2007年10月31日

イタリア 野菜たっぷりのスープはいかが?

こんにちは。13歳の時にイタリア旅行をして、イタリアのごはん、美しい街、生き方、感動したぽっちりです。
大人になった今、その影響か田舎でスローフードを楽しむ、スローライフな生き方を模索中です。
将来、イタリア家庭料理を学ぶため、イタリア留学を目指しています。

秋本番になってきました
私の住む山でも、畑に蒔いた野菜がすくすく大きくなってきています。
とれたての野菜をことことキッチンで煮る。。。
ほわーっとした香りが部屋中にいっぱいになります。

そんな野菜の味がにじみ出るような料理は、体に染み渡って生きます。


イタリアでも野菜の素材そのままの味がにじみでるようなおいしい料理がいっぱいですね。

特に、野菜の味を好きになってもらいたい子供に味合わせるには持ってこい、なメニューが多いと思います。


今回はそんな優しい野菜の味をめいっぱい味わうイタリアのスープ、ミネストローネの作り方をお伝えします。


*** ミネストローネの作り方 ****

じゃがいも  2個
人参      2個
セロリ     1本
トマト      2個
ほうれん草  1本
オリーブオイル 大さじ2
塩        適量
パルミジャーノ 適量


1) じゃがいもは皮をむき、セロリは筋を取り、人参はそのままで、ダイス切りに。トマトは湯むきをして種を取り、ダイス切りにする。ほうれんと玉ねぎは1cm位にざく切り。

2)鍋にオリーブオイルを熱し、タマネギ、にんじん、セロリを入れ、焦げないようにオイルに絡ませながら混ぜ合わせる。

3)タマネギがしんなりしてきたら、水を1.5L注ぎ入れ、アクをひきながら煮立てる。

4)煮立ったらジャガイモを入れ、再びアクを取り除き、ジャガイモに火が入ったらトマト、ほうれん草を入れ、15分程煮る。

5)塩で味を調えて、皿に盛る。好みでパルミジャーノを添えても。


チーズをあつあつスープにとろけさせて食べるのも、おいしいパンを添えて食べるのもおいしいですよ。

では、食欲の秋、楽しんでくださいね。

イタリア生活 - 日本と違う生活スタイル

チャオ~♪

今日は、トリノに暮らして学んだことをちょっと書いてみます。日本での生活と違う点といったほうがいいかもしれません。

イタリアの家はほとんどが石造り。古い家も多く、やたらと「音」が階下に響きます。

家の中で靴やサンダルでバタバタと歩いていたら、階下のシニョーラに靴音がうるさいと怒られました。

そこで 「チャバッテェ」(Ciabatte) 登場。

スリッパのことなんですが、なんとも可愛らしい言葉で、すごく気に入りました。スリッパに履き替えて、特に夜はそぉーっと歩くのがマナーらしい。あるいは、ジュータンを床に敷くというのもいいかもしれません。

それから、イタリアではだいたい10月15日くらいになると、政府でいっせいに暖房使用許可を出し、アパートはぐっと暖かくなります。

ま、これも地域によって気温が違うので多少の日程に違いはあるかもしれません。一軒家やコンドミニウムは、個人で自由に日にちに関係なく暖房を使えるらしいのですが、アパートでは、セントラルヒーティングなので、この日前後からいっせいに暖房がスタートします。

日本では、このように個人の家庭の光熱量を政府でコントロールしていないので、なんか新鮮に感じます。

暖房がつくと家の中はとても暖かですが、冷房は通常設置されていません。よって夏はかなり暑いかもしれません。

ゴミの話ですが、こちらでは日本のように分別が厳しくありません。

かなりいい加減というか、とくに分別はしないという人が多いです。だいたいアパートの前には一つか二つ大きなゴミ収集箱があるのでそこに好きなときに各自捨てにいきます。

日用品や食料品のお買い物は、近くのスーパーに行きますが、日本のように夜遅くまで開いているということはなく、だいたい夜八時には閉店します。

ましてや24時間オープンのコンビ二なんてものはありません。

タバコ、バスの切符、はがきや切手、スナック、飲料などは、近くのタバコ屋(タバッケリア tabaccheria)で購入します。

日曜日はもちろん大体のスーパーはお休みで、タバコ屋やバール(カフェ)も閉まっているところもあるので、日本のようにいつでもどこか近くで何か買えるという考えは捨てないといけません。

バス、トラム(路面電車)、地下鉄などは頻繁に走っているとはいえ、イタリアには時刻表がありません。

始発と最終の時間はだいたい決まっているようですが、とにかくどの位停留所で待たないといけないか誰にもわかりません。

私の体験上では、運が悪いと30分くらい待って学校に遅刻しました。でもいい点は、「トラムが来なかったので。」というと、学校の先生も、「あ~いつものことだから。」と言って寛大です。(笑)

イタリアでは、お店はだいたい19:30で閉店しますが、これを境に市内を歩く人の数も少なくなってきます。

夜21:00くらいになったら、女性はあまり一人でぶらぶら歩いたり、バスやメトロを利用したりしないで、タクシーに乗ったほうがいいかもしれません。もちろん中心地や賑やかなところは問題ありませんが、人通りが少なかったり、暗かったりしたらスリがたくさんいるかもしれません。(とにかくお金だけは注意、注意!)

イタリア人と日本人の考えや行動の異なる点なども今、観察中。そのうちご紹介したいと思います。

2007年10月30日

イタリアの歴史056帝政ローマ12(フラウィウス朝1)

ウェスパシアヌスを含めて3代の間、
フラウィウス朝と呼ばれる王朝が続きます。


ここで簡単に3代の皇帝の功績などをご紹介。


ウェスパシアヌスは慣習的に元老院に与えられていた
皇帝弾劾権を否定したため、
政権交代は原則的に皇帝の死によってのみ行われるようになり、
そのため、皇帝の暗殺が横行する原因となったと言われます。

74年に有料の公衆便所を設置したことで、
敵対者の嘲笑を受けた際に、
「Pecunia non olet(金は臭わない)」と反論。

 これは金銭に貴賤が無いことを示す文句だそうです。

最後の言葉は、
「かわいそうなオレ、神になるんだろうな…」だとか。

 権力者の思考はよく分かりませんね。。。

参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「フラウィウス朝」「ウェスパシアヌス」の項


イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

2007年10月29日

スペイン広場

ローマ観光スポットの一つにスペイン広場があります。知識に疎い自分も、このスペイン広場はイタリア旅行前から知っていました。映画「ローマの休日」でスペイン広場のシーンが出てくるからです。


スペイン広場へ到着すると、トレヴィの泉よりも観光客で混雑していました。みなさん階段に座っています。それぞれが「ローマの休日」に思いを馳せているのかなぁ、などと考えていました。

スペイン広場に関する知識は、「ローマの休日」くらいしかなかったのですが、よく考えればもっと気になる点も出てきます。

まずイタリアローマなの、なぜ「スペイン」なのか。

これは17世紀の話ですが、この辺りにスペイン大使館があったことに由来しているそうです。なので「スペイン広場」。なるほど。今はもうないのでしょうか。

それと、この大きな階段についてですが、実は階段を登りきったところに。教会が建っていたそうです。もちろん現在も建っています。自分が知らなかっただけです。知らなかったので、写真にもその教会の一角しか写っていません。もったいないことをしました。階段後方にある白っぽい建物がそれです。
全力で駆け上がろうとしてできなかったことは記憶に残っています(笑)

スペイン広場

この教会は、トリニタ・ディ・モンティ教会といい、階段の名前もトリニタ・ディ・モンティ教会と言うそうです。通称ではスペイン階段となっています。


ちなみに、この通称スペイン階段ですが、「ローマの休日」で、オードリー・ヘプバーン扮したアン王女がジェラートを食べているシーンが印象に残っていますが、今は飲食禁止となっています。


(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

カバンネッレ競馬場 その2


イタリア 旅行と留学のための地図情報
(地図をクリックすると拡大図が出ます)

イタリアの首都はローマです。

ローマには古い建物や遺跡、美術品など
イタリアの集大成とも言える街。
さすが首都って感じだよね?

さて、前回に引き続き、カバンネッレ競馬場。
行き方は、ローマテルミニ駅から約15分。
カバンネッレという駅があるから、
そこから徒歩で10分くらい

背後にはカステリの丘を望むローマの美しい競馬場で
一周2400mで右回り。
起伏の無い平坦なコースだそうだ。
(因みに筆者は行ったことが無い・・・)

いつか、行ってみたいなあ。

2007年10月28日

イタリア鉄道でシチリア島へ

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

イタリア鉄道の旅も北部の都市ミラノから始まり、いよいよイタリアの最南端、シチリア島へ向かいたいと思います。シチリア島と言えばイタリアマフィア発祥の地。それなりに治安は良くありませんが、景色はイタリアで最も綺麗な場所だと言えます。危険な地域や危険な時間帯などの情報を仕入れて対策を万全にしてシチリア島へ向かいましょう。

ローマからシチリア島を訪れる場合は深夜急行エスプレッソ(E)を使うと、翌朝の8時にシチリア島のパレルモ(Palermo)中央駅に到着します。もちろんナポリからも深夜急行エスプレッソ(E)で行くことができますが、私は海沿いを走る列車の車窓を見たいので昼間に移動します。

ナポリ中央駅からシチリア島のパレルモ(Palermo)中央駅までは、IC plus(インターシティプラス)を使い、所要時間は約9時間の長旅になります。運賃は1等車で約66ユーロ、2等車は約48ユーロです。この路線はイタリア半島とシチリア島の間にあるメッシーナ海峡をフェリーを使って渡ります。その時間が約1時間30分かかるので長旅になってしまうのです。

列車から切り離され、車両は3両に分けられフェリーに積み込まれます。フェリーの中には、もちろん線路が引かれています。しかし2011年にはメッシーナ海峡に橋が完成します。そのためフェリーで列車を運ぶ風景は見られなくなるようです。それでは、9時42分ナポリ発、シチリア島へ向けて列車が出発します。

ハローウインにパンプキンスープ 

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・  
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーからの今回は、作るの大好き
イタリア留学でハローウインに”パンプキンスープ ”

秋ハローウインに ピッタリのパンプキン使ったスープをお伝えします。
今回は、イタリア留学で小麦料理派の方 ゆるしてねぇ、

世の中が ハローウインと騒いでいるから
歩けばパンプキン イタリア料理もパンプキンをのお声には・・・逆らえないですから^^

イタリア観光や留学時に、バルミジャーノをみたらこのスープを思い出してねぇ
イタリアでは珍しいポタージュタイプのスープです。

じゃ
☆”パンプキンスープ ” 

★材料

パンプキン 250g  

玉ネギ   1/4コ

バター   20g 

チキンブイヨンの素 1/2コ

水     1カップ

ローリエ  1枚 60g  

牛乳    3/4カップ

塩コショー 各少々

ナツメグ ひとつまみ

バルミジャーノ・レッジャーノ ・・・15g


★作り方
      
1:パンプキンは皮をむいて小さめな角切り 電子レンジで柔らかく加熱する。玉ネギは薄切り

2:鍋にバターを入れ熱し、玉ネギヲ弱火でじっくり炒める。

3:その鍋にパンプキンを加え チキンブイヨンの素 水 ローリエ 弱火で 7分ほど煮込む。

 
4:3のローリエを 取り除いて フードプロセッサーにかけペースト状にする。

5:パンプキンを炒めた鍋で牛乳を温め 4を加え弱火で煮詰め

6:5に 塩コショー ナツメグで味をととのえ すりおろしバルミジャーノを加えたら

ハイ^^出来たねぇ~♪  

   秋 ハローウインにパンプキンスープ 
   
   
材料は簡単に手に入るものが多いから

 イタリアのハローウインパンプキンスープ
           チャレンジされてねぇ~  
            
         

