2008年02月29日

イタリア生活 - Torino La Grande Festa del Cioccolato トリノチョコレート祭り

チャオー♪

トリノでは、2月22日から3月2日までチョコレート祭りと題して、多くのチョコレートメーカーが出展、販売をしています。

これだけ多くのチョコレートメーカーが集まるといったいどのチョコレートが特においしいのかがさっぱりわからなくなります。

3日間有効のチョコレートバスというのを15ユーロで購入し、3日間存分に試食しつくすというチョコレートマニアにはもってこいのプログラムもあります。

さて、私は無料でどれだけ試食できるか、さっそくこのフェスタの場所になっているヴィットリオ広場に行ってきました。

夕方だけあって、多くのサラリーマンやシニョーラ、カップル、子供連れなどで超満員!

毎日、スケジュールが異なり、チョコレートに関するセミナーがあったり、有料試食会、ゲームで競ってチョコレートを獲得する催しや、ジャズやポップスの音楽を流して陽気に踊ったり盛りだくさん。

圧巻だったのは、日本の屋台販売のように各チョコレートメーカーが出展、販売していたことです。

ここでいくつか無料で試食をしました。どれも濃厚なカカオの味がよく出ていて、日本のチョコレートよりも重い感じです。

中にはカカオを存分に使ったケーキ、アイスクリーム、イタリアではめずらしいベルギーワッフルのチョコレートがけ、チョコレート味の紅茶やコーヒーなどとバラエティーに富んでいました。

多くの中で、私が一番気に入ったのは、ビチェリンと呼ばれる濃厚なチョコレートリキュールとビスコッティーやクラッカーにつけて食べるチョコレートクリームです。

お値段はどれも高め。安くても3ユーロくらいからで、上限は数知れず。。。

ヴァレンタインデーの前に、日本にこうゆう屋台のお祭りがあったら、きっと女性客だけで一杯になってしまうのでは?

日本とちょっと違うのは、こちらでは、男性でも女性に劣らずチョコレートマニアが多いこと。

そして、トリノにこんなにおいしいチョコレートがあるとは!

日本人にとってチョコレートというと、どうもスイスやベルギーを思い浮かべてしまいます。しいていえば、もう少しお安かったら。。。(日本から来た友達にはトリノのチョコレートのおみやげをすすめておいて、自分ではあまり試食するチャンスに恵まれなかったのですが、今回、やっとチャンス到来です。)

cioccolato3.JPG
ヴィットリオ広場のチョコレート祭り

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form