2007年08月31日

イタリアの歴史046帝政ローマ2(帝政ローマ初期)

帝政ローマの開始時期については諸説ありますが、
ともかくアウグストゥスは実質的なローマの唯一の統治者となります。

そして彼の後継者たちもそれにならい、
代々「アウグストゥス」の称号を名乗ることで、
「帝政」は既成事実となっていきました。

 因に、のちに「アウグストゥス」は、
 「皇帝」を示す称号の一つになります。


その後、彼はカエサルの暗殺を教訓として、
建前上は徹底して権力者であることを避けます。

あくまでも表面上は元老院を重視しているように見せ、
自分が行っていることの真の狙い(帝政の確立)から、
目をそらせるような政策を展開していきます。


「8月の英語名Augustは、ローマ皇帝Augustus
(アウグストゥス)に由来」するそうですよ!

参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「アウグストゥス」の項

それほど偉大な存在であることが分かりますね。


イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

ヴェルムートといえば… マティーニ

いや~、まだまだ暑いですね。
すっかりこの暑さに参ってるMieさんです。ふーッ。
ところで、夏バテ解消法でみなさんどんな方法をご存知ですか?

私は、やはり睡眠。あとは食事に気をつけること。


そこのあなた、この季節ビールばかり飲んでませんか?
知り合いのイタリア人に言われちゃいました。
「ビールもいいけど、健康に気を使うならワインを飲みなさい」
確かにポリフェノールが効くのかもしれないけど、
この暑いのにワインよりビール選んじゃうよ。

さて、イタリアのリキュールといえば、チンザノを思い出す人が多いでしょうが、
マティーニに使われるリキュールといえば、ヴェルムート。
このヴェルムート、白ワインベースにニガヨモギなど香草や薬草、
蒸留酒などを加えて作られます。

私個人的にはこの薬草を漬け込んだタイプのリキュールが苦手、
シャリュトリューズやアブサンなど、それこそ薬飲んでるみたい。

しかし、アペリティーヴォ(食前酒) としていただくマティーニ、
これから食べるんだという気になるから不思議です。

また、このヴェルムート、日本でも手に入りやすくなったので、
飲むのはもちろんですが、料理の隠し味として使ってみてはいかがでしょう?
酒蒸しなどに使うと、いつもの和食も大変身。

コルナゴ

自転車メーカーの中でも一目置かれあこがれの存在であるのがコルナゴです。

自転車界のフェラーリとも言える存在です。そういうとファンに叱られるかもしれません。フェラーリは自動車界のコルナゴとしておきましょう。

同じイタリアメーカーである両社は近い関係にあります。コルナゴのフレームにはフェラーリF1マシンのカーボンが使用されています。

多くの自転車メーカーは初心者からプロユースまで幅広い層をフォローしていますが、コルナゴは基本的にピュアレーシングバイクしか生産していませんでした。

最近はそうでもなくなったようで、コストパフォーマンスのよいエントリーモデルも販売されています。今の日本は静かな自転車ブームが起きていますが、その市場の声に押されたものかもしれません。

しかし、がっかりしているファンも少なからずいることでしょう。

初心者がいきなり手を出すには少々敷居の高さが感じられます。それもあこがれを生む要素となっているのかもしれません。

一見すると非常にオーソドックスな感じがするコルナゴのバイクですが、スターフォークやHPチェーンステーなど革新的な技術が用いられています。

サイクリストあこがれナンバーワンのブランドがコルナゴです。

2007年08月30日

ホテル・ダニエリのカプチーノ

前回に続いて ホテル・ダニエリ のお話です。




前回の記事はこちらです。

 ■ホテル・ダニエリの内部写真




以前にもホテル・ダニエリについて書いていますが、宿泊したわけでもないこのホテルのことを思い出すと、幸せな気持ちになれます。




以前の記事はこちらです。

 ■ヴェネツィアのホテル・ダニエリ

 ■ホテル・ダニエリの灰皿





自分の知り合いの洋服屋さんの店長さんから教えてもらったホテルなのですが、おすすめはカプチーノです。



ホテル・ダニエリのカプチーノ


ヴェネツィアで、しかもホテルのラウンジのようなところの飲料なので、金額ははったと思いますが、いい気分で、いい雰囲気を味わうことができました。


カプチーノはとにかく美味しかったです。雰囲気が良かったのは間違えなかったですが、イタリア旅行の移動で疲れていた自分を癒してくれる甘すぎも苦すぎもない大人の味だったように記憶しています。こういった味は日本では飲めないのではないのでしょうか。もう一度味わいたいものです。



ちなみに画像右下の灰皿が、

 ■ホテル・ダニエリの灰皿

のラウンジ版の灰皿と思われます。欲しかったです。


(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

2007年08月29日

ローマの交通機関

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

イタリア鉄道を使い、イタリアの首都ローマに到着しました。イタリア留学の際には必ず訪れるはずですし、イタリア留学先になる可能性が高いでしょう。

ローマと言えば、オードリー・ヘップバーン主演映画の「ローマの休日」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?コロッセオ、スペイン広場、トレヴィの泉、そして真実の口、ボッカ・デラ・ベリタです。映画のワンシーンのように私も真実の口に手を入れて記念写真を撮りました。(笑)しかし、男同士でしたが・・・

前置きが長くなりましたが、ローマ観光に利用できる交通機関をご紹介しましょう。主な交通機関はATACと呼ばれる市営バスです。また地下鉄も2路線走っています。ヨーロッパの大都市に比べたら地下鉄の路線数が少ないのです。他にタクシーもありますが、おススメはバスです。

ローマ観光をするには3日間バスや地下鉄に乗り放題の「ローマパス」がおススメです。「ローマパス」で美術館や博物館の入場料が割引になったり無料になるのでお得です。現在は新しいローマパスが発売されています。ガイドブックなどがついて25ユーロ、日本円で3,800円くらいです。

3日間も必要がない人は、16ユーロで1日乗り放題のバスチケットもあります。コロッセオ、トレヴィの泉、真実の口といったような有名な観光スポットを走っています。

ローマはいたる所が遺跡なので歩いて、ゆっくりと周るのも良いかもしれません。私は歩いて周ることが多いです。意外にも有名な観光スポットとの距離が近かったりします。所々に大きな公園もあるので、まさにローマの休日を満喫できますよ。