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いません^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーから今回は、
”ハローウインパンプキンスープ ”をお伝えしました。
   
   

2007年10月27日

イタリアの跳ね馬 2007年 その1

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

2007年 F1最終戦 ブラジルGP

こりゃー すごかったですね。

ワタシも、外からの情報を耳にすることなく、月曜の夜に録画を楽しむことが出来ました。
(前回の2007年 F1最終戦 ブラジルGP 日本人の苦悩参照)

いやあー、日本GP、中国GP、そしてこのブラジルGPと、目が話せない3戦でしたねぇー。

雨の日本GP、30年ぶりとなる富士スピードウェイでの開催。
チャンピオンシップトップのスーパールーキー、マクラーレンのルイス・ハミルトンを僅差で追う、同じくマクラーレンのフェルナンド・アロンソ。そして、なんとかチャンピオン争いにとどまっているフェラーリのキミ・ライコネン。

この富士では、ハミルトンが優勝する一方、アロンソがクラッシュ。ハミルトン10ポイント獲得する一方、アロンソはノーポイント。チャンピオンシップのポイントがさらに大きく開き、ハミルトンが次戦中国GPでチャンピオンを取る可能性が飛躍的に高くなった。

キミ・ライコネンは3位で、辛くもチャンピオンシップ争いに首の皮一枚で留まった。

そして翌週の中国GP。ハミルトンのルーキーでチャンピオンという、史上初の快挙が期待されたが・・・


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

フォンドリエスト

フォンドリエストは、80年代から90年代にかけて活躍したイタリア人選手マウリツィオ・フォンドリエストが1991年に設立した自転車工房です。自らが所属するチームのサプライヤーにもなりました。

近年、自転車のフレーム素材がアルミからカーボンにシフトしていますが、いち早くカーボンを採用した工房の一つです。

カーボンフレームを製造する工場はイモラにあります。イモラと言えば、フェラーリやランボルギーニなどのスポーツカーメーカーが集中している地域です。この工場には、F1のミナルディでカーボンのイロハを学んだ職人にもいます。

いち早くカーボンにシフトした理由は、アルミよりカーボンの方が耐久性に優れているからです。

トップ選手のように1レースごとに新しいフレームを支給される人はともかく、一般レーサーはそのようなわけにはいきません。それなら、多少高価になってもカーボンを使う方が結果的には懐にやさしいことになります。

2003年を最後に、プロチームへの供給をストップしました。カーボン工場へ多額の投資をしたこともあり、今は販促より技術を高める時期と位置づけているようです。

近い将来、またフォンドリエストのロゴが描かれた自転車が大舞台で活躍する姿を見ることになるでしょう。

2007年10月26日

美味しいピザのお店紹介「リアナ パデッラ その2」

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回、お店紹介しました「イタリアンアンドバーファミリア」は
終電をなくしても始発があるから安心(笑)なイタリアピザとお酒で楽しめるお店です。


今回紹介するお店は前回も紹介したお店です。
リアナ パデッラ


前回紹介した記事はこちらから↓
リアナ パデッラ

この間、久々にリアナ パデッラに行ってきました。
なんとなく、お昼から仕事休んで行きたい気分になりましたので
午後半休を取ってお店に行ってきました。


ランチタイムに行ったのですが、
相変わらず店の雰囲気がよくて
夜に行ったらもっといい感じなのではと思います。
昼間しか行ったことありませんが。笑


ランチが3種類あって
ランチA、ランチBはパスタメインですので省略。
ランチCがピッツァランチになっていました。


パンとサラダがついていて
ドリンクはフリードリンク!
何杯でも飲めるので
気のよいお友達とランチしながら話し込むにはもってこいかと。


イタリアピザは普通の大きいサイズが出てきたのでビックリ。
胃が小さくなったのか、食べるのにすごく苦労しました。笑


あのボリュームで950円はすっごく安いのではないでしょうか。
平日のランチ時間だったからかもしれませんが、
主婦友達の人たちが多かったと思います。


今度は一人でなく、仲間と行ってみたい
雰囲気の良い、イタリアピザの美味しいリアナ パデッラへ
是非、行ってみてくださいね。


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザの美味しいお店紹介について書きました。チャオ~♪

2007年10月25日

イタリアの朝食

こんにちは、ぽっちりです。
13歳のときにイタリアを訪れ、その美しさとスローな暮らしに感銘をうけました。
今は、田舎暮らしをしながらスローライフを模索中。
将来はイタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています。

イタリア旅行へ行ったときに、朝食の簡単さには驚きました。

イタリアの朝食は、カップチーノやカフェラッテと甘いクロワッサンかビスコッティ。
それにブラスしても、ヨーグルトかフルーツジュースだけ。
(そのかわり昼や夜はびっくりするほど食べものが出てきますが。。)

簡単な朝食だからこそイタリアの家庭では、栄養にはとても気を使うようです。
ビスコッティにリンゴが入っていたり、シリアルが入っていたりと栄養素が高い物を好みます。へーゼルナッツの木が育つ北イタリアで人気なのは、へーゼルナッツとアニスのビスコッティ。地域によっても入っているものがオリジナルだったりします。

まねをして朝食に時々ビスコッティを作っても、やっぱり朝ごはんはお米を食べないとおなかがいっぱいにならない、日本人な私です。
でも、子育てのあいまに、ちょこっとつまむのにぴったり。


今回は、バターを使わず、全粒粉とオートミールを使った、ヘルシーで栄養価も高いビスコッティをご紹介します。
混ぜて、焼くだけのめっちゃかんたんなレシピです。
ざっくりした食感を楽しんでください。

「オートミールと全粒粉のビスコッティ」
【材料】
菜種油……………2/3カップ
てんさい糖…………3/4カップ
クルミ(くだく)………1/2カップ
レーズン(もどす)…1カップ
全粒粉……1カップ
オートミール…1カップ
全卵………1個
ベーキングパウダー…小さじ1杯
【作り方】
1, ボウルにレーズン以外の材料を全部入れ、よく混ぜ合わせる。
2, 天板にオーブンシートを敷き、オイルを塗る。温度は180~200℃に温めておく。
3, レーズンを入れ、ざっくり混ぜ合わせたら手にとって、クルミくらいの大きさに丸めて天板に置き、フォークで平らになるようにつぶす。
4, オーブンの温度を150℃に落とし、3の天板を入れ、20分焼く。
5, 焼き上がったら熱をさまし、完全にとれてからいただく。

・クルミはアーモンドやへーゼルナッツ、お好みのナッツでもオッケー。


イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指していますぽっちりでした

イタリア生活 - 人種のるつぼ

チャオ~♪

ここトリノに来て、旅行では気づかなかったことを又発見しました。

市内を歩いているといろんな肌の色の人たちや顔つきもイタリア人とは違う人たちがたくさんいるのに気づきます。

ここイタリアはカソリックの国なので、同じ宗教を持つフィリピン人が多いのは納得がいくのですが、他に、中国語やアラビア語の文字の看板をよく見かけます。

中国人はどこの国にいってもたくさん住んでいますが、ここトリノにはモロッコ人、アラブ人、アフリカ人、ルーマニア人、ロシア人などが多く住んでいるようです。

何でもイタリアへの移民は20年くらい前から少しずつ始まったようです。
彼らは彼ら独自の食文化や生活習慣などをここイタリアに運んできて、それらのいくつかがイタリア人に受け入れられている点は、とても興味深いところです。

たとえば、アラブ系レストラン(というよりも、アラビア版ピッツェリアといったほうがいいかもしれません。)の中で、イタリア人に人気の食べ物があります。

それは、KEBAB(ケバブ)です。

Kebab.jpg

牛肉を固まりにし、回転させながら焼いたものを削ぎ切りにしたものと野菜サラダを丸い大きなパンにはさんだり、ピザ皮に載せて焼いたり、パンなしで皿に盛って食べたり
しています。かなりボリュームもあり、肉好きのイタリア人に受けるのも納得です。

アラブ系や中国系のスーパーマーケットなんかもあります。

日本人もイタリアにたくさん住んでいますが、ここトリノには他のメジャー都市と比べるとそれほど多くないように感じます。というのもトリノの街を歩いていてもほとんど日本人に会ったことがありません。そのせいか、日本食を扱っているお店はトリノには1軒しかありません。それもかなり小規模です。ただ日伊文化交流協会とよばれているグループが活動しているようなので、もしかしたら日本人もどこかにたくさんいるのかもしれません。。。

2007年10月24日

イタリアの歴史055帝政ローマ11(内乱期4)

内乱期3人目の皇帝ウィテリウスに対して、
着々と足場を固めていたのが、
シリア属州でユダヤ人の反乱軍と交戦中だった、
軍司令官ウェスパシアヌスでした。

彼はシリア総督ムキアヌスの支援を得て、
皇帝としての第一歩を踏み出します。

やがて彼を支持する軍団が増え、また、
ローマ帝国の食料生産の半分を担うと言われた
エジプトを支配することでローマ全体の食を支配します。

オリエント一帯を安定させたウェスパシアヌスは、
ムキアヌスの一軍をバルカン半島からローマ攻略に向かわせます。

しかし、ムキアヌスが異民族の侵入に対処するため
ダキアで進軍を止めている間に、
ウィテリウスに恨みを持つ
マルクス・アントニウス・プリムスの軍団がローマを占拠し、
ウィテリウスを殺してしまいます。


その後、ムキアヌスがローマへ無血入城を果たし、
パックス・ロマーナ(「ローマの平和」)の復活を宣言し、
最後にウェスパシアヌスが皇帝としてローマに入り
五賢帝時代までの間、フラウィウス朝と言われる王朝が始まります。

 フラウィウス朝はアウグストゥスの血統とは無縁でしたが、
 ウェスパシアヌスの善政はローマ市民の
 心からの歓迎を受けたようです。

いつの時代も、きちんとした政治を行う
リーダーが求められているんですね。


参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「内乱期(68年-69年)」「フラウィウス朝」の項


イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

秋の果物 2

先日農業体験の話を書きましたが、
おまけで写真を載せておきます。

IMG_20071006_0225-11.JPG


やはり、柿ばかり食べてるMieさんです。
ところで、秋の果物で一番に店頭に並んでるものといえば、ミカンですね。

柿の時は欧州では KAKI で通用すると書きましたが、
ミカンに関しては、イタリアの風土で育ったオリジナルの品種があります。

マンダリンがそれです。
ところが、このマンダリン、温州ミカンになれてる日本人からすると
少し違和感があります。

見た目は黄色っぽく、少し苦みがあり、
そして何より種が多いです。
また、袋が温州ミカンよりも厚めですね。

生で食べる文化が息づいている日本だからでしょうか、
温州ミカンはより生食に合うように品種改良されているのでしょうね。

また、イタリアではジャム、ジュースといった食べ方も多く、
やはり加工して食べる文化が多いですね。

イタリアへ行く時は、イタリア留学中の知人宅に押しかけるお騒がせ人間の”Mieさん”でした。

2007年10月23日

トレヴィの泉の彫刻


トレヴィの泉の彫刻

トレヴィの泉の彫刻の中央には、筋肉隆々で髭を生やした威厳に満ちたおじさんが立っています。この人が海の神ネプトゥヌス(英語でネプチューン、ギリシャ語でポセイドン)といわれています。ネプチューンやポセイドンという名前は聞いたことがありますが、ネプトゥヌスは聞いたことがありませんでした。

