2007年08月31日

イタリアの歴史046帝政ローマ2(帝政ローマ初期)

帝政ローマの開始時期については諸説ありますが、
ともかくアウグストゥスは実質的なローマの唯一の統治者となります。

そして彼の後継者たちもそれにならい、
代々「アウグストゥス」の称号を名乗ることで、
「帝政」は既成事実となっていきました。

 因に、のちに「アウグストゥス」は、
 「皇帝」を示す称号の一つになります。


その後、彼はカエサルの暗殺を教訓として、
建前上は徹底して権力者であることを避けます。

あくまでも表面上は元老院を重視しているように見せ、
自分が行っていることの真の狙い(帝政の確立)から、
目をそらせるような政策を展開していきます。


「8月の英語名Augustは、ローマ皇帝Augustus
(アウグストゥス)に由来」するそうですよ!

参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「アウグストゥス」の項

それほど偉大な存在であることが分かりますね。


イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form