2007年09月27日

デローザ

コルナゴは自転車界のフェラーリと呼ばれることがありますが、コルナゴがフェラーリならデローザはベンツといったところでしょうか。質実剛健がイメージのイタリアのトップメーカーです。

バリバリのレースマシンメーカーですが、ハートのマークが愛らしいことから女性にも人気があります。

創始者ウーゴ・デ・ローザは、プロチームのメカニックとしてキャリアをスタートしました。

その後、自転車作りに専念するようになり、世界最高のロードレーサーであるエディ・メルクスのフレームを制作するようになりました。そしてコルナゴと並び称させるフレームビルダーに成長していきます。

エディ・メルクスは引退後、故郷ベルギーで自身の名前をブランド名にあしらった「エディ・メルクス」ブランドの自転車工房を興します。

立ち上げ直後から軌道に乗るまで、デローザのもとでメルクス自身や職人が教えを請いました。また、ウーゴ・デ・ローザがメルクスの工房を訪れてマスター役を勤めたりもしました。

今では、エディ・メルクスもトップレベルの自転車メーカーに成長しています。

ウーゴ・デ・ローザは、自分から売り込んだことは一度もないと言います。メカニックの仕事もフレームの注文も、すべては腕を見込んで頼まれたことが現在に続いています。

また、選手が密かに頼んでくるものも快く引き受ける人でした。頼られたことに誠実に応えることによって大きくなった、イタリアのトップフレームビルダーです。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form