右手で部下へ指図しているように見て取れます。かっこいいですね。


大きな貝の戦車か馬車に乗っているそうで、よく見ると貝とわかりました。とっても大きい開いた貝の中に立っています。

海神ネプトゥヌスの下には2頭の馬と2人の男性らしき人物がいます。
彫刻の馬は海馬と言われています。後半身はイルカなんでしょうか。よく見ると馬には羽がついています。海の馬ですが、飛べるのでしょうね。この海馬は海神ネプトゥヌスの載っている貝を牽いているようです。


海馬を率いている人物はトリトンという海の神といわれています。半人半魚らしいのですが、この彫刻からははっきりとはわかりませんでした。2人いますが、2人とも海神トリトンなのでしょうか。


向かって右側の海馬と海神トリトンは穏やかな様子が感じられます。海神トリトンは頬っぺたを思い切り膨らまし、法螺貝(ほらがい)を吹いています。吹くと海が穏やかになるそうです。向かって右側の海馬と海神トリトンは平穏な様子を表しているのでしょう。


逆に向かって左側の海馬は暴れているように見えます。躍動感にあふれた素晴らしい彫刻です。この暴れている海馬を海神トリトンが抑えなだめているように見えます。こちらの海神トリトンには法螺貝はありません。


左右を対象に表現しているのでしょうね。ちなみに海神トリトンは海神ネプトゥヌスの息子さんらしいです。

海神ネプトゥヌス左右には女神が配置されています。向かって左側が豊饒の女神デメテル(ケレス)で、向かって右側が健康の女神ヒギエイア(ハイジア)です。

豊饒の女神デメテル(ケレス)は果物籠のようなものを、健康の女神ヒギエイア(ハイジア)は槍のようなものをそれぞれ持っています。豊饒と健康を表しているといわれるとそんな気もしてきます。


やはり事前に情報を仕入れてから現地に赴くと良いですね。よりいっそう楽しめます。


(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

2007年10月22日

イタリア鉄道の旅、ナポリ~ソレント

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

今回のイタリア鉄道の旅は、ナポリから離れて、ナポリを海から一望できるソレント(Sorrento)に向かいます。ソレントはアマルフィ半島にあり、約40km続くアマルフィ海岸の入り口の街です。

ソレントへはヴェスヴィオ周遊鉄道を使います。ヴェスヴィオ周遊鉄道はナポリ中央駅の地下から発車しています。所要時間は約1時間ちょっとです。鉄道の他にもナポリ湾から高速船が出ています。夏限定で所要時間は40分くらいです。

また今回はバス、車で行くのもお勧めします。なぜならアマルフィ海岸沿いの道路を走っていると、その途中の高台からソレントの街が一望でき、そして絶景なのです。断崖絶壁に広がるソレントの街は日本ではなかなか見れない風景のひとつだと思います。

海岸線を走るヴェスヴィオ周遊鉄道、ナポリ湾を横断する高速船、アマルフィ海岸沿いを車で走る、どの交通手段をとっても最高の景色を楽しみながらソレントへ行けるはずです。

ソレントの街に入ると目に飛び込んでくるのが街路樹。南国らしく街路樹がオレンジの木なのです。またレモンもソレントの名物になっていて、レモンを使って作ったお酒、リモンチェッロも有名です。ビタミンCをたくさん摂りながら、新たなイタリア鉄道の旅を続けようと想うのでした。

カバンネッレ競馬場 その1


イタリア 旅行と留学のための地図情報
(地図をクリックすると拡大図が出ます)

イタリアの首都はローマです。

ローマには古い建物や遺跡、美術品など
イタリアの集大成とも言える街。
さすが首都って感じだよね?

さて、今日も競馬の話題。
前回はミラノ近郊の競馬場の話をしたから、
首都のローマ近郊の競馬場を紹介しよう。

それが、題名にある「カバンネッレ競馬場」だ。

ここでもイタリア有数の大きなレースが開催されるんだ。

位置としてはローマの中心部から、南に12キロ。

ちょっと地図ではわからないね・・・。
次回はもう少し詳しく書くね~
では!

ジロ・デ・イタリア優勝者がドーピングで出場停止

今年のジロ優勝者までもがドーピングスキャンダルに巻き込まれることとなりました。

2007年のジロ・デ・イタリア優勝者、また2007年プロツアーの暫定リーダーであるダニーロ・ディルーカが、「オイルフォードラッグス」に関与している疑いがあるとされました。

イタリアオリンピック委員会(CONI)は、3ヶ月間の出場停止処分を下しました。

「オイルフォードラッグス」とは、2004年に始まったイタリア当局によるドーピング捜査です。イタリア人医師カルロ・サントゥッチョーネ氏が中心人物と見られています。

また、サントゥッチョーネ医師は自転車選手に限らず、イタリア人アスリートに禁止薬物を提供していたとされています。

ディルーカはドーピングと断定されたのではなく、サントゥッチョーネ医師との関係を持っていたことに起因します。本人は無実を主張しています。

しかし彼は世界選手権を欠場し、プロツアーランキングから除外されることとなりました。仮に無実が証明されたとしても、既に制裁を受けていることになります。

同じイタリア人レーサーのペタッキは、無実を獲得してレースに復帰しています。ディルーカの無実を祈りたいところです。

イタリア留学で " キノコのスープ "

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・  
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーからの今回は、作るの大好き
イタリア留学で”キノコのスープ ”

秋にピッタリのキノコを使った料理をお伝えします。

ポルチーニが入りますが、ポルチーニ・・?なんだろうなんて思われる方もいらっしゃるので、少しどんなものかをお伝えします。これ単純にキノコです。しかも貴重なキノコなので大事にいただきましょう。乾燥ポルチーニの戻し汁については、干し椎茸とは違いますので、使わない方がいいですよ。戻し汁はなめてみれば、わかるのですが、苦味があります。食材を変化させる味ですからね。ポルチーニの魅力は、香りですから


そう~イタリア観光や留学時に、生のポルチーニに 出合えたら嬉しいわねぇ


じゃ
☆ ” キノコのスープ ” 


★材料

しめじ  1パック

まいたけ 半パック

エリンギ 1本

ポルチーニ 10g(乾燥ポルチーニは水につけて戻しておく)

野菜ブイヨンの素 1コ

水   21/2カップ

ごはん 60g  

オリーブ油 大さじ1

塩コショー 各少々

バルミジャーノ・レッジャーノ ・・・30g


★作り方
      
1:しめじとまいたけは石づきを取ってほぐすエリンギは薄切りにポルチーニは粗いみじん切りにする。

2:鍋にオリーブ油を入れ熱し、キノコを炒める。野菜ブイヨンと水を入れ 中火にかけ、沸騰させる。

3:ごはんを加えフタをして 弱火で10分ほど煮る塩、コショウー少々加え味をととのえて

 
4:スープ皿に盛り すりおろしバルミジャーノをふりかける。


ハイ^^出来たねぇ~♪  

   秋 キノコのスープ 
   
   
ローカロリーだから 夜食に 食べたいと言う

あなたには ごはんを多めに入れて作ると

リゾットにも 成りますから チャレンジされてねぇ~  


ごはんの変わりに ショートパスタを入れても美味しい 

キノコスープが出来ます。
 
         

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いません^^イタリアマンマに憧れる

こちらイタリーから今回は、
”キノコのスープ ”をお伝えしました。

2007年10月21日

2007年 F1最終戦 ブラジルGP 日本人の苦悩

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

今日、2007年10月21日は、世紀の2007年ファイナルバトル、F1GP最終戦ブラジルGPの日です。

今年のF1は、非常にスリリングな展開、ワールドチャンピオンの確定が、最終戦までもつれ込んでいます。

前回中国GPまでのトップは、脅威のルーキー、マクラーレンのルイス・ハミルトン。それを追うのが、2年連続ワールドチャンピオンに輝いた、同じくマクラーレンのフェルナンド・アロンソ。3位は、イタリアの赤い跳ねフェラーリのキミ・ライコネン。

有利、不利の差はあれど、どの選手もがワールドチャンピオンに輝く可能性を持っています。
最終戦まで、3人がチャンピオン争いを繰り広げる展開は、近年まれ。スリリングです。

しかーし、ここに日本人であるワタシの苦悩があるのです。

ブラジルと日本の時差は-12時間。つまり、ブラジルGPは日本の真夜中に開催されます。
地上波放送は、10月22日午前0時50分から。


実は、バリバリのサラリーマンであるとともに中年のワタシ、イタル山本、月曜からの本業をスムーズにスタートさせるために、日曜夜にはきちんと就寝をします。きちんと会社からお給金を頂戴するわけですから、ここはきっちりやらないといけない。

従って、ブラジルGPは録画、あとでこれを見るわけです。
ここで、ワタシの苦悩が始まります。それは何か・・・・・

「録画を見る前に、ブラジルGPの結果を いかに自分の身の回りからシャットダウンするか」

世紀のファイナルバトルですから、その結果はマスメディアにあふれるでしょう。
しかし、結果を知って録画を見るのと、結果を知らずに録画をみるのでは、その楽しみは雲泥の差があることは、あなたも良くわかりますよね。

新聞、TV、ラジオ、インターネット。そして、自分の周りの人々からこの手の情報が入らないように、情報のアンテナを縮める必要がるのです。

ワタシの場合、ブラジルGPに限らず、F1中継は地上派でしか見ていませんので、毎回同じ努力をしています。さらに、2時間弱を確保して、録画を見る時間を作るのもなかなか難しい。次の週末まで持ち越さざるを得ないことも多々あるわけです。

ふと検索エンジンを立ち上げたとたん、レース結果が出ている、電車に乗ったら、向かいのおっちゃんのスポーツ新聞にでかでかと記事が出ている、身近な人間がレース結果を話している、本屋に行ったら速報雑誌の表紙が目に入る・・・・・・


などなど、危険な要素がたくさんある訳です。


さて、ワタシの運試しのスタートが切って落とされました。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

2007年10月20日

秋のきのこリゾット

こんにちは、ぽっちりです。

13歳のときにイタリアを訪れ、その美しさとスローな暮らしに感銘をうけました。
今は、田舎暮らしをしながらスローライフを模索中です。
将来は、イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています。

秋、といえば田舎の山々で、きのこ狩りが始まります。

おじいさんやおばあさんはおいしい色々な種類のきのこを知っていて、山へ入り、とってきます。
珍しいきのこのある場所は、たとえ親類でも教えてもらえないこともあるほど。

友人がとってきた、こうだけというきのこは、真っ黒で、びっくりするほどおいしかったそうです。パスタにあうおもしろい味だったと夫が言っていました。

うちでも原木にしいたけを育てているので、そのうちおいしい肉厚のしいたけが食べられそう。。たのしみです。

イタリア料理でも、きのこを使ったものは多いですが、今回はきのこのリゾットをご紹介します。
お米はルネッサンス時代にアラブ人によってイタリアにもたらされたもの。当時はすごく珍しいものだったようです。


「きのこのイタリアンリゾット」

1 : 生しいたけ、マッシュルームの石付きをとります。エリンギはさきます。
2 : オリーブ油を熱し、ニンニク、赤唐辛子をいためます。そこにキノコを加えて塩コショウで味付け。
3 : フライパンに水200ccと冷やごはんを入れて、ほぐしながら水分を飛ばします。
4 :3に、炒めたきのこを入れ、無塩バターとパルメザンチーズを適量いれます。

