2008年02月14日

2007 イタリアンチーム フェラーリレビュー Rd6 カナダGP

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

2007年F1第6戦 カナダGPは荒れたレース展開。

予選は、マクラーレンがポールと2位、フェラーリが4位と5位。マクラーレンとフェラーリに割ってはいたのが、BMWのニックハイドフェルド。にくいね~。

ここでは、ハミルトンがF1で最初のポールポジションを獲得。1人だけ、1分15秒台をたたき出した。

日本のエース 佐藤琢磨は11位と、がっちり中段に食い込んでいる。


日曜日、決勝は大荒れのレース。セフティーカーが4回も入る混乱の様相を見せた。

トップのハミルトンはこれといったミスもなく、F1初優勝。

アロンソは、燃料補給に関するペナルティを受けて10秒のストップ。
その後68周目、スーパーアグリの佐藤琢磨に買わされて7位に後退、そのままのチェッカーとなった。

一方、フェラーリのマッサは、ピットアウトの際のレッドシグナルを見損ねてコースイン、失格となる。

ライコネンは、5位と、今回のフェラーリは精彩を欠いていた。


ドライバーズポイント

ハミルトン    48
アロンソ     40
マッサ      33
ライコネン    27


コンストラクターズポイント

マクラーレン  88
フェラーリ    60


明らかに、マクラーレンが有利な展開となっている。 


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form