2007年10月07日

イタリア生活 - 日曜日のすごし方

イタリアでの日曜日。観光で来たときには、「お店はみんな閉まっているから、美術館めぐりか、観光をしましょう。」と、よく予定を組んでいたものでした。日本人にとっては、土・日にお買い物をするということは当たり前になっていますが、イタリアでは、とくに日曜日や祭日は、商店は休養を取るという習慣が根強くあります。ただ最近では、郊外にある大きなショッピングセンターやスーパーは、たまに日曜日も営業しているところがあるようです。

多くのイタリア人は、土曜日に一週間分の食料品のお買い物をし、掃除や洗濯をして、日曜日は家族でゆっくり過ごすというわけです。 土曜日の午後は、食料品以外のお買い物や、オープンカフェでおしゃべりに熱中するイタリア~二でチェントロ(中心街)は一杯です。

さて、日曜日の朝。 以前、イタリア生活を紹介する本の中で、「毎週日曜日の朝は、夫や彼が愛する妻や彼女のために、目覚めのコーヒーをいれて、ベットまで運んできてくれる。」と書いてあるのを読んだことがあります。「う~ん、いいなぁ、こうゆうの。。でもこれって夢物語?」とあるイタリア人に聞いてみました。もちろんすべてがこうしているわけではないけれど、実際の話とか。

もちろん、朝、家の近くのバールに行ってカフェを飲みながら、新聞を読んでいる人もいれば、もし行きつけのバールならそこのオーナーとず~っとしゃべっている人もいます。
一方で、家族でプランツォ(昼ごはん)を食べる人もいます。これは昔からある習慣のようなもので、マンマがお昼ご飯を作って子供たちが遊びに来るのを待っています。

イタリアはサッカーで有名ですが、こちらの男性は狂ったように好きで、毎週末の午後はサッカーの試合をテレビで必ず見ると信じていましたが、意外にもサッカーはまったく興味なしという男性も何人もいることを発見しました。まあ、日本でもすべての人が野球を好きとは限らないのと同じなのかもしれません。

さて、日本人の私が思いついた日曜日の過ごし方。その日はとても天気がよかったので、トリノ市内を流れるポー川の川岸に沿って散歩をすることにしました。そこでとても素敵なところを発見! 

Fiume%20Po.jpg

スナックや飲み物を買ってポー川をみながら勉強したり、本を読んだり、昼寝をしたりと自由にできます。とても静かでここなら自然にふれながらゆっくりとできて毎日のストレスや疲れもとれそうです。日曜日はやはり休養する日なのです。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form