2007年10月16日

ピエトラルサ国鉄博物館

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

前回はイタリア鉄道の旅の疲れをとるためにイスキア島の温泉パークに出掛けました。今回はイタリア鉄道の発祥、ナポリとポルティチ(Portici)を結ぶ約10kmの路線に乗ってみようと思います。その途中にはピエトラルサ国鉄博物館があり、イタリア鉄道の歴史に触れることができます。

ナポリ中央駅から各駅停車を使います。ポルティチ(Portici)には、僅か12分の鉄道の旅です。ピエトラルサ国鉄博物館はナポリ中央駅から3駅のピエトラルサ・サン・ジョヴァンニ駅に隣接しています。もちろんピエトラルサ国鉄博物館に訪れるため途中下車しました。

ピエトラルサ国鉄博物館のある場所は、もともと車両工場でした。博物館になったのは20世紀後半で、まだ鉄道博物館になって時間は経っていません。博物館にはイタリア鉄道の1号機関車「ベイヤード号」のレプリカが飾られています。また、それぞれの時代を代表する鉄道車両が展示されています。

嬉しいことにピエトラルサ国鉄博物館の入場料は無料です。しかし開館時間が午後2時までと短く、また日曜日と祝日は休館なっています。とにかく、イタリア鉄道マニアには、たまらない場所には間違いない。是非、ナポリに訪れた時にはピエトラルサ国鉄博物館まで足を運んで欲しいです。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form