器にもって、あつあつを召し上がれ!
きのこ類は、レシピで載っている意外にも、お好きな種類のものを入れてみてくださいね。

ではまた。将来イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています、ぽっちりでした。


美味しいピザのお店紹介「イタリアンアンドバーファミリア」

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回、お店紹介しました「カフェバー・サニーサイド」は
週末朝までイタリアピザとお酒で楽しめるお店です。


今回紹介するお店はこちらです。

イタリアンアンドバーファミリア

住所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-2-1


アクセス:

JR新宿駅 徒歩3分 


TEL:03-3205-1300
FAX:03-3205-1300


営業時間:

18:00~05:00(L.O.04:00)

 

定休日:無休


新宿駅から徒歩3分からいけますね~。
歌舞伎町というところがまた妖しいですが。笑


基本的には夜だけの営業です。
でも、朝5:00までやっているのがすごいですね~。
歌舞伎町だと当たり前なのかな。笑


このお店はワインがとても豊富にそろってます。
ワイン通じゃないのでよくわかりませんが、
種類は多そうですね~。
ワインと呑みながらピザを食べるのもいいですよね~。


あと、バーテンダーが多彩なカクテルをつくってくれるし、
赤白イタリアワインもありますね~。


気になるピザですが、
定番のマルゲリータもあり、その他あわせて6種類ありますね~。

・半熟玉子とイタリア産生ハム
・マルゲリータ
・クアットロフォルマッジ
イタリア産モルタデッラハムとキノコ
・揚げナスとモツァレラチーズのトマトソース
・いろいろキノコとツナのトマトソース
・スモークサーモンとフレッシュトマト

値段も1,100~1,300円とリーズナブルですね~。


終電がなくなってもここなら大丈夫ですね。
電車がないと嘆くよりも美味しいピザワインが楽しめる
イタリアンアンドバーファミリアで過ごしてみてはいかが?


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザの美味しいお店紹介について書きました。チャオ~♪

2007年10月19日

イタリア生活 - 芸術と食欲の秋ここにあり。

知り合いのイタリア人が、子供向けの絵本のデッサンをしていて、その展覧会をするというので、トリノの北、およそ20kmくらい離れたところにあるカルーゾ(Caluso)という小さな町に行ってきました。

何がおもしろかったかというと、
展覧会の会場が、町の小さな教会だったことです。
なんでもこの教会は、現在ミサをしたりするためには使われていないそうで、こうした展覧会によく使われているそうです。もちろん祭壇もあり、古い宗教画も飾られていました。
mostra.jpg

この日は初日だったので、町の新聞に紹介されるのかミニ・記者会見のようなものがありました。カメラマンや市長、主催者、後援者、教会の司教、有名な?画家、愛読者たち、知人、友人などたくさん集まって、まるで彼女は芸能界のヒロインのようでした。

日本でいえば、お寺を借りて展覧会をするという感じでしょうか。

この後、すぐ近くの市の公民館(ただし、ここは小さな町のせいか、市役所と公民館が一つの建物の中にありました。)にエノテカがあり、参加者みんなでこの町の白ワインを飲んで彼女の功績をたたえました。

さて、ここカルーゾは白ワインが有名で、私たちが飲んだのは、”Erbaluce di Caluso”(エルバルーチェ・ディ・カルーゾ)と呼ばれているワインでした。
ドライでフレッシュな若飲みタイプの白ワインで、口当たりも軽く、とても気に入りました。

さて、すべてが終了し、今回の主催者のご自宅拝見に行くことになりました。ただし、ただ家を見に行ったのではなく、彼の骨董芸術品のコレクションを見せてもらいました。

小さな3つの部屋と廊下に古い絵画や彫刻、調度品、本と盛りだくさんで、まさに小さな美術館です。

彼は物知りのようでいろいろ説明してくれたのですが、私にはとうてい難しくて理解できるものではありませんでした。さすがにイタリアの美術史は奥が深いです。こういった分野の勉強ももう少ししないと会話についていけないとつくづく思いました。

最後に10人くらいが集まって、カルーゾの近くの町、カンティア(Candia)というところのローカルレストランで夕食を摂りました。

ここで、私は初めてピエモンテの料理を食べました。

ひとつは、プリモ・ピアットで出てきたAgnolotti (アニュロッティ)。
簡単に言えば、肉やチーズを平たいラビオリにつめたもの。バターソースで絶妙なお味。

セコンドで出てきたのが、Fritto Misto(ミックスフライ)。フライの中身をカテゴリーに分けてみると、野菜(なすやズッキーニ)、フルーツ(りんごの薄切り)、肉(豚肉や仔牛の脳みそ)、お菓子(アマレット、セモリナ粉、ビスコッティ)。

フライを見てもどれがどれなのかさっぱりわからず、すべて隣にすわったイタリア人に指を差して聞きました。このフライはかなりヘビーで、ここまで食べつくすのは容易ではありません。

お菓子(ドルチェ)のフライもあったので、もしや、最後に出てくるドルチェは、なし?と思いきや、やはり、出てきました。もちろん、最後の最後はおなじみ「カフェ」で閉めて終わりです。

芸術と食欲の秋の一日、こうして夜は更けていきました。


2007年10月18日

イタリアの歴史054帝政ローマ10(内乱期3)

内乱期2人目の皇帝オトを破ったウィテリウスは、
そのままローマへと入城します。

各軍団の支持を取り付け、
その強大な軍事力を背景としたウィテリウスに対し、
元老院は為す術はありません。

帝位を与えることを即座に認めました。

しかし彼は帝位就任後に、
どのような政治を行うかという明確な方針が無く、
結局、ウィテリウス自身が新たに定めた法律は
一つもありませんでした。

それでも行政面での問題が少なかったのは、
前の世代の人材が随所で活躍していたお陰だと言えます。


当初は動揺もあまり無かったローマも、
次第に治安が悪化し、市民の不信感も募っていきます。

原因としては、ウィテリウスが連れてきた
ゲルマニア兵の素行の悪さや、
前皇帝オトの命令に忠実に従っただけの
軍団兵を処刑したことなどです。

そんなローマの窮状を見て、
新たに帝位に名乗りを上げる者が出ます。

明確な政策を持たないリーダーを持つと、
国民は困りますよね。


参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「内乱期(68年-69年)」の項


イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

秋の果物 1

食欲の秋到来ですね!

スーパーや市場に行くと様々な食材が店頭に並んでいて、
見てるだけでワクワクしているMieさんです。


ところで、果物屋さんの店先に行くと
ミカン、柿、ナシ、ぶどう、栗などいろいろと並んでいますが、
私は柿が一番好きな秋の果物です。

先日も和歌山の柿農家の方からお誘いを受け、
農業体験として柿収穫のお手伝いをしてきました。

山の斜面に植わっている柿の木にはたわわに柿がなっており、
手を伸ばすだけでは間に合わず、脚立を使って柿を取らなければなりません。
昼から5時間ほどのお手伝いでしたが、結構堪えますね。


さて、クエスチョンです! 
イタリア語で柿は何と言うのか?


正解は KAKI です!

なんだよ、それって言われそうですが、
ヨーロッパではKAKIで通用するそうです。
もっとも、柿は中国を中心に東アジア原産のくだもので、
16世紀にヨーロッパに伝わったそうです。

また、イタリアでのポピュラーな食べ方は、
とろとろに熟した柿のへたの部分をカットし、
スプーンで食べます。

ちなみに私は、少し固いくらいのが好きなんですけど…


2007年10月17日

BASSO(バッソ)

バッソはカンパニョーロがあるヴェネト州ヴィチェンツァにある自転車工房です。1979年創設と歴史は浅いのですが、短期間でヨーロッパのトップメーカーとなりました。

比較的規模の大きな工房ですが、これまで日本にはあまり入ってきませんでした。最近になってようやくお目見えするようになりました。

ユニークなのはドイツ市場を重視していることです。

「ドイツの消費者はブランドに惑わされず本当によいものを見極める力がある。ドイツで受け入れられた自転車は良い自転車の証明である。」というユニークな方針をとっています。

創設者は1972年のロード世界チャンピオンであるマリーノ・バッソとその兄弟です。

マリーノは通算82勝をあげているイタリアの名選手です。アルチーデはメカニックとしてビアンキ(イタリア)など強豪チームで活躍しました。

バッソは名選手とメカニックが支える質実剛健な自転車工房です。

トレヴィの泉とポーリ宮殿

前回に続き、トレヴィの泉に関しての記述です。

 (前回の記事はこちらです)
  ■トレヴィの泉



今回は、トレヴィの泉の彫刻に焦点を当てたいと思います。

これからお話しすることも、後日知ったことなので、現地では全く知識としてありませんでした。今思えば、知っていればもっと楽しめたのにと思うことがたくさんあります。どこか知らない土地に行く時は、事前にその土地の情報を仕入れてから行くと、目的地に着いたとき、楽しみや感動が膨れ上がります。これからローマのトレヴィの泉に行かれる方は、ぜひ事前に情報を仕入れてから行ってください。情報は仕入れ過ぎと言うことはありませんので、たくさん知識にしていってください。


まず知らなかった大きな点は、このトレヴィの泉は単なる巨大な彫刻噴水でなく、ポーリ宮殿という宮殿の壁面を利用して作られているという点です。宮殿の壁面だったのです。これには驚きました。自分には噴水しか目に入っていませんでしたが、実際は壁を見ていたに過ぎなかったのです。宮殿がそこにあると知っていれば、少し歩いて、その外観を眺めることもできたでしょうに。今となっては少し残念です。


トレヴィの泉 その2

写真を見直すと、確かに壁っぽいですね。でも言われないとわからないでしょうね。自分は噴水やコイン投げで頭がいっぱいになっていました。彫刻も実はよく見ていませんでした。

今度は時間をみて、彫刻についても調べてみたいです。


(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

2007年10月16日

サンシーロ競馬場 その3


イタリア 旅行と留学のための地図情報
(地図をクリックすると拡大図が出ます)

ここのところ競馬のはなしばっかりしてるけど、
今回もそんなお話。

さて、このサンシーロ競馬場で行われる大きなレースは、
なんだろうか??