ローマパス公式サイト(英語)イタリア語のページもあります。
ローマのバス1日乗車券サイト

イタリア小麦粉料理”知りたいニョッキ3 ”

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーからの今回は、大好き
イタリア小麦粉料理”知りたいニョッキ3 ”
をお伝えします♪

ニョッキ(イタリア語:gnocchi(複)、gnocco(単))は前回もお伝えした、古代ローマの時代からの古い料理ですね♪


なので今日は、レシピ紹介します。
ニョッキを作るのはとても簡単です。


レシピ  材料(4人分):

ジャガイモを二つ。

小麦粉(出来れば強力粉)・・・1.5カップ前後

ジャガイモを茹でて
(レンジを使うととても^^楽です。)

マッシュポテト状にして、小麦粉と混ぜ、耳たぶ程度の硬さにこねる。(ビニールに全て入れて混ぜると とても^^楽です。 )

ジャガイモの大きさにより小麦粉の量は適宜加減してくださいね。

生地を太さ3cm程度の棒状に細長く伸ばし、1cm程度の厚さに切って

生地をフォークの背に乗せて親指でこすり付けるようにのばす。

生地の表面にフォークの痕がギザギザにつき、裏面は指の形にくぼみが出来るので


ソースと絡まりやすくなる。

沸騰した湯に入れ、浮かんで来たら茹であがり。茹であがりを冷水にさらして、

ソースなどの用意ができたらもう一度軽く茹で、皿に取り分け、

パスタソースと混ぜて食べる。トマトソースとは格別に相性いいですよ。

ローマなら木曜に、イタリア留学観光で・・
イタリア おいしい~”ニョッキ ” を探したい


イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いません^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーの 今回はレシピで
イタリア小麦粉料理”知りたいニョッキ3 ”
をお伝えしました。

2007年08月28日

イタリアのF1チーム ミナルディ 4

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

ミナルディって、有望な若手がデビューしたり、有名ドライバーが(峠をすぎて)所属したチーム、というイメージもありますよね。

ミナルディのシートに座ったことのあるドライバーをパラパラ挙げてみましょう。

アレッサンドロ・ナニーニ (ベネトン時代に、ヘリコプター事故に遭ってしまった)
マーク・ウェバー (デビュー戦2002年、地元のオーストラリアGPで5位)
フェルナンド・アロンソ (この人の説明は要りませんね)
ジャンカルロ・フィジケラ (今やベテラン、今年はルノーだ)
ヤルノ・トゥルーリ (トヨタを引っ張る男)
アンドレア・デ・チェザリス (ミスタークラッシュ)
クリスチャン・フィッティパルディ (ブラジルの英雄エマーソン・フィッティパルディの甥っ子)
アレッサンドロ・ザナルディ (CARTで1997年1998年と、チームガナッシでチャンピオン)
ミケーレ・アルボレート (フェラーリで早かった)
アンソニー・デビッドソン (スーパーアグリ、もう1人のドライバー)
ピエルルイジ・マルティニ (ミスターミナルディ)
片山右京 (カミカゼ ウッキョさん)
中野信治 (しんちゃん おらぁ~おねいさん)
ロベルト・モレノ (頭の薄い苦労人 ワタシャ好きですな)

これ、結構すごいラインアップですよね。

だけど、ワタシは、いつ、だれがドライブしていたのか、あまり印象にないんですな。
片山右京とヤルノが一緒に走っていた1997年とか、右京引退を受けて翌年加入した中野信治とか。

常に下位争い、かつ、しょっちゅうドライバー交代が行われていたので、よほどのミナルディファンじゃないと、記憶できません。

カルトクイズ Q&Q でもやりますか、なんてね。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

2007年08月27日

美味しいピザのお店紹介「リストランテ 高田馬場文流」

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回はお店紹介をしました「ピッツェリア パルテノペ広尾店」は
真のナポリピッツァ協会の認定されている
本格イタリアピザが楽しめるお店です。

今回紹介するお店の名前は

リストランテ 高田馬場文流です。

ぐるなびはこちら
文流サイトはこちら


住所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-26-5 FIビルB1


アクセス:

JR高田馬場駅 早稲田口 徒歩1分 
地下鉄東西線高田馬場 徒歩1分 


TEL:03-3208-5447
FAX:03-3208-5447


営業時間:

ランチ      11:30~14:00
ディナー 月~土 17:00~22:00
ディナー 日   17:00~21:00


定休日:年末年始 

総席数:45席

駐車場:無

禁煙席あり

駅に出てロータリーの向かい側、F1ビルの地下一階にあります。
駅から徒歩3分で着くので近くて便利ですね。


今年の6月くらいに仲間とランチに行ってきました。
ランチタイムは全席禁煙なんですよ。
嬉しいですね~。ここ重要です!!


おいしくてもね~。喫煙だと美味しくないんです。
せめて食事のときくらい、店出るまではガマンして欲しいものです。


ここのお店は毎年イタリアからシェフを呼んで味とサービスの向上に
力を注いでいるお店なんですよ。


しかも、高田馬場で30年以上も営業している老舗イタリア料理店です。


ちょうど、ランチに行ったときもイタリア人のお客さんが
4,5人くらいのグループで食べに来ていましたから。
味には本場イタリア人も納得だと思います。


イタリアピザはピッツァマルゲリータを食してきました~。
ピザにはトマトソース・モッツァレラチーズ・バジリコ・アンチョビがトッピングされている
イタリアピザでした。


お店に入るタイミングがよくて、自分たちが店に入った途端に
すごく混み出して、待つ人が出るほどでした。


ランチで食べたスパゲティも美味しかったので
イタリアピザにだけでなく、本格イタリア料理が楽しみたい方は
是非行ってみてくださいね。


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザの美味しいお店紹介について書きました。チャオ~♪

イタリアお勧めワイン (トレビッキエリ ヌッスバウマー2004)

イタリアに留学したら本場のワインを味わいたいものです。
イタリア留学した際に是非ワインの知識を身につけて充実したイタリア留学をエンジョイしましょう。
イタリアワインを味わってこそ、イタリア留学の醍醐味を味わえるものです。


