2008年02月16日

イタリア生活 - お医者さんに診てもらうには?

チャオー♪

今週は2度も病院に行きました。

まずは、内科です。
というのも運動不足なので、こちらのジムに行こうと思っていろいろ調べてみました。

するとどこのジムでも、始める前に病院での簡単な身体検査が必要とのこと。ようするに運動をしても大丈夫というお墨付きがいるというわけです。

それでついついめんどうで放ってあったのですが、たまたまファミリードクターに診てもらうという友達がいたのでいっしょに連れて行ってもらうことになりました。

この病院は、普通のアパートの中にあるといった感じの公立の診療所で、税金を納めているイタリア人はすべて無料とか。その代わり患者が多く、予約制を取っていないので時間に余裕がない人はなかなか行けません。

私たちは2時間ほど待ってやっと順番がきました。

ドクターはとても感じのいいユーモアたっぷりの人で、聴診器で診察し、血圧の問題もなかったので、パスポートを見てすぐ簡単に証明書を作成してくれました。最後にブロッコリーを使ったパスタの作り方まで教えてくれました。

お金は請求されなかったので、友達に聞いたら、よく知っているドクターなので私も無料にしてくれたという話。知らないところで診てもらうと、こういった証明書の作成でも20から30ユーロくらいは請求されるという話です。

お医者さんに診てもらうには、やはり知り合いの紹介が一番のようです。ドクターもその紹介者を信頼し、見知らぬ外国人である私まで快く診察してくれるのですから。


昨日は、今度は歯医者に行ってきました。これも人の紹介。

歯の詰めたところが取れてしまったからです。ここは私立の歯医者さんでした。こちらもアパートの中にある町医者という感じでしたが、やはり私立だけあって公立よりもずっときれいで、予約制だったのでそれほど待たずに診てくれました。

ドクターとアシスタントの二人で診てくれましたが、二人ともすごく感じがいいのにはびっくりです。取れてしまった詰めものを持参したところちゃんとつけてくれました。

ドクターは私の歯の状態を見て、日本の歯医者の技術はとてもすばらしいと言っていました。ただし、日本では金属の詰めものをしますが、イタリアでは今ではほとんど使わないそうです。というのも金属は高価なのと見た目にもあまりきれいでないからだそうです。

ここは私立のわりにはあまり高くないし、技術がいいとの話で紹介してもらったので、たぶんこの程度の治療なら20~30ユーロじゃないかと勝手に想像しています。請求書は友達を通して知らされると思うのでまだわかりませんが。


ということで、繰り返しになりますが、イタリアでお医者さんにかかるには知り合いの紹介が一番早く、安心で、安価というわけです。

日本のようにすべてが規定に基づいているということはありえないのがイタリア。直接の友達でなくても、自分の友達の友達は、すべて信頼して友達となり、融通もきいてしまう。有難いことです。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form