日本では宝塚記念と言う、
春のグランプリが行われるけれども、
これが、イタリアで言う「ミラノ大賞典」なんだ。

国際G1競争で、古くは「シリウスシンボリ」という日本の馬が
挑戦して、5着と健闘したなんて話もあるんだ。

因みに日本の宝塚記念も国際G1レースなんだけど、
あんまり海外の馬が挑戦したって話は聞かないなあ。

来年のレースは見にいけるといいね。


ピエトラルサ国鉄博物館

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

前回はイタリア鉄道の旅の疲れをとるためにイスキア島の温泉パークに出掛けました。今回はイタリア鉄道の発祥、ナポリとポルティチ(Portici)を結ぶ約10kmの路線に乗ってみようと思います。その途中にはピエトラルサ国鉄博物館があり、イタリア鉄道の歴史に触れることができます。

ナポリ中央駅から各駅停車を使います。ポルティチ(Portici)には、僅か12分の鉄道の旅です。ピエトラルサ国鉄博物館はナポリ中央駅から3駅のピエトラルサ・サン・ジョヴァンニ駅に隣接しています。もちろんピエトラルサ国鉄博物館に訪れるため途中下車しました。

ピエトラルサ国鉄博物館のある場所は、もともと車両工場でした。博物館になったのは20世紀後半で、まだ鉄道博物館になって時間は経っていません。博物館にはイタリア鉄道の1号機関車「ベイヤード号」のレプリカが飾られています。また、それぞれの時代を代表する鉄道車両が展示されています。

嬉しいことにピエトラルサ国鉄博物館の入場料は無料です。しかし開館時間が午後2時までと短く、また日曜日と祝日は休館なっています。とにかく、イタリア鉄道マニアには、たまらない場所には間違いない。是非、ナポリに訪れた時にはピエトラルサ国鉄博物館まで足を運んで欲しいです。

イタリア留学で ”リコッタ入りニョッキ ” 

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・  
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーからの今回は、作るの大好き
イタリア留学で”リコッタ入りニョッキ ”


エっ・・   ニョッキって言うと


じゃがいもが ご存じよねぇ^^
でも、トスカーナ地方は”リコッタ入りニョッキ”をよく作ります。 きっと~イタリア観光や留学時に、出合えると思いますよ


じゃ ” リコッタ入りニョッキ ” お伝えします。


★材料

リコッタチーズ・・・120g

バルミジャーノ・レッジャーノ ・・・35g


ほうれん草(ゆでたもの)・・・ゆでて絞って80g

ナツメグ 少々

小麦粉(薄力粉)・・・大さじ1

塩、コショウー少々

卵(とき玉子)  ・・・1/4個

バター・・・大さじ1 強(40g)

★作り方
      
1:ほうれん草、(ゆでたもの)水をしっかり絞り バルミジャーノはすり落とす 


2:ボールに、リコッタチーズを入れほぐし、バルミジャーノを20g、ほうれん草 ナツメグ 薄力粉 塩、コショウー少々加えて硬さをみながら混ぜ合わせる。


3:2をクルミ程の大きさに丸めてニョッキを作り薄力粉(分量外)をまぶす。

 
4:ソースを作る。フライパンにバターをかけ、ゆっくりとバターを溶かし 塩少々で味をととのえます。 


5:たっぷりのお湯に 塩を加え、3をゆでる。浮き上がったらすくい上げる、4のソースに からめて盛りつけて バルミジャーノの残り15gを ふりかける。


ハイ^^出来たねぇ~♪  

   おいしいバターとチーズの風味
    

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・

言いません^^イタリアマンマに憧れる

こちらイタリーから今回は、

イタリア留学”リコッタ入りニョッキ ”をお伝えしました。
   

2007年10月15日

ノリックの思い出

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

2007年10月7日 GPライダーだったノリックこと阿部典史が公道での事故で他界しました。
享年32歳。若い命が交通事故で奪われるのはいたたまれません。

ですが、湿っぽくなるのはノリックも喜んでくれないと思うので、ここは明るくノリックの思い出をつづりましょう。

ノリックのお父さんはオートレースのライダー。なので、ノリックも幼少のころからバイクに慣れ親しんでたんですね。15歳の時に渡米して、半年間、ダートトラックやモトクロスで修行、帰国後ロードレースに参戦しました。

1993年、全日本500CCクラスに初参戦で、チャンピオン獲得。このとき、まだ18歳ですぜ。1993年は、日本での500CCクラス最後の年。最年少で最後のチャンピオンになったんですわ。

こりゃあ、たまげました。バリ伝の現実化だぁ~~。

翌年1994年、WGP第3戦、鈴鹿で行われた日本GPにワイルドカードでスポット参戦。
実は、ワタシ、このレースを鈴鹿で見ていたんですよ。2コーナーからS字に入るあたりで。

これ、うわははははぁ、すんげえレースだったんだぜぇ~い。
いきなり下品な言い回しですが、本当にすごかった。

当時は、アメリカのケビン・シュワンツやオーストラリアのミック・ドゥーハンなどがバリバリに活躍していた時代。

ノリックは、シュワンツやドゥーハンとトップ争いを繰り広げていたのだ~~~~!!!!!!!
日本人の、まだ10代の若者が、世界のトップライダーと互角に戦っているのだ!!!!!!!

抜きつ、抜かれつ。失うものの何もないノリック。これが自分を世界にアピールする最大のチャンス。
攻める攻める。

シュワンツやドゥーハンは、「巻き込まれちゃやべえっ」てんで、引くときゃ引いてたもんな。
これからまだ先のあるワールドチャンピオンを狙っているヤツらだから、下手に接触してクラッシュ、怪我でもしたら目も当てられない。
「トンでもねえヤツにからまれちゃったよ~~」てな心境じゃなかったろうか。

こちとら、血圧200mmHG、体温40℃、心拍数150、怒髪天をつくような興奮。
目の前をつきにけるたびに「ノリックー!!!!!!!」 「いけーーーーー」の絶叫の嵐。

鈴鹿サーキット自体が興奮のるつぼと化す。


ノリックを含むトップグループがグランドスタンド前を通過してきた。
きたきたーーー!!!!いけいけーーーーー!!!!


と、目の前でとんでもない光景が炸裂した。

「「「「ノリック 転倒ぉぉぉぉぉぉぉ」」」」


1コーナーからエスケープゾーンに向けて、ノリックのマシンとノリックが一直線に転がってゆく。

「うわぁぁぁぁぁぁーノリックぅぅぅー 大丈夫かぁぁぁぁぁぁー!!!????」

ワタシの心臓はわしづかみにされたようにきゅうぅぅぅっと締め付けられた。
ワタシの顔面は蒼白となり、背中につめたいものが滴り落ちる。

エスケープゾーンをもうもうと砂埃を巻き上げて突進するホンダNSR500。
その後を追うように転がってゆくノリック。

フェンスに激突したNSR500が5mも宙を舞う。その運動エネルギーのすさまじさ。
そして、約150kgもの車体が落下する。

しかし、砂埃にさえぎられて良く見えない。
確か、ノリックもあの近くに転がっていったはず。

「!!!!!!!! ノリック、まさかNSRの下敷きになってねぇだろうな。大丈夫だよな???????」

不安がワタシの心をよぎる。


しかし、砂煙の中からすっくと立ち上がり、観客に手を振るノリックの姿があらわれた。

よかった、本当によかった。無事だったんだーーー。
いやーこの日はハッピーエンドでよかったよかった。ノリック最高だぜー。

いやぁ、本当に衝撃的な日だった。歴史の目撃者になったワタシ。

ちなみに、TV放映では、宙を舞うNSRは写されておらず、転倒、クラッシュの激しさは鈴鹿にいたワタシたち以外は知らないのだ。TVでは、単なる転倒にしか見えないのであった。

ところでこのレース、誰が勝ったか記憶にないワタシであった。


で、この日のレースがウェイン・レイニーの目に留まり、その年2回チームレイニーからヤマハでWGPにスポット参戦。翌年1995年からフル参戦することになったのです。

1996年の日本GPでは、WGP500CCクラスで優勝。日本人のWGP最高峰クラス優勝は、片山敬済の1982年のスウェーデンGP優勝以来の快挙でした。

イタリア人の現役GPライダーで、5回ワールドチャンピオンに輝いているバレンティーノ・ロッシもノリックの大ファンで、1994年の日本GPのビデオを朝学校に行く前に何度も見ていたそうです。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

2007年10月14日

美味しいピザのお店紹介「カフェバー・サニーサイド」

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回、お店紹介しました「オ・プレチェネッラ」は
真のナポリピッツァ協会に認定されたこだわりのイタリアピザが食べられます。


今回紹介するお店はこちらです。

カフェバー・サニーサイド

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-28-7 キーストン1F


アクセス:

JR新宿駅 中央東口 徒歩1分 
西武新宿線西武新宿駅 徒歩5分 


TEL:03-3350-6860
FAX:03-3350-6869


営業時間:

月~木・日・祝 11:30~02:00(L.O.01:30) 
金・土・祝前  11:30~05:00(L.O.04:30) 

定休日:無休


新宿駅から徒歩1分がいいですね~。
駅出てすぐがいいですね~。
すぐ食べられるし。笑


オープンテラスのカフェバーになっておりまして、
昼はランチとカフェがメインですね~。


夜は料理の充実した本格的なバーになっております。
しかもジャズを聞きながらイタリア料理を楽しめます。


金曜、土曜は朝5時までやってます!!
ビックリ!!
これ、すごいですね~。
終電乗り過ごしても、ここでイタリアピザを楽しめますね。笑


お酒もかなり揃っていますので
ピザ好きでお酒好きにはもってこいですね。


気になるピザですが、
定番のマルゲリータもあり、その他あわせて5種類ありますね~。

・プロシュート ピッツァ
・クアトロ フロマッヂョ ピッツァ
・マルゲリータ ピッツァ
・ジュノベーゼ ピッツァ
・カプリチョーザ ピッツァ

値段も1,000~1,300円とリーズナブルですね~。


週末朝までイタリアピザとお酒で楽しみたい人は
是非、カフェバー・サニーサイドへ行ってみてください。


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザの美味しいお店紹介について書きました。チャオ~♪

2007年10月13日

イタリアの街角で、焼き栗の季節。。

こんにちは、ぽっちりです。
13歳のときにイタリアを訪れ、その美しさとスローな暮らしに感銘をうけました。
今は、田舎暮らしをしながらスローライフを模索中です。
将来は、イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています。

秋らしくなって、ちょっと肌寒くなってきた今日この頃です。

家の裏山にも栗の実がいっぱいなって、そろそろ栗ひろいの季節です。
栗ひろいってすっごく楽しいですよね。あ、ここにも、あ!またみつけた!と楽しみながらひろうのが大好きです。
田舎では、そこらじゅうに栗の木があるので、最近ではよくおすそわけでもらいます。
昨日は子供と一緒にひろった山栗を食べましたが、山の小さな栗のほうが、実が凝縮してほっくりしていておいしかったです。


栗といえば、イタリアでも秋冬には焼き栗やさんが町のあちこちに出店していますよね。
おいしそうなにおいにひかれて、ついつい買ってしまいます。小さな焼き栗やさんに人が並んで買っていることもあります。
イタリアでも栗は人気なんですね。


最近、あの焼き栗がおうちでもできないかなあと思って試してみました。

栗の皮にちょっと切り目をいれて、(深すぎても浅すぎてもだめなんですが、ちょうどいいくらいに。)
穴のあいたフライパンで炒ります。
またはオーブンでじっくりやきます。

出てきた栗は、ほくほくで、茹でるのとはまた違うおいしさがありますよ。(焼き芋みたいに。)
また試してみてくださいね。


では、今回はこのへんで。将来イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指していますぽっちりでした。

イタリア生活 - アンティーク・ショー

チャオー!

