2007年09月21日

ファウスト・コッピ

ファウスト・コッピは自転車界のみならず、イタリアスポーツ界において伝説的としてたたえられている存在です。輝かしい経歴に加えて、享年41才という悲劇性も彼を伝説化しています。

歴代の名選手の中でも際だった戦績を残しています。ロードレース界のチャンピオンの中のチャンピオンと呼ばれるのは、あのエディ・メルクスとファウスト・コッピのみです。

彼の名前を冠したロードバイクブランド、ファウスト・コッピが日本でも販売されています。輸入元は城東輪業社。
http://joto-jp.com/

1940年、弱冠19才でジロ・デ・イタリアにて総合優勝を果たします。その後もめざましい戦績をあげ続けます。

1949年には、史上初のダブルツール(同一年にジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスを制覇すること)を果たします。1953年に、再びダブルツールを成し遂げます。

ジロ・デ・イタリア5勝、ツール・ド・フランス2勝、世界選手権制覇など、輝かしいという言葉がこれほどふさわしい戦績はそうはありません。

1959年、休暇を楽しんだアフリカにてマラリアに感染。帰国後に発症して、そのまま帰らぬ人となりました。享年41才。

ツール・ド・フランスの象徴的な峠であるラルプ・デュエズのステージには歴代の優勝者の名前が刻まれています。最初に刻まれたのがファウスト・コッピです。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form