2008年03月21日

2008 F1 開幕戦 オーストラリアGP

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”


2007.3.16、ついに2008年のF1開幕戦 決勝を迎えました。

開幕戦では、われらがフェラーリはメタメタ。6位に入ったホンダのバリチェロが失格となったため、9位だったフェラーリのライコネンが繰り上がって8位入賞。何とか1ポイント獲得しただけでした。

ま、11月までの長丁場。今後の復活に期待しましょう。

今年のF1は全18戦。オーストラリア、マレーシア、バーレーンの3戦をこなした後、第4戦スペインGPからヨーロッパラウンドを迎えます。

途中、第7戦 カナダGPで北米大陸に一度渡るものの、昨年までインディアナポリスで行われていたアメリカGPが今年は開催されません。したがって、第8戦フランスGPから第14戦イタリアGPまで、再びヨーロッパラウンドとなります。

第15戦からは、シンガポール、日本、中国を回り、最終戦はブラジルで幕を閉じます。

さて、昨年は全17戦。ことしなくなったGP、新たに加わったGPは何でしょうか。
同じ国でも、開催するサーキットが変わることもありますけれど、ここは、国単位で考えるとしましょう。

なくなったGP
アメリカGP

増えたGP
ドイツGP
シンガポールGP

1減2増で、1戦昨年より多くなっています。
ちなみに、ヨーロッパGPというものがありまして、昨年はドイツのニュルブルクリンクで開催されました。今年のヨーロッパGPは、スペインのバレンシア、市街地サーキットで開催される予定です。

第4戦スペインGPはカタロニアサーキットで開催されるので、事実上今年は2回、スペインでF1が開催されるのですね。

F1は、1国1開催が原則なのですが、GPのタイトルを変えて、事実上2回開催の例も過去あります。

日本でも、パシフィックGPとしてTIサーキット英田、日本GPとして鈴鹿で2回開催したこともありました。
また、かつてはイタリアGPとサンマリノGPとして、イタリア国内で2回、F1が開催されていたこともあります。ここ参照ね。イタリアのF1グランプリ2

文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form