2007年09月16日

イタリア鉄道の旅、ローマ~オスティア・アンティーカ

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

イタリアの首都、ローマからイタリア鉄道を使い小旅行をしています。今回はオスティア・アンティーカ(Ostia Antica)です。オスティア・アンティーカは河口を意味するようにテヴェレ川の河口に位置します。オスティア・アンティーカにはオスティア・リド線で行くことができます。オスティア・リド線に乗るには、地下鉄B線でピラミデ(Magliana)駅で下車、その隣ににあるポルタ・サン・パオロ(Porta San Paolo)駅から乗車します。

ポルタ・サン・パオロ(Porta San Paolo)駅から目的地のオスティア・アンティーカ駅までの所要時間は約40分、運賃は約7ユーロです。オスティア・リド線は地下鉄の1週間パスでも乗車ができるようです。確認して見て下さい。列車はローカル線の各駅停車、車窓も田園風景が続きます。見所のある車窓はありませんが、観光客が少ない列車なのでイタリア留学で身に着けたイタリア語で思い切って話しかけてみましょう。


オスティア・アンティーカ駅を下車して徒歩で5分ほどで遺跡に到着します。オスティア・アンティーカはローマが初めて手にした外港で、オスティア海で産出した塩などをテヴェレ川を使いローマに運んでいたことで発展した街だと聞いていました。しかしオスティア・アンティーカに訪れたら分かりますが海から離れた所に遺跡があります。それは街が建設された後に海岸線が徐々に後退したためです。その原因もありオスティア・アンティーカ(Ostia Antica)は急速に衰退していったと言われています。

オスティア・アンティーカには様々な古代ローマ時代の遺跡が残っています。オスティア・アンティーカはイタリアの歴史、文化を学べる街。ローマよりは観光客も多くないので、のんびりと周ることができます。


オスティア・アンティーカのホームページ(イタリア語)英語もあります。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form