2007年09月30日

金曜日は魚の日

キリストの教えを忘れないようにということです。
クリスマス・イブの夜、魚料理を食べる習慣がありますが
これはキリストの誕生を静かに待つというところから来ています。

さて、アクアパッツァという料理を紹介します。
私個人的にもお気に入りの料理でよく作っています。

暴れる水というのが元々の語源。
新鮮な魚介類と水を用意します。魚から出る旨みがこの料理のポイント。

魚をした処理し、塩、コショウします。そして鍋にオリーブオイルとニンニクとを炒めます。
ニンニクの香りがたち始めたところで魚を入れます。
両面を焼いたところで水を加えます。魚が半分程度浸かる程度に水を張ります。
ここで、ドライトマト、ローリエなどを加え、一気に煮込みます。
そして、火が十分通ったところでオリーブオイルをまわしかけて仕上げます。

簡単ですよね。
しかし、この単純な調理だからこそ魚の旨みが引き出されます。
簡単な調理法ですので、ぜひ一度試してみてください!

イタリアへ行く時は、イタリア留学中の知人宅に押しかけるお騒がせ人間の”Mieさん”でした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form