2007年11月30日

スローな食卓。イタリアお豆料理。

こんにちは!13歳の時イタリア旅行をしてごはんのおいしさ、美しい街、生き方、に感動したぽっちりです。
大人になった今、その影響か田舎で暮らしながらスローフードを楽しむ、スローライフ的な生き方を摸作中。
そして将来、イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています。


冬といえば、ことことお豆を炊きたくなる私です。

五目豆、お豆のスープ、お豆のサラダ、お豆の甘煮。。。お豆料理はいっぱいありますね。
私はあまり肉類を食べないので、お豆の料理をすることが多いです。ヘルシーだし、何よりもあっさりしてコクもあっておいしいし。子供も大好きで、いくらでもつまんでパクパク食べます。


イタリア、特にトスカーナでも、お豆の料理は人気なようです。豆は日本の煮豆のように甘くすることはなく、サラダや煮込みにすることが多いです。

今回は、えびといんげん豆の前菜をご紹介します。

材料
大正えび     12尾
白いんげん    150グラム(ゆでて)
セージ      4枚(生)
ルッコラ     150グラム
レモン汁     1個分
オリーブオイル  適量
塩        小さじ1
こしょう     少々

作り方
① えびは頭とカラ、背わたをとり、塩少々、レモン汁半量、オリーブオイル少々をいれたお湯でさっと茹でます。
② 豆は一晩水につけてもどし、セージと塩、オリーブオイルをそれぞれ少々いれ、柔らかくなるまで茹でます。
③ ボウルに残りのレモン汁、オリーブオイル、塩コショウをまぜ、ドレッシングを作ります。
④ 器にルッコラをしき、インゲン豆、えびを盛り、ドレッシングをかけます。

お豆料理、ぜひ作ってみて下さいね。
面倒くさくおもえても、ゆでるだけなら、一晩つけておけば簡単ですよ。


では、将来、イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指していますぽっちりでした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form