2007年08月27日

イタリアのエコヴィレッジ「ダマヌール」vol.1

こんにちは、ぽっちりです。

13歳の頃にイタリアを訪れ、その美しさとスローな生き方に感銘をうけました。
その影響か、今は田舎暮らしをしながらスローライフを模索中。
将来はイタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています。


今回からダマヌールというトリノ郊外にあるコミュニティの取り組みを
紹介したいと思います。ダマヌールは、新しい社会システム、精神的、
エコロジカル、芸術、ホリスティックヒーリングなどの研究センターとしても有名。

自給自足の生活を目指し、廃物のリサイクル。オーガニックな農業。
生態系と調和のある生活方法など、エコで先進的な生活を実践しているんです。

私も田舎暮らしの中で色々やってみた結果、そのまま昔に
戻ったような形の自給自足生活は楽しんでできないなぁと感じてきました。

でもダマヌールのように、先進的な技術を使いながら、
快適さをもって地球と一緒にやさしく暮らせる方法を
作っていく暮らしにはすごく興味があります。

例えば、夏に日本の都市では、
エアコンなしの生活は厳しくなってきていますよね。

ダマヌールでは、冷たい井戸水を家の中に巡回させ、冷房としてしています。

モーターで巡回させているのですが、
エアコンのように中を涼しくするために外を暑くすることはありません。


冬は、その水をボイラーで暖めて巡回させ、暖房として使用しています。

その他に、ソーラーパネルやバイオマスなど、色々なシステムが暮らしの中にあります。

こういったシステムは一軒の家だけでは
設備投資がかかって現実化が難しいですよね(うちもそれでなかなかできません)。

でも、コミュニティであれば、皆が協力することで、たくさんの人が恩恵に預かれます。
とってもいい共有の仕方。豊かな暮らしへの協力があるんですね。

私も、そういうことを実際に勉強しに、いつかきっとダマヌールを訪ねたいと思っています。


最近は、温暖化も肌で感じられるようになってきましたが、
そんな中でも、きっと地球と一緒に持続可能な生活を
できる知恵を人は持っているはずだと感じます。

少しずつでも、楽しく、気持ちよく、
そんな知恵をもって毎日の暮らしを豊かにすごしていきたいなぁ。


では今回はこのへんで。
将来イタリア家庭料理を学びにイタリア留学を目指す
ぽっちりでした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form