イタリア人の物へのこだわりをちょっと観察してみました。

たとえば、日本人は、古いものを維持するのに費用がかかるといって壊してしまったり、うまく動かないからといって新しいものにすぐ取り替えてしまうことがあります。こちらでは、トレンドを無視することはないにしても、古いものをすごく大事にしています。壊れてもそれを直して使ったり、セコハンの衣料品や雑貨などもいやがらずに買い求めます。家具などもおじいさんの時代のものを色を塗り替えて使ってみたり、お手ごろ価格のアンティークの椅子を購入したりと様々です。 

イタリアでは、アンティークに興味をもつ人が、日本よりもたくさんいるように見受けられます。 石造りの古い家には、アンティークの家具もぴったりとマッチしますし、年代物の衣服や宝石なども人気です。又、アンティーク・ショーもイタリア各地で開催されています。

イタリアで、アンティークの展示会なんぞは一度も見たことがなかったので、9月も終わりに近い週末にパルマで開催されたアンティーク・ショーに行ってみました。

パルマといえば、パルミジャーノ・レッジャーノと生ハムしか思いつかなかった私でしたが、音楽や芸術でもなかなか有名な町のようです。地理的に言えば、ミラノから1時間半という近さで、エミリア・ロマーナ州にあります。

さて、今回のアンティーク・ショーですが、近代からさらにずーっと古い時代のものまで、様々なものが展示、販売されていました。

とにかく入って最初にびっくりしたのが会場の広さです。千葉にある幕張メッセの会場で毎年3月に食品のショー(フーデックス)が開催されますが、そのときに使用される会場の広さよりもずっと大きい感じがしました。なにしろ出展ブースは1000以上にもなり、時代ごとに4つの館に分かれているのですが、1つの館を見るだけでもじっくり見ていると相当の時間がかかります。

なんでもこの展示会は1982年に始まり、年に2回、春と夏に行われているとのことです。訪問者もかなり多く、買付けに来た商売人、コレクター、一般の客といろいろです。

私個人の好みとしては、近代のものに興味をそそられました。どんなものが展示、販売されていたかというと、家具、宝石、毛皮、洋服、革製品、モーターカー、おもちゃのコレクション、ポスター、写真、絵画、食器、本、雑貨、さらには日本の100年前くらいの箪笥や食器棚など多岐に及んでいました。

値段はまちまちでピンからきりまであるという感じです。支払いはキャッシュか小切手が使われていました。又、銀行の出張所も設置されていて、必要なお金をキャッシュカードでおろして支払うこともできるようでした。

私は当然ながら何も買わなかったのですが、いつか広くて素敵な家に住むことができたら、アンティークの家具も悪くないなあと夢を描きながら、帰りの電車に揺られていました。もし、アンティークに興味があれば、イタリアで記念になる品をひとつ購入されてみたらいかがでしょうか?一生の思い出になることまちがいないと信じます!

2007年10月12日

イタリアの歴史053帝政ローマ9(内乱期2)

内乱期1人目の皇帝ガルバがピソを後継者に指名した5日後、
オトは二人を殺して皇帝に即位します。

彼が皇帝に即位する前から、ガルバに対して不満を持ち、
進軍を始めていたゲルマニア総督ウィテリウスは、
ゲルマニア軍団を率いてローマへの進軍を続行します。

ウィテリウスに比べて弱体な軍しか持たないオトは、
ローマ最前線の守りを担うドナウ軍団を呼び戻し、
ウィテリウスと戦います。

オト軍は緒戦に負けてしますが、
誰もこの敗北がこの戦いを決するものとは見ていなく、
まだ挽回する可能性が残されていたにもかかわらず、
オトは自殺してしまいます。

ローマ市民間のそれ以上の流血を回避するため、
戦いの早い段階で自殺したオトに対して、
多くの市民の感嘆を得たと言います。

 『ゲルマニア』や『年代記』などの著作がある
 古代ローマ最大の歴史家とされるタキトゥスは、
 その死に様について、カエサルよりもカトーよりも
 偉大と述べているようです。


「物事の見極め」と「引き際」が肝心ですね!


参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「内乱期(68年-69年)」の項


イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

イタリアフェアです!

いよいよ、ここ大阪でも秋になってきた感じですね。
今年はいつにも増して夏が頑張りすぎ!
やはり地球温暖感が深刻になってるんですかねぇ。


さて、今回は料理に関する事でなくむしろショッピングのご案内です。

昨日11日より16日まで阪神百貨店で「イタリアフェア」が開催されます。
食材、ワインはもちろん、工芸品やアクセサリなども販売されています。
私も期間中立ち寄って色々食材漁りをしてきますよ~


ところで寒くなってくるとイタリアと言わずヨーロッパの街角では
よく焼栗を売っている光景を見かけます。

このフェアにも焼栗のショップが出店しているようなので
季節の食材を堪能してきま~す。

2007年10月11日

トレヴィの泉

ローマへ言った際に、トレヴィの泉へ行って来ました。


トレヴィの泉へ向かうにあたって、左右にお店が立ち並ぶ道を通っていきました。
いろいろなお店があってお土産を探すにはいいところでしたが、時間が許さす、多くは見て回れませんでした。どこへ行っても、自由時間が欲しいという我儘は消えません。


トレヴィの泉


トレヴィの泉は人気のある観光地らしく、かなりの人で混雑していました。なかなか近くへはいけないかなと思っていましたが、回転も速く、思ったよりすんなりと近場でトレヴィの泉を満喫することができました。


トレヴィの泉を背にし、コインをトレヴィの泉へ投げ入れると、願いが叶うといわれています。コインの枚数によって、叶う願いは違うそうです。またローマに来ることを願うなら、コインを1枚と添乗員さんに聞いたので、1枚投げ入れてきました。ローマへ再び行く日が楽しみです。コインを2枚や3枚入れると叶う願いも、その時、添乗員さんから聞いたはずですが忘れてしまいました。また思い出したら、書きたいと思います。


コインを投げ入れて満足した後は、すぐ向かいのジェラート屋さんでジェラートを食べました。天気の良い日だったので、冷たいジェラートがとても美味しかったです。


(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

2007年10月10日

サンシーロ競馬場 その2


イタリア 旅行と留学のための地図情報
(地図をクリックすると拡大図が出ます)

この前の日曜日、日本の競馬で、
「毎日王冠」と言うレースがあったんですが、
勝ち馬は「チョウサン」だそうで。
いまさらドリフでもあるまいと思ったのが・・・。

さて、サンシーロ競馬場ですが、
前回、ミラノの北5キロと書きましたが、
この辺りには、サッカーで有名な
サンシーロスタジアムもあります。
(インテルとACミランと2つある、
ミラノのサッカーチームのホームグラウンド)

あ、だから「イタリア・ダービー」というのか・・・
という妄言はおいておいて、

ミラノの街からは地下鉄と路面電車が走っています。
路面電車のほうが行きやすいらしいです。

で、サンシーロ競馬場は、
右回りの芝コースで、
3種類の周回コースが取れる細長い8の字型の走路が特徴です。

外側のコースは1周3200m、直線900m。
(日本の春の天皇賞が3200mだけど、
 ほぼ阪神競馬場2週するから、かなり広いですね)

内側のコースは直線700m。

ゴール前の直線は緩やかな上り坂なので、
ゴールまで気を抜けないレースが展開されますね。

タマには、休日に競馬で一攫千金を夢見るのもいいね。
ミラノに留学したらちょっと遊んでみては?

ではまた!

ナポリ~イスキア島

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

イタリア鉄道の旅も長旅になりました。ここで長旅の疲れを癒すために温泉へ行こうと思います。イタリアも日本と同様に火山の多い国です。そのため温泉地も豊富で、今回はナポリ湾に浮かぶ天然温泉の島、イスキア島を訪れようと思います。

イスキア島へはナポリ港からフェリーと高速船が出ています。イタリア鉄道での移動はひと休みです。フェリーでは約1時間30分、高速船は約40分でイスキア島へ到着します。運賃はフェリーが8.5ユーロ、高速船が15ユーロです。イタリア留学生は時間があるのでフェリーでのんびりと行くと良いでしょう。

イスキア島での公共交通機関はバスです。温泉地は港から離れているためバスを利用した方が良いでしょう。そのお目当ての温泉ですが、日本と違い旅館内などに温泉風呂がある訳ではありません。温泉公園といい、どちらかというと日本のレジャープールに近いものです。更に注意が必要なのが決して真っ裸で入らないでくださいね。温泉は水着着用です。

イスキア島での代表的な温泉プールがポセイドンです。港からバスで15分くらいの所にあり、大小20もの温泉プールや洞窟サウナなどが楽しめます。ポセイドンの入場料は大人25ユーロです。もし宿泊したいのであれば、ポセイドンには宿泊施設がないので、ホテルの予約が必要です。とにかく美しいナポリ湾を眺めながら温泉に入るのは最高です。

イスキア島HPへ(イタリア語)

イタリア留学大好き”野菜入りクリーミーパスタ”

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・

言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーから今回は、トルティリオーネを使った・・・

そう前回お伝えしていますが、手に入らなければ、マカロニやペンネを使って作ってみてください。

”野菜入りクリーミーパスタ”簡単なレシピを お伝えします。


野菜入りクリーミーパスタ

4人分簡単手抜き?^^に出来ちゃう ご機嫌なレシピ

★材料

トルティリオーネ・・・200g
ブロッコリー・・・1
じやがいも(中)・・・2個
塩・・・小さじ1

バター、生クリーム・・・各大さじ2
(バターをオリーブオイルでもいい 適量で)
粉チーズ・・・大さじ2~適量
塩コショー・・・適量


★作り方

1.じやがいもは パスタの長さ 5ミリの厚みで切り、水にさらす。(アクが出るため)

2.ブロッコリーは、小房に切り分ける。

3.なべに湯をたっぷり沸かし 塩小さじ1入れ、トルティリオーネをゆで始める。

4.トルティリオーネパスタのゆであがる4分前に 1の じゃがいもを 加える また、じゃがいものゆであがる  直前に 2の ブロッコリーも 加えてしまいます。 
  
5.なんと同じなべで、それぞれが 程良い硬さにゆであがります、ざるにあげ

6.ボウルにバター 生クリーム 粉チーズ ゆであがったトルティリオーネと野菜を入れ 塩コショーを適量で味をととのえ、器に盛ります。


 ハイ  できたぁ~^^♪
 

 
イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・

言いません^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーから今回は、簡単おいしい

”野菜入りクリーミーパスタ  ”をお伝えしました。
 

2007年10月09日

GIOS:イタリア・トリノのフレームビルダー

GIOSブルーと呼ばれる鮮やかなブルーが代名詞のトリノを本拠とするブランドです。昔は GIOS TRINO のロゴが大きく入れられていましたが、現在では TORINO が省かれ GIOS のみとなっています。

日本では「ジオス」と呼ばれて親しまれています。イタリア語的に発音すると「ジョス」です。古い雑誌では「ジョス」と紹介されていることもあります。

エントリーモデルのエアロライトは安価で日本でも人気のあるモデルです。1948年に設立された伝統あるブランドですが、手の届きやすい親しみのあるイメージを持たれています。

もちろんハイエンドモデルも充実していて、2007年はスペインの有力チーム・リラックスにフレームを供給しています。

特に評価が高いのは溶接の精度の高さで、「イタリア製でありながらドイツ的」と言われています。ビギナーにもすすめする人が多いのは、ここに秘密があるのかもしれません。

ブルー以外のフレームはほとんど作っていませんが、かつてはオレンジしか作らない次期がありました。

70年代にブルックリンチームのスポンサーとなってから変わりました。ブルックリンチームにブルーのフレームを供給し、このチームが大躍進することとなります。

特に、パリ~ルーベを4回も制したロジェ・ド・ブラマンクのおかげで GIOS とブルーのブランドが確立されました。

GIOS を語る上で忘れてはならないのが可変式リヤエンドです。フレームスケルトンを変えることなくポジションの移動を可能にしました。この可変式リヤエンドは GIOS が特許を持っています。

イタリアのエンジンを積んだブラバムBT48

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

さて、前回はBT46のお話でした。

BT46は、サイドラジエターをやめたり、プロペラマシンが出たりと、当初の思惑通りに結果が出ませんでした。だけど、F1業界、日々いろいろなチャレンジをするんですよ。