トレビッキエリ ヌッスバウマー2004

生産者 テルメーノ 
生産州 アルトアディジェ 
生産量 5000本/年 
ヴィニ・ディタリア 2002 2003
ヴィニ・ディタリア最優秀醸造家受賞  
使用する樽 8m 50hl 
販売前の瓶詰め期間  
分類 アルト アディジェ ゲヴルツトラミネール DOC 
ぶどうの種類 ゲウルツトラミネール 100% 
アルコール度 15% 
糖度 白 辛口 
相性のよい料理 魚類の前菜、パテ、フォアグラ

イタリアのエコヴィレッジ「ダマヌール」vol.1

こんにちは、ぽっちりです。

13歳の頃にイタリアを訪れ、その美しさとスローな生き方に感銘をうけました。
その影響か、今は田舎暮らしをしながらスローライフを模索中。
将来はイタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています。


今回からダマヌールというトリノ郊外にあるコミュニティの取り組みを
紹介したいと思います。ダマヌールは、新しい社会システム、精神的、
エコロジカル、芸術、ホリスティックヒーリングなどの研究センターとしても有名。

自給自足の生活を目指し、廃物のリサイクル。オーガニックな農業。
生態系と調和のある生活方法など、エコで先進的な生活を実践しているんです。

私も田舎暮らしの中で色々やってみた結果、そのまま昔に
戻ったような形の自給自足生活は楽しんでできないなぁと感じてきました。

でもダマヌールのように、先進的な技術を使いながら、
快適さをもって地球と一緒にやさしく暮らせる方法を
作っていく暮らしにはすごく興味があります。

例えば、夏に日本の都市では、
エアコンなしの生活は厳しくなってきていますよね。

ダマヌールでは、冷たい井戸水を家の中に巡回させ、冷房としてしています。

モーターで巡回させているのですが、
エアコンのように中を涼しくするために外を暑くすることはありません。


冬は、その水をボイラーで暖めて巡回させ、暖房として使用しています。

その他に、ソーラーパネルやバイオマスなど、色々なシステムが暮らしの中にあります。

こういったシステムは一軒の家だけでは
設備投資がかかって現実化が難しいですよね(うちもそれでなかなかできません)。

でも、コミュニティであれば、皆が協力することで、たくさんの人が恩恵に預かれます。
とってもいい共有の仕方。豊かな暮らしへの協力があるんですね。

私も、そういうことを実際に勉強しに、いつかきっとダマヌールを訪ねたいと思っています。


最近は、温暖化も肌で感じられるようになってきましたが、
そんな中でも、きっと地球と一緒に持続可能な生活を
できる知恵を人は持っているはずだと感じます。

少しずつでも、楽しく、気持ちよく、
そんな知恵をもって毎日の暮らしを豊かにすごしていきたいなぁ。


では今回はこのへんで。
将来イタリア家庭料理を学びにイタリア留学を目指す
ぽっちりでした。

2007年08月26日

イリヤッド その4

地図を少しお休みして、
前回に引き続いて、僕がはまっている漫画の
その紹介です。

このページのタイトルを見れば一目瞭然だけど、
ビックコミックオリジナルに連載の

「イリヤッド -入矢堂見聞録-」 
画・魚戸おさむ/作・東周斎雅楽
なんですねー。

で、今回は前回のサルデーニャ島に引き続き、
イタリアが舞台となった、ベネツィア

ベネツィア編ではベネツィアの歴史、
成り立ちなんかも書いてあるよ。

例えば、ヨーロッパの古い街では外敵から守るために、
城壁があるものなんだけど、ここには無い理由とか、
古代の街、アトランティスでは運河があったのだけど、
土木技術が発達していないところで、
どうやって運河を作ったのかなど、
いろいろな謎を解いてくれるから、
面白いんだ。

もっともここで発見される部分は実在はしないんだけどね。

ヨーロッパの地理歴史に興味があるなら、是非手にとってほしいな。
きっと留学にも役立つと思うよ!

では、今日はこのへんで

186675.gif

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_tid?tid=17601&pat=a

2007年08月25日

イタリアの歴史045帝政ローマ1(帝政ローマの誕生)

オクタヴィアヌスによって再びローマ世界は統一されます。

その後、前27年1月13日、オクタヴィアヌスは元老院において、
全特権を返上し、共和政復活を宣言します。

これを聞いた元老院は喜びますが、
返上した特権とは、三頭政治権などの非常時大権であり、
すでに有名無実化しているものばかりでした。

その後、1月16日に、元老院は満場一致でオクタヴィアヌスに
「アウグストゥス(尊厳者)」の称号を奉じ、
ローマの全権を掌握するよう求めます。

これをオクタヴィアヌスは何度か辞退した上で承諾しますが、
一度権力を返還し、元老院により再び譲渡される形をとったことは、
彼の慎重な性格を表していると言えます。

ここに共和政は完全に終結し、古代ローマは「帝政」に移行します。


イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

ビチェリンって!?

暑い夏はジェラート、サイコーといいたいのですが、
ス○ーバッ○スでフラペチーノをいただいているMieさんです。

ところで、飲むチョコレートってご存知?
ココアのこと?って言われそうですが、
トリノ名物の飲むチョコレートは少し変わってるんです。

チョコ+エスプレッソ+生クリーム
なんだよ、それってス○ーバッ○スのカフェモカじゃん!
そうなんです。確かに、中身的には同じなんですが、
トリノのそれは「DOC」、統制原産地呼称の指定を受けているんです。
「ビチェリン」がそれなんですが、そんなに厳格なものだったとは…

ところで、このビチェリンですが、
1700年代にバルヴァレイザという前身の飲み物があり、
これがトリノの朝食の定番で、大きなカップに、
チョコ、エスプレッソ、牛乳、砂糖が入っていたそうです。

1756年この飲み物をトリノ一古いカフェ「アル・ビチェリン」が
「ビチェリン」として売り出したのが最初です。
その後、ピエモンテ州のDOCとして指定を受けたわけです。

でも、甘さ抑え目のカフェモカっておいしいんですよね。
たまに無性に飲みたくなる。


イタリアへ行く時は、イタリア留学中の知人宅に押しかけるお騒がせ人間の”Mieさん”でした。

2007年08月24日

ホテル・ダニエリの内部写真

以前にヴェネツィアのホテル・ダニエリについて記事を書きましたが、

そのホテル・ダニエリの内部を撮った写真が出てきたのでご紹介したいと思います。


以前の記事はこちらです。

ヴェネツィアのホテル・ダニエリ
 



以前の記事の中で、次のように書いています。

「 中も見たかったので入ってみると、もうそこは別世界。外観とは違い、

  上品さを備えながらも、きらめくシャンデリアやふんだんに使われた

  大理石のまばゆい光にやられてしまいました。 」






その時の写真が出てきました。どうぞご覧になってください。







ホテル・ダニエリの内部




落ち着いた美しさって感じですよね。


シャンデリアも、大理石の柱も、天井も、窓の丸いガラスも、

絵画、観葉植物、椅子、机、ランプ、花瓶といった調度品も

すべてが一流品といった印象を受けます。


自分は見てもどのくらい高価なものか分らないのですが、品があるのは感じられます。

あ~ますます行きたくなって来ました!

