2007年08月13日

セコンド・ピアット

日本では食事は、主食、副食という構成で考えられていますが、
イタリアでは他の欧米の国と同じく、そういった概念がありません。
強いて言えば、肉が主食で2番目の皿としていただくと言ったところでしょうか。

1番目の皿で炭水化物をいただき、2番目の皿でタンパク質。
栄養学的に言えば、バランスよく食べているとも言えるかも。
ただし、カロリー的には注意しないと摂りすぎになってるかもね。

さて、セコンドですが、肉、魚がメインです。
調理法はグリルしたもの、ローストしたものなどシンプルなものが多く、
味付けもシンプルなものが多いですね。

ただし、イタリアは郷土に誇りを持つ、
「我が国」よりは「おらが郷里(くに)」といったお国柄、
セコンドも北部に行けば煮込み料理、
山手に行けば肉、海手に行けば魚。
その土地その土地での、イタリアンのフルコースを食べるのも楽しみですね。

そして、セコンドが終われば、ドルチェがまってます。
う~ん、まだたべるのか… しかし、ドルチェも捨てがたい…

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form