チャレンジなくして、上位進出はない。

さてさて、その翌年、1979年はBT48をラウンチ。

これ、アルファロメオのフラット12をV12にして、ウイングカー化したマシン。前にも書いたように、フラットエンジンつまり、水平対向エンジンは幅が広くて、グランドエフェクトを有効に発生させるための、車体下面のデザインが出来ない。なので、V型にエンジンを作り変えることで対応したわけです。

アルファも頑張ったんですね。この時代、ウィングカーでなきゃ勝てないから。
昔は、みんなフォードDFVエンジンを使っていたんで、もっぱらコンストラクターが車体ばっかり作っていたんだけど、やっぱり車体(シャシー)とエンジンのコンビネーション、パッケージというのも大事なんですよね。アルファもそれを身をもって感じたんでしょうね。パワーだけじゃ勝負できないって。

このBT48、ウイングカーになって、サイドポンツーンでダウンフォースを得るわけで、フロントウイングがありません。フロントウィングとって空気抵抗を落としても、十分なダウンフォースを得られる、という考えですな。

しかし、成績はぱっとしなくて、ニキ・ラウダをもってしても中段にしかいられません。
結局、ニキ・ラウダはこの年をもって、F1を引退してしまうんですわ。
(ただし、後にマクラーレンでニキ・ラウダは復帰、3度目のワールドチャンピオンになっちゃうんだよね。とんでもない男です。)

で、この年のカナダGPから1980年、ブラバムはアルファロメオのエンジンをやめて、FORDコスワースDFVに変えました。

翌年1980年は、BT49に進化。軽量、コンパクトなエンジンで、グランドエフェクトも有効に使えることから、パフォーマンスは上がりました。ネルソン・ピケが優勝もしています。エンジンパワーはアルファロメオより劣るけど、マシン全体としては早い車になったということです。

この時代は、エンジンパワーが物を言わない時代だったんですね。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

2007年10月08日

美味しいピザのお店紹介「オ・プレチェネッラ」

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回は【真のナポリピッツァ技術教本】について紹介しました。
ナポリピッツァに興味を持つすべての方にとっておすすめです!


今回紹介するお店はこちらです。

オ・プレチェネッラ

住所   神奈川県横浜市西区北幸2-13-1

TEL/FAX tel:045-314-1050
     fax:045-314-1050

営業時間 AM11:30~LO14:00 PM18:00~LO22:00

定休日 毎週月曜日(月曜祝日の場合は翌火曜休)

アクセス 横浜駅西口より徒歩8分

その他情報

駐車場無し(近隣にコインパーキング多数在り)
全面禁煙、半個室在り(4名様まで)、カード使用可


このお店は「真のナポリピッツァ協会」に認定されているお店なんですよ。
認定番号は175番ですね。
この番号、世界中で通し番号になっているんです。
だから、ただ1つの番号なんんですね。

横浜もいいですよね~。
どっちかというと中華街が有名ですが、
こだわりのイタリアピザがあるんですね~。

このお店のマルゲリータは
カセルタ産の水牛の乳から作られるモッツァレラチーズを使用したものなんです。
食材にこだわっていて、すごく美味しそう。


ワインの種類もとても多いので
ワイン好きにはたまらないのでは?


あと、今年の4月から「ア マシケラ ロ プレチェネッラ」というお店が
オープンしました。
前菜と生地にこだわったナポリピッツァを
ビールやワインと共に賑やかに楽しんでいただこうという趣旨のお店です。
前菜とピッツァだけを楽しみたいならこちらがいいかも。


PIZZERIA 'A Mascara d'o pulecenella
ピッツェリア ア マシケラ ロ プレチェネッラ
TEL/FAX:045-290-0890

〒220-0004 横浜市西区北幸2-12-26 フェリーチェ横浜S-1

営業時間
平日   夜のみOPEN 17:30~LO23:00 CLOSE24:00
土曜日  昼OPEN 11:30~LO14:30 CLOSE15:30
      夜OPEN 17:30~LO23:00 CLOSE24:00
日曜祝日 昼OPEN 11:30~LO14:30 CLOSE15:30
      夜OPEN 17:30~LO22:00 CLOSE23:00
     (翌日が祝日の場合はLO23:00 CLOSE24:00)
定休日 木曜日
予約不可(5名以上から予約可)

フルコースで楽しむなら「オ・プレチェネッラ」へ
前菜とピッツァなら「ア マシケラ ロ プレチェネッラ」へ
それぞれ使い分けてお店に行くといいですね。
素敵な時間を楽しんできてください。


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザの美味しいお店紹介について書きました。チャオ~♪

2007年10月07日

イタリア生活 - 日曜日のすごし方

イタリアでの日曜日。観光で来たときには、「お店はみんな閉まっているから、美術館めぐりか、観光をしましょう。」と、よく予定を組んでいたものでした。日本人にとっては、土・日にお買い物をするということは当たり前になっていますが、イタリアでは、とくに日曜日や祭日は、商店は休養を取るという習慣が根強くあります。ただ最近では、郊外にある大きなショッピングセンターやスーパーは、たまに日曜日も営業しているところがあるようです。

多くのイタリア人は、土曜日に一週間分の食料品のお買い物をし、掃除や洗濯をして、日曜日は家族でゆっくり過ごすというわけです。 土曜日の午後は、食料品以外のお買い物や、オープンカフェでおしゃべりに熱中するイタリア~二でチェントロ(中心街)は一杯です。

さて、日曜日の朝。 以前、イタリア生活を紹介する本の中で、「毎週日曜日の朝は、夫や彼が愛する妻や彼女のために、目覚めのコーヒーをいれて、ベットまで運んできてくれる。」と書いてあるのを読んだことがあります。「う~ん、いいなぁ、こうゆうの。。でもこれって夢物語?」とあるイタリア人に聞いてみました。もちろんすべてがこうしているわけではないけれど、実際の話とか。

もちろん、朝、家の近くのバールに行ってカフェを飲みながら、新聞を読んでいる人もいれば、もし行きつけのバールならそこのオーナーとず~っとしゃべっている人もいます。
一方で、家族でプランツォ(昼ごはん)を食べる人もいます。これは昔からある習慣のようなもので、マンマがお昼ご飯を作って子供たちが遊びに来るのを待っています。

イタリアはサッカーで有名ですが、こちらの男性は狂ったように好きで、毎週末の午後はサッカーの試合をテレビで必ず見ると信じていましたが、意外にもサッカーはまったく興味なしという男性も何人もいることを発見しました。まあ、日本でもすべての人が野球を好きとは限らないのと同じなのかもしれません。

さて、日本人の私が思いついた日曜日の過ごし方。その日はとても天気がよかったので、トリノ市内を流れるポー川の川岸に沿って散歩をすることにしました。そこでとても素敵なところを発見! 

Fiume%20Po.jpg

スナックや飲み物を買ってポー川をみながら勉強したり、本を読んだり、昼寝をしたりと自由にできます。とても静かでここなら自然にふれながらゆっくりとできて毎日のストレスや疲れもとれそうです。日曜日はやはり休養する日なのです。

稲刈りと黒米イタリアン

こんにちは、ぽっちりです。


13歳のときにイタリアを訪れ、
その美しさとスローな暮らしに感銘をうけました。

今は、田舎暮らしをしながらスローライフを模索中。
将来はイタリア家庭料理を学びに、
子連れイタリア留学を目指しています。


やっと秋らしくなってきた今日この頃。
五月に植えた、田んぼの稲が金色に実ってきました。


晴れた日に、手で稲刈りをしました。
ざくざく、ざくざく、稲を切っては束ねていき、
竹の上にかけて干していきます。


私たちはすごくお米好き。
はやく新米がたべたいなあ。
とれたての新米は、ぴかぴかして甘くて。。たのしみ~


そんなごはんにいつもに混ぜて炊いている、
黒米は紫色に炊き上がってとってもおいしい。
黒米を使ったイタリア料理もたくさんありますよね。


今回は、秋の新米と黒米、栗を使ったお料理をご紹介します。


「黒米と栗のリゾット」

黒米 15g
白米 120g
栗  40g
牛乳 200g
オリーブオイル 大さじ2
塩コショウ   少々
チーズ     30g


①黒米と白米を洗ってざるで水気を切る。

②オリーブオイルを鍋にひいて、
 お米が熱くなって透き通るまで炒める。

③水300ccを入れ、木べらで時々
 まぜながら水をすわせ、10分弱火で煮る。

④牛乳を加えて、10分煮る。

⑤火をとめて、栗を入れ、蓋をして15分蒸らす。

⑥お米は少し芯がのこったくらいで大丈夫です。
 チーズをからめて、塩コショウで味を調える。


是非お試しくださいね~


では、今回はこのへんで。


将来イタリア家庭料理を学びに、
子連れイタリア留学を目指しています、

ぽっちりでした。

2007年10月06日

イタリアの歴史052帝政ローマ8(内乱期1)

68年に第5代皇帝ネロが自殺すると、
翌69年には4人もの皇帝が入れ替わり即位しました。

 ローマでは「四皇帝の年」と言われるようです。


1人目はタラコネンシス属州総督でもあったガルバ。

彼は元老院からの要請を受けてローマへ行くが、
自身を支持しない地域に罰金を科すなどして支持を失い、
ローマ帰還後は、ネロの改革を無効とし、
重要人物の支持を失った上、陰謀を恐れるあまり、
元老院議員なども処刑するようになります。

やがてガルバは自身の支持基盤の弱いことを自覚し、
人格者として知られたピソを養子にして後継者と発表します。

しかし、これに落胆したのが、
一貫して彼の協力者であったルシタニア総督オトでした。


いつの時代も後継者選びは難しいようですね。


参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「内乱期(68年-69年)」の項


イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

2007年10月05日

コロッセオ

ローマをバス観光で通った際に、短時間でしたがコロッセオを目の前で見ることができました。言わずと知れた円形競技場です。紀元80年に完成したといわれていますので、1900年以上経っている建造物ということになります。


コロッセオ

西暦そのままを生きてきた建物なんですね。建物の外周壁が半分近くないを見れば相当古いものとは思っていましたが、そこまでとは想像が及びませんでした。脱帽です。

それに、外周壁がないのは、その古さゆえの天災などの影響かと勝手に思っていましたが、事実は違うようです。


大理石など良質な建築材料が使われていたせいなのか、他の建造物の材料として切り取られてしまっていたらしいのです。材料といっても 石 だと思うので、切り出したり、運び出したりするのはとても大変な作業でしょうが、できているものを削っていく作業は寂しい気持ちになります。


外周壁が半分なくなる頃にやっと、コロッセオの存在価値が認められて現在に至るようですが、外周壁が真っ裸にならず残ってて良かったです。


(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

2007年10月04日

サンシーロ競馬場 その1


イタリア 旅行と留学のための地図情報
(地図をクリックすると拡大図が出ます)

日本では秋競馬真っ盛り!
でも、イタリアに競馬場はあるのだろうか?

もちろんあります!

前回、イタリアミラノのお話をしたけれど、
そのミラノの北、約5キロに「サンシーロ競馬場」があります。

サンシーロは、「真の競馬場」と呼ばれる厳しいコースだそうで、
真に強い馬でなければ勝てないと言われています。

イタリアが生んだ名馬リボーはここで12勝をあげたんです!
(かなり古い馬ですが・・・)
イタリアのディープインパクトというカンジかな?

次回にもすこし詳しく書きますね。
今夜はこの辺で!