(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

ジロ・デ・イタリア

サイクルロードレースには、一日のみのワンデイレースと複数のステージの総合成績を争うステージレースがあります。

ステージレースの最高峰は、3大ツールと呼ばれる「ツール・ド・フランス」「ジロ・デ・イタリア」「ヴェルタ・ア・エスパーニャ」です。

「ジロ・デ・イタリア」は、3大ツールの先頭を切って毎年5月に開催されます。約3週間かけてイタリアを一周します。

3大ツールの中で最もグレードが高いとされるのは「ツール・ド・フランス」ですが、最も過酷で厳しいレースは「ジロ・デ・イタリア」と言われています。

レースで大きな差がつきやすいのは山岳ステージとTTです。「ジロ・デ・イタリア」は過酷な山岳ステージが特徴です。山を制した過去の偉大なチャンピオン達に敬意を表して、「チマ・コッピ」「パンターニの山」などと名付けられる峠があります。

同一年に「ジロ・デ・イタリア」と「ツール・ド・フランス」の両方を制することを「ダブルツール」と言います。過去に7人が成し遂げています。

イバン・バッソが8人目と期待されていましたが、残念ながらドーピング発覚によって表舞台から姿を消しました。

現在では、スケジュールの面から「ダブルツール」は無理だろうという空気が一般的です。有力選手のほぼすべてがどちらか一方に照準を合わせています。

代表的なのはランス・アームストロング。彼は「ツール・ド・フランス」1本に絞ったレース活動をしていたので、批判を受けることもしばしばありました。

最後にダブルツールを果たしたのは、イタリアの英雄マルコ・パンターニの1998年でした。

イタリアの選手はもちろん「ジロ・デ・イタリア」を最も大切なレースと位置づけています。実際この10年間、毎年イタリア人が優勝しています。

過去に3人の日本人が出場を果たしています。

市川雅敏:1990年50位フィニッシュ
今中大介:1995年途中リタイア
野寺秀徳:2002年139位フィニッシュ

日本でトップの彼らも当然アシストとして参加したわけですが、それでも1回しか出場できず、何とか完走できたという成績です。レースの過酷さが伝わってきます。

有力選手の相次ぐドーピング疑惑に揺れるサイクルロードレース界ですが、一気に世代交代が進み若い新星が表れ、この危機を救ってくれることでしょう。

初期のフェラーリ 2

  初期のフェラーリ 2


やがて、このティーポ125エンジンは166(2リッター)へと拡大され、
有名なロードレース。ミッレ・ミリアに出場したフェラーリが
1948年に優勝したのを記念して、以後のレーシング・スポーツ・モデルに
ミッレ・ミリア(MM)の名が付けられるようになるわけです。


ミッレ・ミリア(MM)の中でもフェラーリ166MMは、フェラーリ初の
ル・マン優勝をはたしたのをはじめ、数多くの優勝を記録した車として
フェラーリファンの間では崇拝されている車です。

ちょっとマニアックな話になりますが、フェラーリ166MMと同時期に
フェラーリ166インテルという車が発表されているんですが、
このモデルのシャシーはレーシングマシーンのディチューン版といわれ
本格的にロードゴーイングモデルの登場は1950年以降になります。

ところで、この時代はエンジン/シャシーメーカーとボディを制作する
カロッツェリアは分離していたため、顧客の要望によるワンオフの
カスタムメイドをはじめとして、フェラーリのシャシー上には
さまざまなボディーが乗せられていたんです。

つまり、オーナーは自分の好みに合ったボディを自由にオーダーメイド
できたわけで、今では考えられない幸せな時代だったんですね。

まあ、最近の成金連中がフェラーリに乗っているのは、誰もが
人目で分かるフェラーリのボディが購入の一番の理由だから
あの時代がいいとは、一概には言えそうもないですがね・・・・(笑)

このコラムは
イタリア留学経験あり、新婚旅行イタリアイタリア旅行好きの
ちょい悪オヤジ、フェラーリ伊達が書いています。

2007年08月23日

ローマ・テルミニ駅(Roma Termini)

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

フィレンツェからユーロスター・イタリア(ES)に乗りローマ・テルミニ駅(Roma Termini)に到着しました。人口約290万人のイタリアの首都であるローマの中央駅だけあって、とにかく大きい駅です。Termini(テルミニ)はイタリア語で終着駅という意味があり、映画の「終着駅」でお馴染みの駅です。しかしTermini(テルミニ)駅の語源は近くの遺跡の名前から取ったものだと言われています。

ローマ・テルミニ駅もそうですが、ヨーロッパの主要駅は終着駅、終点が多いのです。また中心街から離れた場所に駅があることが多いです。それは鉄道が発達した頃には、既に大都市になっていた街が多く、中心地まで線路が引けなかったからだそうです。しかしイタリア留学生などが夜行列車で移動する時は終着駅、終点が便利ですね。なぜなら寝ていて乗り越すことがないからです。「トリビアの泉」ではなく、「トレビの泉」があるローマにての雑学でした。(笑)

話題はローマ・テルミニ駅に戻ります。このテルミニ駅は1867年に完成しましたが、これまで2度改装されています。最近では2000年のプレミアムに改装されました。イタリアの駅としては珍しく、とても綺麗で、よく清掃されています。

鉄道マニアのイタリア留学生には必ず訪れて欲しいローマ・テルミニ駅。なぜから国際列車や国内列車を多く見ることができるからです。あのETR450にも出会うことができます。デジカメを持ってホームを駆け回りましょう。但しローマはスリが多いので写真を撮っている時は手荷物を体から離さないようにしましょう。

イタリア小麦粉料理”知りたいニョッキ2 ”

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーからの今回は、
”知りたいニョッキ2 ”をお伝えします。


