2007年10月20日

秋のきのこリゾット

こんにちは、ぽっちりです。

13歳のときにイタリアを訪れ、その美しさとスローな暮らしに感銘をうけました。
今は、田舎暮らしをしながらスローライフを模索中です。
将来は、イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています。

秋、といえば田舎の山々で、きのこ狩りが始まります。

おじいさんやおばあさんはおいしい色々な種類のきのこを知っていて、山へ入り、とってきます。
珍しいきのこのある場所は、たとえ親類でも教えてもらえないこともあるほど。

友人がとってきた、こうだけというきのこは、真っ黒で、びっくりするほどおいしかったそうです。パスタにあうおもしろい味だったと夫が言っていました。

うちでも原木にしいたけを育てているので、そのうちおいしい肉厚のしいたけが食べられそう。。たのしみです。

イタリア料理でも、きのこを使ったものは多いですが、今回はきのこのリゾットをご紹介します。
お米はルネッサンス時代にアラブ人によってイタリアにもたらされたもの。当時はすごく珍しいものだったようです。


「きのこのイタリアンリゾット」

1 : 生しいたけ、マッシュルームの石付きをとります。エリンギはさきます。
2 : オリーブ油を熱し、ニンニク、赤唐辛子をいためます。そこにキノコを加えて塩コショウで味付け。
3 : フライパンに水200ccと冷やごはんを入れて、ほぐしながら水分を飛ばします。
4 :3に、炒めたきのこを入れ、無塩バターとパルメザンチーズを適量いれます。

器にもって、あつあつを召し上がれ!
きのこ類は、レシピで載っている意外にも、お好きな種類のものを入れてみてくださいね。

ではまた。将来イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています、ぽっちりでした。


trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form