2007年10月29日

スペイン広場

ローマ観光スポットの一つにスペイン広場があります。知識に疎い自分も、このスペイン広場はイタリア旅行前から知っていました。映画「ローマの休日」でスペイン広場のシーンが出てくるからです。


スペイン広場へ到着すると、トレヴィの泉よりも観光客で混雑していました。みなさん階段に座っています。それぞれが「ローマの休日」に思いを馳せているのかなぁ、などと考えていました。

スペイン広場に関する知識は、「ローマの休日」くらいしかなかったのですが、よく考えればもっと気になる点も出てきます。

まずイタリアローマなの、なぜ「スペイン」なのか。

これは17世紀の話ですが、この辺りにスペイン大使館があったことに由来しているそうです。なので「スペイン広場」。なるほど。今はもうないのでしょうか。

それと、この大きな階段についてですが、実は階段を登りきったところに。教会が建っていたそうです。もちろん現在も建っています。自分が知らなかっただけです。知らなかったので、写真にもその教会の一角しか写っていません。もったいないことをしました。階段後方にある白っぽい建物がそれです。
全力で駆け上がろうとしてできなかったことは記憶に残っています(笑)

スペイン広場

この教会は、トリニタ・ディ・モンティ教会といい、階段の名前もトリニタ・ディ・モンティ教会と言うそうです。通称ではスペイン階段となっています。


ちなみに、この通称スペイン階段ですが、「ローマの休日」で、オードリー・ヘプバーン扮したアン王女がジェラートを食べているシーンが印象に残っていますが、今は飲食禁止となっています。


(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form