イタリア鉄道の旅、ナポリ~ポンペイ

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

イタリア南部の都市ナポリに到着しました。ナポリから訪れてみたい観光地はポンペイの遺跡です。ヴェスヴィオ火山の噴火により1日にして火山灰に埋もれてしまった街です。ポンペイの遺跡に訪れると分かりますが、これだけ大きな街が1日で埋もれてしまったことに驚きを感じます。時間は僅か19時間と言われています。

さてポンペイの遺跡への交通機関は、イタリア鉄道とヴェスヴィオ周遊鉄道があります。イタリア鉄道で行く場合は、ナポリ中央駅から快速(IR)か各駅停車(R)を使います。所要時間は約30分でポンペイ駅下車します。ヴェスヴィオ周遊鉄道は、ナポリ中央駅の地下から出発しています。こちらの所要時間は約40分。ヴィッラ・ディ・ミステリ駅で下車し徒歩2分です。

ポンペイ遺跡に行くにはヴェスヴィオ周遊鉄道のほうが本数も多く、また駅から遺跡まで近いので便利です。行き先が何本もあるのでソレント(Sorrento)行に乗車して下さい。ポンペイ市街も散策したい人はイタリア鉄道が良いでしょう。しかしポンペイ遺跡までは1kmほど歩くことになります。

鉄道に乗りポンペイに近づくにつれてヴェスヴィオ火山が大きく、目の前に見えてきます。今では頂上まで登れますし、噴煙を少し上げるだけになっています。もし大きな噴火が起きると私も埋もれてしまい、2000年後に骸骨になって発見されるのかな、とバカなことを考えながらの移動です。

イタリア留学で”野菜入りクリーミーパスタ予告”

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・

言いませんが^^イタリアマンマに憧れる

こちらイタリーから今回は、トルティリオーネを使った
 ”野菜入りクリーミーパスタ予告”お伝えします。

さて、トルティリオーネって・・・イタリア観光や留学,狙いのイタリア好きなあなたならもう~ご存じの そうパスタの仲間です。


別名スパイラルなんて呼ばれてたりもします。丁度ネジのようにクルクルと巻いたひだの間に、バターやチーズの風味がからまっておいしくいただけます。手に入らなければ、マカロニやペンネを使って作ってみてください。


今回はイタリア家庭料理^^おふくろの味、イタリア旅行を覗いて見つけた美味しい手軽な料理です。パスタから始まり全て時間差で一緒に ゆでてしまうので、やはり手軽でしょ~


誰にでもできる料理です。 おまけにゆで上がりは、バター 生クリーム 粉チーズ 塩コショーで調味で出来上がりです。ボリームたっぷりイタリアマンマのおおらか料理です。


カロリーが気になるあなたは・・バターじゃなくオリーブオイルでも~いいわ、ただ少しヘルシーな味になりますよ。


次回に、手抜き料理レシピ出しますので、楽しみにされてください^^

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いません^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーから今回は、簡単おいしい
”野菜入りクリーミーパスタ予告  ”をお伝えしました。

2007年10月03日

イタリアのエンジンを積んだブラバムBT-46の思い出

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

アルファロメオの話をすると、どうしてもブラバムに行き着いちゃうので、今回は最初からブラバムのお話で。

1977年にフェラーリで2度目のワールドチャンピオンに輝いた翌年、ブラバムへ。このときのマシンがBT-46 。この車、試作の段階では、車体側面に薄いラジエターを張り巡らせた、表面冷却のアイデアがだめされていました。

しかし、実際には効果がなかったようで、結局レースに使われたのはスポーツカーノーズの中にラジエターを埋め込んだ、良くあるスタイルになってしまった。

この車、ラウダの腕をもってしても勝てない。で、スウェーデンGPで登場したBT-46Bは、リアに大きなプロペラをつけていて、車体の下の空気を吸出してダウンフォースを得て、見事優勝。ただし、参戦はこの一戦のみ。これは、前々回も書いた話ですな。

当時、この記事がオートスポーツで大きく取り上げられました。私は買いましたよ。表紙にでっかいBT-46Bの写真が載ってるんだよね。

で、コースアウトすると、土ぼこりが竜巻のようにまきあがるんだ。これも写真が載っていた。

結局、アルファロメオの水平対抗12気筒エンジンは、その大きさから、ロータスのようなウイングカーにすることが出来ないんで、むりやりプロペラをつけちゃったという寸法。

でね、空力デバイスは車体に固定されていなきゃいけない、ってルールがあるんだけど、このプロペラ、ラジエター(車体の上面にある)のための空気を吸い出すものですっ、てブラバムはいってたわけよ。
方便だよね。車体の下にもあながあんのにさ。

そんで、優勝なんかしちゃったもんだから、他のチームから文句言われて、結局次のGPからは使えなくなっちゃったというわけ。

表面冷却とか、サカーカー(サカー すいとるってな意味で、オートスポーツ誌ではこう呼ばれていた)とか、おんもしろいものを出してたんだよね、この時代のブラバムは。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

ピナレロ

ユニークな形状のONDAフォークとシートステイが特徴的なピナレロ。

コルナゴやデローザと並び称される、サイクリストあこがれのイタリアンロードバイクブランドです。

意欲的に新しい技術を取り入れるブランドとしても知られています。

カーボンバックを1998年に採用すると、翌99年はライバルメーカーがこぞってカーボンバックのバイクを投入してきました。

マグネシウムフレームを採用したのもピナレロのドグマです。ドクマを駆ったファッサボルトロ時代のペタッキは勝利を量産しました。

他社も追随しそうなものですが、技術的なハードルが高いようで、今でもドグマ以外のマグネシウムフレームがレースシーンに登場することはありません。

ピナレロと言えば長らくアルミフレームビルダーの頂点の地位にいましたが、カーボンが全盛となった昨今ではコルナゴやデローザの後塵を拝している感がありました。

しかし、ついにピナレロもフルカーボンバイクのラインナップを揃えてきました。歴史に残る名車PARISがフルカーボンになって再登場しました。

ピナレロユーザーの頂点に立つのがインデュラインです。

ピナレロを駆ったインデュラインは、ツール・ド・フランス5回、ジロ・デ・イタリア2回の優勝を飾っています。

インデュラインの活躍は、ピナレロのトップメーカーの地位を確固たるものにしました。

新しい試みを積極的に取り入れていくブランドとして、オペラを立ち上げました。

ピナレロの挑戦はまだまだ続いていきます。

2007年10月02日

日本で初めてのナポリピッツァ技術書がでました!

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回、お店紹介しました「リアナ パデッラ ミウィ橋本店」は
石釜でやくピザがガラス越しに見える、
手作りソースをたっぷりのせて石焼釜であつあつに焼いていますよ~。


今回は本の紹介です。


真のナポリピッツァ協会日本支部が手がけました
初めての書籍『真のナポリピッツァ技術教本』が、
9月29日に式会社旭屋出版から発売されました!!


パチパチパチ~~~。
すごいですね~。


この本は、日本で初めてとなる本格ナポリピッツァの技術書になります。
現在、ナポリピッツァを手がけている方、
ピッツェリアの開店を計画されている方、
ナポリピッツァに興味を持つすべての方にとって
とても参考になる貴重な一冊となるんじゃないかと。


プレスリリースも見れますので
こちらからどうぞ。


こだわりのナポリピッツァを食べたい人、極めたい人。
是非、揃えたい1冊ですね。


アントニオは買ってみようと思いますので
また本の中身ついても紹介しますね。


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザの美味しいお店紹介について書きました。チャオ~♪

2007年10月01日

イタリア生活 - メルカートとエスプレッソ

Ciao Tutti! 皆さん、こんにちは!

イタリア語を学ぶために、トリノにやってきて、一ヶ月が過ぎました。まだまだわからないことばかりですが、イタリアでの生活で発見したことなどを徒然日記風に紹介していきたいと思います。

さて、“トリノ”ですが、日本人に「トリノって知ってますか?」と聞くと、「あぁ、冬季オリンピックがあったところですね。」という答えが一番多く返ってきます。

今度は、トリネーゼトリノに住んでいるイタリア人)に「トリノは何で有名ですか?」と聞いてみました。すると、どれが一番有名ということはないにしても、自動車メーカーのフィアット社があること。

お菓子、とくにチョコレート(“ジャンドゥイオッティ”というトリノの伝統的なチョコレートで、チョコレートとヘーゼルナッツで作られているもの)で有名。

イタリアの他の都市では見られないパリやウィーンにあるような優雅なカフェがあること。

トリノのシンボルとされるユニークな形をした塔「モーレ・アントネッリアーナ」があること。

サボィア家が支配したバロック様式の美しい町並み。

その他まだまだ話は続くのですが(イタリア人はおしゃべり好きで、自分の愛するトリノの話も大好きのようです。)、前置きはこの辺にして先に進みましょう。

9月のある日、お買い得品がいっぱい!という話につられて、メルカート(屋外のマーケット)に行ってみました。ここトリノでは、いくつかの通りに屋台を出して、いろいろな生活雑貨、衣料品、革製品、食料品等々が売られています。ローマフィレンツェなどの大都市は別にしても、旅行者には知られていないお買い物の穴場かもしれません。

さて、この日は、革製品のベルトがなんと1本、5ユーロで、かなりお買い得でした。もちろん“Made in Italy”です。
DSCF0002.JPG (ベルトがなんと1本、5ユーロの安さ!)

プラスチックや金メッキなどの安いジュエリーも一杯でしたが、これらは中国製なので、イタリア製にこだわる人にはおすすめできません。衣料品もセーターやジャケットなど豊富でした。このあたりはたかが屋台と馬鹿にできません。素材の良さは別にしても、さすがファッションの国です。デザインに野暮ったさがなく、お買い得品もたくさんありました。

その他、食料品ですが、野菜やフルーツは日本よりずっと安く、種類も豊富で陳列もきれいです。1キロで○○ユーロと表示されているので、たとえば500gくださいとか、10個くださいとか、○○ユーロ分くださいとか、様々な買い方があるようです。ただひとつやっかいといえば、これら野菜やフルーツのイタリア語名を知らないとすべて手差しで購入しなくてはなりません。私たち日本人が知っている英語名とは似ているものもありますが、ほとんどが違うので、私も実のところ覚えるのに苦労しています。(笑)

さて、メルカートはだいたい午前中で終わりなので(ただし、場所によっては夕方まで開いていたり、週末開いていたりといろいろのようです。)

その後気軽に食べれるオステリアでお昼ご飯を食べました。ここのお店は内装が可愛らしく、「女性向きだなあ」と思っていましたが、ひとつユニークなことを発見しました。

食後のコーヒーイタリアでは、すべてコーヒーというとエスプレッソコーヒーですが)を注文したところ、まず運ばれてきたのが、空のデミタスカップとソーサー。周りのイタリア人もキョロキョロしていて不安な様子。カメリエーレ(ウエイター)に聞いている人もいました。

待つこと5、6分。テーブルに私たち3人分のエスプレッソコーヒーの入った「モカ」と呼ばれている直火式エスプレッソメーカーが運ばれてきました。これを各テーブルで自分のカップに注いで飲むというわけです。

よく見ると、キッチンの傍にコンロと大、中、小のモカが並んでいます。ここで作られたコーヒーが運ばれてきました。私たち3人もやっと納得です。さっそく「コーヒーをユニークに作って運んでくるお店」として、ノートに書き留め、他のイタリア人にも紹介しました。もちろん、料理の方もリーズナブルな価格でおいしくいただきました!

画像の確認


DSCF0004.JPG