以前に紹介したことがあるから ご存じの方も多いと思いますが、
ダンプリング状のパスタの一種です。


ニョッキ(イタリア語:gnocchi(複)、gnocco(単))は古代ローマの時代からの古い料理ですね。

名称そのものは「塊」を意味して(木の)節目を意味するゲルマン語派のロンゴバルド語の「ノッカ」(knokka)からとのことです。難しいわ・・

指の 節目 を意味する「ノッカ」(nocca)から来て、理由はその形からと言われています。

けっこう お腹にたまる料理で、イタリアでは 滋養のあるものや 重い食べ物を木曜日に食べる習慣があるためにニョッキも木曜日によく食べるわ だから 「木曜のニョッキ」(gnocchi Giovedi)と呼ばれるようになったのですねぇ。


エ・・「ニョッキ」は単数形「ニョッコ」の
複数形 なんか ^^カワイイ響きです♪


イタリアで作られている ニョッキはジャガイモが主流なのですが、
ローマでは 硬質小麦のひき割り粉でつくる。

他にも・・・・ジャガイモの代わりにカボチャやパンを使ったもの、
ホウレンソウとリコッタチーズを使ったものなど多数の バリエーションが楽しめる。

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いません^^イタリアマンマに憧れる

こちらイタリーからは、観光や留学で
”知りたいニョッキ2 ”お伝えしました。

2007年08月22日

イタリアのF1チーム ミナルディ 3

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

ちなみに、ミナルディはF1からはいなくなったものの、その後もモータスポーツの世界にはその名を残しています。

ジャンカルロ・ミナルディは、ユーロF3000にミナルディ チーム として、2006年から参戦しています。またGP2、これは旧国際F3000ですね、ここにはネルソンピケのピケスポーツと共同で、2007年より参戦しています。

ユーロF3000て、元はイタリアF3000。2001年にチャンピオンになったフェリペ・マッサは、現在F1フェラーリチームで活躍中。また、シリーズチャンピオンになると、F1参戦に必要なスーパーライセンスが発給されます。

以前は、国際F3000に参戦できないドライバーの行き場所のような感じがあったようですが、その存在意義も向上、ミナルディの参戦でより注目されるシリーズになってきています。


一方、2001年から2005年までミナルディのオーナーだったポール・ストッダートが、ミナルディチームUSAとして、米のチャンプカーシリーズに2007年から参戦しています。

文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

2007年08月21日

イタリアワイン お勧めの一品

イタリアに留学したら本場のワインを味わいたいものです。
イタリア留学した際に是非ワインの知識を身につけて充実したイタリア留学をエンジョイしましょう。
イタリアワインを味わってこそ、イタリア留学の醍醐味を味わえるものです。


ランブルスコ(Lambrusco)2004
ワイン-辛口(スパークリング)


輝きのある明るいルビー色。甘いストロベリーの香り。
口当たりはとても優しく、新鮮なフルーツを口いっぱい頬張ったような果実味が特長の赤ワイン
ランチタイムや食前酒におすすめ。
少し冷やして味わうとより美味しくなります。

生産者 モンテデッレヴィーニェ 
生産州 エミリアロマーニャ 
生産量 50000本/年 
ヴィニ・ディタリア  
使用する樽 ステンレスm 100hl 
販売前の瓶詰め期間 3ヶ月 
分類 ランブルスロッソIGT 
ぶどうの種類 100%ランブルスコ 
アルコール度 11.5% 
糖度 赤-辛口 
相性のよい料理 サラミ、ソーセージ 

イタリアワインに合う!いちじくを使った料理 

こんにちは、ぽっちりです。13歳の頃にイタリアを訪れ、その美しさとスローな生き方に感銘をうけました。
その影響か、今は田舎暮らしをしながらスローライフを模索中。
将来はイタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています。

最近、箱いっぱいのイチジクを頂きました。

でも、私は実はあんまりイチジクが好きではありません。干したイチジクは甘みがぎゅっとつまっておいしいけれど。。生のはちょっとなあ。どうしようかなあ。

そんな時に、作ってみようと思い立ったのが、料理のつけあわせ。

フルーツと料理の組み合わせって、意外な美味しさを発見できて楽しいです。

今回は豚肉のお料理にといちじくを合わせてみました。

ほの甘さとフルーツのさわやかさが、お肉をまろやかにしてくれます。

さて、このお料理。


香りのいいハーブ、セージとベーコンを豚肉にまいて焼き、仕上げにイタリアの甘口ワイン、ヴィンサントで深い風味をプラスします。


できたてを頂く時には、イタリア・ピエモンテ地方のほろにがい味わいの「バルベラ・ダルバ」と一緒にどうぞ。
お肉の脂肪分をすっきりさせてくれ、香りをさらにひろげてくれますよ!


「豚肉のベーコンセージ巻き。ヴィンサント風味 イチジク添え」

作り方
1、豚肩ロース肉 300gは1、5cmの棒状に切り、塩コショウをふっておろしにんにく(ひとかけ)をまぶします。

2、ベーコン100gは半分に切って豚肉に巻き、さらにセージ(20枚)で巻いて楊枝でとめる。 

3、フライパンにオリーブオイルを熱して肉を焼き、いい焼き色がついたらイタリアの甘口ワイン、ヴィンサントを加えてからめる。

4、焼きあがったらお皿に盛り、食べやすくきったイチジクを添える。

では、今回はこのへんで。
将来イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています、ぽっちりでした。

美味しいピザのお店紹介「ピッツェリア パルテノペ広尾店」

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回はお店紹介をしました「PIZZA SALVATORE CUOMO サブナード」は
元気で綺麗なお姉さんがたくさんいる、笑
それでいて良い雰囲気でピザが楽しめるお店です。


今回紹介するお店の名前は

ピッツェリア パルテノペ広尾店」です。

【住所】
〒106-0047 東京都港区南麻布5-15-25
TEL:03-5798-3355

【営業時間】
ランチ(平日)11:30~14:30(L.O.14:00)
ランチ(土日祝)12:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー18:00~23:00(L.O.22:00)

【定休日】
12月31日、1月1日を除き、年中無休

【駐車場】無
【禁煙席】有(16席)
【個室】 無
【テラス席】 有(2テーブル 8席)

