2007年08月12日

イタリアンジェラート

日本の夏は湿気が気になりますね。イタリアの気候はからっとしていた印象があります。懐かしく感じます。

イタリア旅行では食事も重要事項です。パスタピザはもちろん、ドルチェも大切です。小さいものをいくつも食べるというようにいろんな味を楽しみました。


イタリア旅行に行ったときは6月で、天気も良く、屋外では冷たいものが欲しくなる天候でした。屋外で歩きながら食べられる冷たい美味しいものといえば、ジェラート がお勧めです。

イタリアのジェラートは日本で食べるものと比べさっぱりしていて口に残りません。甘すぎないです。見た目はこってりなのですが、全然そんなことはありません。低脂肪でヘルシーとも言われています。


冷たいものが欲しくて食べたのはいいけれど、甘さが口に残ってしまい、また水を飲むといったはめにはなりません。イタリアのジェラートであればカフェに行く感覚で1日に何回もいけそうです。


イタリアンジェラート

いざ食べようと思うと種類も豊富で迷ってしまいます。写真はヴェネツィアで食べたレモン味のジェラートです。美味しかったです。また食べたいです。


(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form