2007年12月20日

イタリアの駐輪事情

日本の迷惑駐輪はひどいですね。場所によっては乳母車が通れない歩道もあって危ないことこの上なし。

何とかしてほしいと思う人は少なくないはずです。

イタリアを初めとする自転車文化先進国はどうかと思って調べてみましたが、それらしい情報は得られませんでした。

わかったのは、日本と違って盗まれるのが多いことです。特に高級自転車は。

太いチェーンで電柱に縛り付けても、10分くらい目を離した間に盗まれることもあるようです。

持ち主にからすれば「勘弁してくれ!」ですが、迷惑を被っている人からすれば、「こんなところに駐輪するあんたが悪い!」と思ったりもするでしょう。

日本もイタリアのように盗まれる危険性が大きくなれば、迷惑駐輪が減るかもしれません。

暴論ですが、それくらいでなければ迷惑駐輪はなくならないように思います。

強引に撤去するとしても、費用の負担が問題です。強引に撤去してくず鉄にして、鉄の需要が多い国に売り飛ばしてしまいましょうか。

迷惑駐輪はイヤだ!という動機付けを与えない限りなくなることはないでしょう。

迷走したエントリーでした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form