【アクセス】東京メトロ日比谷線 広尾駅
・1番出口より、外苑西通り沿いを西麻布方面へ徒歩1分。
・3番出口より、外苑西通り沿いを天現寺交差点方面へ徒歩1分。


駅から徒歩1分はすごく近いですね。
年中無休も嬉しいですね~。


禁煙席があるのもありがたいです。ここ重要ですね!
お店によっては分けていないところもありますから。
アントニオはタバコがダメなんですよ。
すごく気分が悪くなるので。。。。


気のしれた仲間がタバコを吸うのはまだいいのですが、
身も知らない人のタバコのにおいは、もう最悪です。
歩きタバコなんで許せないですね~。


パルテノペ広尾店は8/1で7周年も迎えました~。
で、記念メニューが8月末まで楽しめます。
メニューを見るとかなりのボリュームですね。
お腹いっぱい楽しめちゃいますね。

このお店は真のナポリピッツァ協会から認定されているです。
イタリアピザにこだわっているお店なんです。
国内では23店しか認定されていませんので
是非とも、行っていただきたいお店です。


認定店だからこそ、材料から焼き方から窯の薪にまでこだわっています。


今年の夏はすごく暑いですからね。
こんなときこそ、美味しいピザを食べたいですね。


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザの美味しいお店紹介について書きました。チャオ~♪

2007年08月20日

イリヤッド その3

地図を少しお休みして、
前回に引き続いて、僕がはまっている漫画の
その紹介です。

このページのタイトルを見れば一目瞭然だけど、
ビックコミックオリジナルに連載の

「イリヤッド -入矢堂見聞録-」 
画・魚戸おさむ/作・東周斎雅楽
なんですねー。

で、今回、初めてイタリアが舞台となった、第5巻
舞台はイタリアのサルデーニャ島。

「サルデーニャ島で新しいヌラーゲが見つかった」
という設定なんだけど、
私はこの漫画を見るまでヌラーゲって知らなくて、
世界遺産にも登録されているものとここで初めて
知ったんだよね~。

ちょっと、漫画の内容に触れるけど、
ここで発見されるものはあくまで物語の中の物なんですよ。
だけど、これが今後、
かなり重要な手がかりになるものなんで、
興味もって見れるんですよね。
ヨーロッパの地理歴史に興味があるなら、是非手にとってほしいな。
きっと留学にも役立つと思うよ!

では、今日はこのへんで

186675.gif

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_tid?tid=17601&pat=a

2007年08月19日

イタリアの歴史044共和政ローマ37(第二回三頭政治の崩壊)

前36年、三者の確執が表面化し、レピドゥスがシチリアで蜂起し、
オクタヴィアヌス打倒を図りますが失敗し、失脚します。

残ったオクタヴィアヌスとアントニウスは、
アントニウスの妻と弟が蜂起したり、
アントニウスが後妻のオクタヴィアヌスの姉のオクタウィアを離縁し、
プトレマイオス朝エジプトのクレオパトラ7世と結婚したことなどから、
次第に対立を深めていきます。

そして前31年、オクタヴィアヌスらが率いる海軍が、
アクティウムの海戦でアントニウスとクレオパトラ連合軍を破ります。

二人は自殺し、プトレマイオス朝は滅びます。

前29年、ローマに凱旋したオクタヴィアヌスは、
「プリンケプス(第一市民)」の称号が与えられます。

この「プリンケプス」とは、もともとは元老院内での
第一人者を表す称号として使われていましたが、
帝政においては、皇帝が全てのローマ市民の中での
第1の立場にあるという意味になります。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「アウグストゥス」の項参照

イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

デザート

ディナーの最後はデザートですね。
イタリアのデザートには、フォルマッジョ、フルッタ、ドルチェがあります。

フォルマッジョとはチーズのことですが、
デザートでいただくチーズは長期熟成タイプの濃厚なチーズです。
これをハード系のパン、ワインといただきます。

日本で言えば、食事の最後にご飯をいただき、
漬け物で締めるようなものでしょうか。

次にフルッタに続きます。
フルッタとは果物のこと。
最後がドルチェです。
ドルチェはケーキのことです。
これは説明の必要もないでしょう。

これら書いてきた3種ですが、
実際には全て食べる必要もないし、
1つだけ食べるだけでもOKです。

しかし、アペリティーヴォから始まりデザートまで、
イタリアのディナーってかなりボリュームありますよね。
しかもkの最後にはディジェスティーヴォ、食後酒まで…
私は胃袋が持ちません。

2007年08月18日

ヴェネツィアの仮面組

ヴェネツィアに行ったときに仮面を露店商のようなところでよく見られました。

中には結構、恐いと感じるものもあります。文化の違いでしょか。日本ではお面って呼びますが、仮面とは少し違うような気がします。

いくつもの仮面を眺めていると、仮面舞踏会に出てくる仮面(をかぶった人)のイメージが沸きました。これも日本の漫画などで見た記憶からなので、実際のものとは異なるかもしれませんね。今でもカーニバルの際のは仮面舞踏会が催されているようです。どんなお祭りなんでしょね。羽目を外せるのは各国共通かな。


仮面だけでなく、全身衣装をまとった人たちもいてこれには目を引きました。
一緒に並んで写真におさめている観光客もいました。

ヴェネツィア仮面2人組

ヴェネツィアではカーニバルがとても有名だそうで、世界3大カーニバルの1つにもかぞえらるようです。

カーニバルの開催時期は冬らしいので、気になる方は事前に日程を合わせて行かれると一段と楽しめますよ。

(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

2007年08月17日

ユーロスター・イタリアでローマへ

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

リヴィエラ海岸沿いをイタリア鉄道で旅をしていたのですが、なぜかフィレンツェまで来てしまいました。このままリヴィエラ海岸の旅に戻るか迷いましたが、どうしてもユーロスター・イタリア(ES)に乗りたくなりました。ユーロスター・イタリア(ES)はフィレンツェからがローマまで走っています。

ユーロスター・イタリア(ES)は時速300キロでフィレンツェローマ間を結ぶイタリアの新幹線、所要時間は1時間30分です。座席は1等車と2等車があります。運賃は、1等車が47ユーロ、2等車が33ユーロです。1ユーロ150円で計算すると1等車は約7,050円と日本の新幹線に比べると割安です。

