ”バチ・ディ・ダマ”の材料
★材料:(できあがりは 16個分)

無塩バター : 70g

a 粉砂糖  : 30g
薄力粉  : 120g


アーモンドプードル : 50g
セミスィーツチョコ: 30g

b アマレット : 大さじ1/2
 生クリーム : 小さじ1
 
 

☆☆”バチ・ディ・ダマ ”の作り方作り方

バターは室温に戻して、オーブンは180℃に予熱する。

1、ボウルにバターを入れて泡だて器で混ぜ、aをふるい入れ、アーモンドプードルを混ぜ合わせる。手でまと  める様にし、ラップに包んで冷蔵庫で1時間ほど休ませる。

2 、生地を32等分(1個7g~8g)にし、手の平で丸める。
  天板に4~5cm間隔に置き、手の平で軽く上から押さえる。

3 、オーブンで15分ほど焼く。焼き上がったら冷まします。

4 、刻んでから チョコを湯煎で溶かし、bを加える。

5 、クッキーの底に4を塗り、2つを合わせて16個 


できたぁ~ ”バチ・ディ・ダマ ”作って
お味は 翌日もしっとりと 違った 美味になるわ


イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いません^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーから今回は、作っちゃおう
イタリア留学で 「貴婦人のキス」”バチ・ディ・ダマ ”
をお伝えしました

2008年04月02日

二世ドライバーの時代

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

2008年は、二世ドライバーが脚光を浴びていますね。残念ながらイタリア人ドライバーではないのだけれど。

その1 ニコ ロズベルグ (ドイツ)

1982年のワールドチャンピオン ケケ ロズベルグを父に持つ男。ケケはフィンランド人なんだけど、ニコは母親の国籍、ドイツ人として参戦しています。ドイツで生まれてモナコで育ったので、フィンランド語は話せないんだって。

今年はウィリアムズ・トヨタに在籍中


その2 中嶋 一貴

ご存知、中嶋 悟の長男。ニコと同じウィリアムズ・トヨタをドライブ。
昨年の最終戦ブラジルGPからウィリアムズでF1レースデビュー。10位に入賞するも、ピットインの際に止まりきれずにチームクルーの足にヒットする場面がTV中継されちゃった。

今年のウィリアムズは二世ドライバー軍団。頑張れ中嶋。


その2 ネルソン ピケJr.

ご存知、3度のワールドチャンピオンになった、F1界きっての色男、ネルソン ピケの息子。
ルノーのドライバー。
母親はオランダの人で、幼少のころネルソンJr.はモナコで育ったんだそうだ。


世の中、議員さん含めて、オヤジさんと同業につく傾向はやっぱりあるんですね。
レースドライバーも、議員も、ワタシにとっては別世界。でも、身内がその世界の人だと、我々にとっては別世界であっても、当人にとっては身近な世界なんでしょうね。


ワタシのオヤジは会社員。ワタシは自分で意識したことはなかったけれど、自分は会社員になるのが当然というか、それ以外の選択肢を考えたこともなかったです。
やっぱり、生活環境の影響って、人生の中で大きいですな。もちろん、それがすべてじゃないですけどね。

ではまた。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。