2007年12月14日

イタリアの跳ね馬 2007年 その8 スパイ疑惑 !?

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

スパイ疑惑 というと、なんか会社ぐるみでライバルの情報をイリーガルな手段で入手したようなイメージですが~、フェラーリとマクラーレンの場合はちょいと事情が異なります。

フェラーリとマクラーレンに居た技術者が独自に情報漏えいと入手をした、というところがスタートのようです。

話がややこしいので簡潔にポイントのみ。

登場人物
ナイジェル・ステップにー:フェラーリのメカニック
マイク・コフラン:マクラーレンのデザイナー

ナイジェルとマイクは、昔同じ釜の飯を食った同士だったんですわ。
ナイジェルさん、フェラーリの待遇にどうも納得できなくて、よそのチームに行きたがっていた。一方、マクラーレンのマイクさんも、マクラーレン内での立場が弱くなっていた。

そんなわけで、二人でつるんで、他チームへのリクルート話などを仕掛けようとしていたらしいのよ。その際に、ナイジェルさんが、フェラーリのデーター、これ、780ページにも渡るフェラーリの車体の情報らしいんだけど、これをマイクさんに流しちゃったそうで。

実際に、イギリス警察がマイクさんの自宅を捜索したら、大量の資料がでてきたそうな。

つうわけで、発端は両社の不良社員が悪さをしたわけなんだけど、マイクさん、その情報を内部的に有効利用しちゃった。なので、事情はともかくマクラーレンは何らかの恩恵にあずかったってわけで、ポイント剥奪と罰金を食らったという次第。

社員教育、社員を丁重に扱うことは重要ですなぁ。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form