チケットの種類は、期間限定に乗車可能なものや家族割引、シニア向け割引などがあります。またユース向け(若者向け)割引チケットであるユーレイル・イタリアパス(イタリア鉄道を期間限定で乗り放題のパス)を持っている人は割引があります。しかしイタリア留学ビザを取得しているイタリア留学生はユーレイル・イタリアパスは購入できません。

さて、いよいよユーロスター・イタリアローマへ出発です。フィレンツェローマ間は山間を走ります。これと言った車窓もありません。あっと言う間にローマのテルミニ駅に到着です。

イタリア小麦料理”知りたいニョッキ ”

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーからの今回は、
”知りたいニョッキ ”をお伝えします。

以前に紹介したことがあるから ご存じの方も多いと思いますが、ダンプリング状のパスタの一種です。


トマトソースのニョッキ 、ホワイトアスパラガスのニョッキ
削ったトリュフをのせたニョッキなど、多くの楽しい料理が ありますねぇ
 

もちろん ジャガイモと小麦粉を混ぜあわせで作る、イタリア料理
ニョッキ(イタリア語:gnocchi(複)、gnocco(単))は古代ローマの時代からの古い料理です。


もともとは現在のようにジャガイモやカボチャで作るものじゃなく、小麦粉を練って作っていたそうです。

ジャガイモのニョッキが作られるようになったのは、1,800年代になりアメリカ大陸から伝来したジャガイモがイタリアで栽培されるようになってからですって


イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いません^^イタリアマンマに憧れる

こちらイタリーからは、
”知りたいニョッキ ”お伝えしました。

2007年08月16日

イタリアのF1チーム ミナルディ 2

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

ミナルディのその2です。

ミナルディの印象といえば、いつ消えてもおかしくないような弱小チームなれど、しぶとくF1で生き続けている  そんな感じですな。

2005年に幕を閉じる20年間、ミナルディというチームは存続していますが、その経営は紆余曲折があったんですねぇ。


ミナルディ、もとは1980年に、ジャンカルロ・ミナルディがF2チームとして設立しています。ミナルディ一族というのは、もともとイタリアのフィアットディーラーをやっていたんですな。で、1985年にF1にやってきました

1994年には、スクーデリア・イタリアを吸収合併。

1996年、フラビオ・ブリアトーレ(当時のベネトンマネージャー)がチーム代表となる。チームの所有権の一部を取得したので。

ところが、1997年には、ガブリエル・ルミが代表に。ルミさん、フォンドメタル社の人です。この年には、フォンドメタル社が経営に参画したんですな。

しかし、2001年には、ポール・ストッダート氏がチームを買収しました。この人、ヨーロピアン航空の社長です。

ジャンカルロ・ミナルディ氏は、その後もチームに残っており、経営は変われど、ミナルディの血脈はチームに流れていたのです。

そして、最終的には2005年にレッドブルがチームを買収、チームミナルディは幕を下ろし、あらたにレッドブルのジュニアチーム、トロ・ロッソとなったのです。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

2007年08月15日

イタリアワイン お勧めの一品

イタリアに留学したら本場のワインを味わいたいものです。
イタリア留学した際に是非ワインの知識を身につけて充実したイタリア留学をエンジョイしましょう。
イタリアワインを味わってこそ、イタリア留学の醍醐味を味わえるものです。


ヴェルドゥッゾ・トラミネール・パッシート(Bacchico) 2002


フルーツのコンポートや蜂蜜、バニラの甘い香り、特にボリューム感はしっかりとしており、少し酸も感じられます。
ぶどうを陰干しして丹念に造られたこのヴェネト州のワインイタリアを代表する素晴らしいデザートワインです。

生産者 ブルネスカ  
生産州 ヴェネト  
生産量 4,000本/年  
ヴィニ・ディタリア 2002  
使用する樽 ステンレス1ヶ月 7hl 小樽13ヶ月 2.25hl  
販売前の瓶詰め期間 5ヶ月  
分類 ビアンコ・パッシート・ヴェネト IGT  
ぶどうの種類 40% トラミネール 40% ヴェルドゥッゾ 20% ソーヴィニョンブラン  
アルコール度 13.5%  
糖度 白ワイン-甘口デザート  
相性のよい料理 ビスケット  

イタリア留学で出会ったイタリアピザの魅力 美味しいピザのお店紹介「PIZZA SALVATORE CUOMO サブナード」

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回はお店紹介をしました「マ・メゾン 昭島店」は
アントニオが大好きなお店です。
雰囲気いいし、ピザも美味しいし、言うことなしです。


今回紹介するお店の名前は

「PIZZA SALVATORE CUOMO サブナード」です。

ぐるナビサイトはこちら
サルバトーレのサイトはこちら


住所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1 サブナード地下街

アクセス:
JR新宿駅 東口 徒歩3分 
西武新宿線西武新宿駅 徒歩1分 
地下鉄新宿駅 徒歩2分 

TEL:03-5269-3365
FAX:03-5269-3364

営業時間:11:00~24:00
定休日:無休 
駐車場:有 400台(共用)


駅からすぐいけますのでいいですね~。
いついっても営業しているのもいいです。

今週、仲間といっしょにサルバトーレに行ってきました。

店内には綺麗どころのお姉さんがたくさんいらっしゃいました。
お客さんもそうですが、スタッフも綺麗なお姉さんばかりで。。
それだけで大満足。笑


店長のサラさんはなんと23歳でお店を取り仕切っている!
すごいですね~。
なかなか出来ないですよね~。


メニューの値段がすごく安いですね。
カクテルが500円ですよ。ワンコインで飲めちゃうなんて最高。


「デュエット」という二人前にセット料理があって、
お値段が3,800円なんですが、
これで、前菜6品、ピザ、スパゲッティ2品、デザートもついてきます。


サルバトーレのピザはマルゲリータが出てきましたが、
ここのピザは石釜焼きです!!
素晴らしい♪
チェーン店でも石釜でピザを焼くくらい本格的ですね~。


縁は厚く、全体は薄い生地でして
トマトとルッコラとモッツアレラチーズの絡み具合が最高です。
生地のいい感じにこげたのがまたいいですよ。
美味しかったです。


あの量で3,800円は他ではないんじゃないでしょうか。
大満足の料理でした。


お店の雰囲気もよくて、オーダーを入れるときがイタリア語なんですね~。
スタッフ全員が元気よくて毎日でも通いたくなるくらい素敵なお店でした。
行ったらお姉さんにはまりますよ~♪
料理にもね。笑


