2007年11月03日

パレルモへ向けて出発

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

イタリア鉄道に乗り、いよいよシチリア島へ出発です。目的はシチリア州の州都であるパレルモ(Palermo)です。イタリア鉄道のIC plus(インターシティプラス)を使い約9時間かかります。そのため朝一番の列車、9時42分(2007年11月現在)ナポリ中央駅発、パレルモ(Palermo)駅行に乗車し出発です。パレルモ(Palermo)駅に到着するのは、夕方の18時35分到着予定(2007年11月現在)です。

まず列車はナポリ湾に沿って南下していきます。車窓からはヴェスヴィオ火山、ラッタリ山を眺めることができ、サレルノ(Salerno)、サプリ(Sapri)と列車は進んでいきます。海を眺めて移動したい人は右側の座席、山や緑を眺めて移動したい人は左側の座席を予約すると良いでしょう。私はどちらも捨てがたいので左右の座席を何度も移動します。

サレルノ(Salerno)を過ぎた辺りからオレンジ畑や果実畑、そして野菜畑と、のんびりとしたイタリアの田舎風景の中を列車は走っていきます。車窓は穏やかな平地が続いた後、山越えに入り岩山やトンネルが多くなってきます。山間を列車が走っていると突然に海が見えてきます。列車は、やや高台を走るので海の見晴らしも良い。そして、ようやくナポリとパレルモの真ん中に位置するパオラ駅に列車は到着します。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form