2007年11月22日

イタリアのコイン

イタリアの通貨は、以前はリラでした。今はユーロになっています。ユーロは2002年に導入されたとの事ですので、まだそれほど経っていないのですね。ユーロはこれからますます力をつけていくことでしょう。


さてそのイタリアの通貨であるユーロですが、クレジットカード決済ばかりでは不可能ですので、当然イタリア旅行最終日まで残っています。この残ったユーロをローマ空港内のお土産屋さんで使い果たすこととしました。


でも結局少し余ってしまったので、イタリア旅行記念に日本に持ち帰ることとしました。でも結構目一杯買ってしまったので、結局残ったのはユーロの下の単位のセントのコインが残るだけでした(笑)。


手元に残ったコインは、1セント2枚、5セント1枚、10セント1枚です。表と裏が数字が描いてある方なのか、絵が描いてある方なのか、よくわかりません。仮に数字が描いてある方を表、絵が描いてある方を裏とします。


1セント2枚ありますが、それぞれ裏の絵が異なっていました。いろんな種類の硬貨が発行されているのですね。一方はカステル・デル・モンテと呼ばれる13世紀に建てられたお城がデザインされていました。世界遺産としても登録されている有名なお城らしいです。他方は何かの花がデザインされていますが、何のデザインかわかりませんでした。またわかったら記事に書きたいと思います。


5セントの裏のデザインはローマのコロッセオでした。これは少し前に観光に行ったところですので何だか嬉しかったです。


10セントの裏のデザインは絵画「ヴィーナスの誕生」のヴィーナスの顔でした。これも観光で見た絵画でしたので嬉しかったです。


他の単位の硬貨はどんなデザインなのか、また同じ単位の硬貨でも今回の1セントみたいに裏のデザインが異なるものもあるので、興味がわいてきました。次に見る機会があったときはじっくり観察したいと思います。


(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form