2007年08月01日

イタリアの歴史041共和政ローマ34古代ローマ(カエサル暗殺・前)

共和政の改革に着手したカエサルは、
まず、元老院への権力集中を防ぐことを考え、
そのために属州民に議席を与えます。

ついで、民会や護民官を単なる追認機関とすることで、
自ら就任した終身独裁官(ディクタトル)に権力を集中させます。

この終身独裁官に権力を集中させる仕組みは、
「元首制」として、後のオクタヴィアヌスに継承され、
「帝政ローマ」誕生の基礎となります。


しかし、こうしたカエサルの権力集中に
危機感を抱く者たちがいました。

それがかねてから元老院議員たちに
カエサルへの陰謀計画への加担を依頼されていたブルートゥスらです。


イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form