2007年09月16日

ジルベルト・シモーニ

ジルベルト・シモーニは現在のイタリアを代表するクライマー(山岳ステージのスペシャリスト)です。

蜘蛛男のニックネームで知られています。山を登るときの彼の姿が蜘蛛のすばしっこさを連想させるのでしょう。

ジロ・デ・イタリアでは2回の優勝(2001年、2003年)を誇りますが、ツール・ド・フランスでは目立った成績を残していません。

ジロとツールの間隔が短すぎるため、双方で活躍するのは至難の業となっています。もうダブルツールを成し遂げる選手は現れないかもしれません。

長くサエコのエースとして活躍していましたが、ダミアーゴ・クネゴの台頭によりエースの座を追われた形になってしまいました。ランプレを経てサウニエルドゥバルへ移籍しました。

ロード選手としてのピークは越えてしまった感がありますが、本人はまだまだ老け込む気持ちはないようです。

2008年の北京オリンピックにMTB種目での出場を目指しています。過日初めて出場したMTBのレースで見事優勝しています。

MTBからロードへの転向はよくあります。ランス・アームストロングはトライアスロンからの転向組です。しかし、ロードからMTBへの転向は珍しく話題になっています。

2008年には37才になるシモーニですが、オリンピックでの活躍を期待したいものです。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form