2007年12月27日

イタリア留学で ”スーゴ・ディ・カルネって?”

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・  
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーから 今回も知っちゃう
イタリア留学で ”スーゴ・ディ・カルネって?”
食べたい地方色豊かなパスタ3


以前にお伝えした おさらいも兼ねて
パスタの旅へ  お誘いしますわ

イタリアの、各地の料理は 古くから有る味です。
自ら育った土地の味を大切にしています。


前回パスタと同時にいただくソースについてお伝えしましたが、
イタリアは、トマトやナスなどの野菜と魚介類で、北イタリアは、牛やウサギ鴨などの肉類やスーゴ・ディ・カルネ(トマトペースの フォン・ド・ヴォー)を利用したパスタと乳製品などの濃厚なソースが中心です。

じゃ~”スーゴ・ディ・カルネ”ってどんなの? 知りたい方の為に
イタリアの”スーゴ・ディ・カルネ”の作り方を簡単にお伝えしますわ

”スーゴ・ディ・カルネ ”
トマトペースの フォン・ド・ヴォーでパスタ料理にも使える保存出来るソース。

★材料 出来上がりは1.5㍑


A:牛スジ肉:500g
  玉ねぎ:1個
  ニンジン:小1本
  セロリ:1本
 
 
  塩、コショウ、サラダ油:各少々
  赤ワイン:カップ1強
  トマトペースト:150g
  小麦粉:大さじ:2杯
  ローリエ:2枚  
 
 
★作り方

1:玉ねぎ、ニンジン、セロリは2㎝角程の大きさに切っておく。

2:大まかに切った牛スジ肉に、塩、コショウをし、小麦粉を少量まぶす。

3:フライパンに 少量のサラダ油を入れ 牛スジ肉を入れ炒める。 

4:焼き色が付いてきたら 玉ねぎ、ニンジン、セロリを入れ野菜がしんなりするまで炒める。

5:鍋に移し、中火にかけ赤ワインを加え 半量になるまで 煮詰める。

6:トマトペーストと小麦粉を入れ時々かき混ぜながらよく炒め煮込む。 

7:だんだんと 色が茶色ががり、脂肪が少しずつ分離してくる

8:鍋の中身の 2倍の湯を加えローリエを入れ強火で全体をかき混ぜ沸騰させる。

9:沸騰したら 火を弱火にして時々アクをとりながら2時間程煮込む。こしきで漉す。

★2時間の煮込み時間は最低これくらいという目安です。
★煮込めば煮込むほど 味がおいしくなり長保期存できる。


少し時間と手間が掛かるのですが 特別な美味しい味が楽しめるわ^^♪
      
    

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いません^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーから今回は、
イタリア留学で ”スーゴ・ディ・カルネって?”
食べたい地方色豊かなパスタ3
をお伝えしました。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form