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザの美味しいお店紹介について書きました。チャオ~♪

ダニーロ・ディルーカ

UCIワールドカップからUCIプロツアーへ衣替えした2005年、初代のチャンピオンに輝いたのがダニーロ・ディルーカです。

今年は念願の春のクラシック、リエージュ~バストーニュ~リエージュを制し、勢いそのままジロ・デ・イタリアを制しました。

以前からその才能を認められ注目されていましたが、デビューから9年かけてようやくジロ・デ・イタリアの頂点に上り詰めました。

31才。円熟期を迎えつつあり、これからますますの活躍が期待されます。

ドーピングスキャンダル吹き荒れるサイクルロードレース界において、エース的存在になりえる選手でしょう。

170cm・61kgと小柄ながら、一撃で相手をねじ伏せるような爆発的なパワーを持った選手です。

しかも、イタリアの伊達男といった感じでかっこいい。天は二物を与えてしまったようです。

日本ではまったく人気のないサイクルロードレースですが、ヨーロッパでは確固たる地位を築いています。

最近はドーピング疑惑により人気が下降中とのことですが、ディルーカのような選手を中心としてこの困難を乗り越え、再び光り輝くことと思います。

2007年08月14日

初期のフェラーリ

Buon giorno (ボンジョルノ)

ボンジョルノ、イタリア車について熱く語るフェラーリ伊達です。

  初期のフェラーリ

前回、エンツォ・フェラーリの記事を書いたものですから、
この勢いに乗って、やっぱりフェラーリネタで書いていこうと思います。

となると、やっぱりフェラーリの歴史を振り返ってみたくなるでしょ。

ということで、先ずは初期のフェラーリから順を追ってみましょう。

エンツォ・フェラーリが自信をつけた最初のクルマってなんだか知ってますか?

それは、
1947年に生産された、フェラーリ125Sです。


その心臓部であるエンジンには、エンツォと行動を共にした元アルファロメオの
エンジン設計者であるジョアッキーノ・コロンボがF1用に開発したティーポ125
と呼ばれる1.5リッターのV12エンジンが積まれていたんですよ。

この125という数字を見て、ピンとくる人はなかなかツウだと思いますが
そうです、
1気筒あたりの排気量をモデル名に表す伝統の始まりなんです。

この例で言えば、125cc×12気筒で1.5リッター。
分かりますよね。


やがて、このティーポ125エンジンは166(2リッター)へと拡大され、
有名なロードレース。ミッレ・ミリアに出場したフェラーリが
1948年に優勝したのを記念して、以後のレーシング・スポーツ・モデルに
ミッレ・ミリア(MM)の名が付けられるようになるわけです。

このコラムは
イタリア留学経験あり、新婚旅行イタリアイタリア旅行好きの
ちょい悪オヤジ、フェラーリ伊達が書いています。

2007年08月13日

イリヤッド その2

地図を少しお休みして、
前回に引き続いて、僕がはまっている漫画の
その紹介です。

このページのタイトルを見れば一目瞭然だけど、
ビックコミックオリジナルに連載の

「イリヤッド -入矢堂見聞録-」 
画・魚戸おさむ/作・東周斎雅楽
なんですねー。

この漫画でかなり重要な位置を占める書物が、
日本を「黄金の国 ジパング」と紹介した、
東方見聞録 (マルコ・ポーロ ルスティケロ)
なんですね。

で、このマルコポーロと言う人はイタリア
なんですね。(厳密には当時のベネツィア共和国)

当時のベネツィア共和国と書いたけど、
現在はクロアチアのドゥブロヴニク出身んなんですね。
この辺が実は単行本の第二巻にあるんですね。

このように複雑な出身国の記述から察するに
結構イタリア半島自体は、交通の要衝で、
ローマ時代から戦乱の歴史を持つ国なんですね~。
特に当時の欧州とアジア(小アジア)の海上交通や
貿易の要として重要だったんですね。

こういう知識があると留学しても面白い旅が出来ると思うなぁ
186671.gif

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_tid?tid=17601&pat=a

イタリアの歴史043共和政ローマ36(第二回三頭政治)

第二回三頭政治はカエサル暗殺後、
ガイウス・ユリウス・カエサル・オクタヴィアヌス、
マルクス・アントニウス、マルクス・アエミリウス・レピドゥスの
いずれもカエサル派の3人によって成立します。

カエサルの遺言で後継者とされたオクタヴィアヌス、
カエサルの配下でガリア戦争などで活躍したアントニウス、
カエサルの副官で最高神祇官のレピドゥス。

この三人は国家再建三人委員会に就任し、
政敵キケロ、暗殺者ブルートゥスなどの、
共和政派の有力者を次々と排除していきます。

この三頭政治体制は、市民集会によって認定された
正式な国家機関でしたが、元老院・共和派に対抗するために組んだ
一時的な同盟関係に近かったため、政敵を排除し終わると、
三者は次第に敵対するようになっていったのです。


イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

セコンド・ピアット

日本では食事は、主食、副食という構成で考えられていますが、
イタリアでは他の欧米の国と同じく、そういった概念がありません。
強いて言えば、肉が主食で2番目の皿としていただくと言ったところでしょうか。

1番目の皿で炭水化物をいただき、2番目の皿でタンパク質。
栄養学的に言えば、バランスよく食べているとも言えるかも。
ただし、カロリー的には注意しないと摂りすぎになってるかもね。

さて、セコンドですが、肉、魚がメインです。
調理法はグリルしたもの、ローストしたものなどシンプルなものが多く、
味付けもシンプルなものが多いですね。

ただし、イタリアは郷土に誇りを持つ、
「我が国」よりは「おらが郷里(くに)」といったお国柄、
セコンドも北部に行けば煮込み料理、
山手に行けば肉、海手に行けば魚。
その土地その土地での、イタリアンのフルコースを食べるのも楽しみですね。

そして、セコンドが終われば、ドルチェがまってます。
う~ん、まだたべるのか… しかし、ドルチェも捨てがたい…

2007年08月12日

イタリアンジェラート

日本の夏は湿気が気になりますね。イタリアの気候はからっとしていた印象があります。懐かしく感じます。

イタリア旅行では食事も重要事項です。パスタピザはもちろん、ドルチェも大切です。小さいものをいくつも食べるというようにいろんな味を楽しみました。


イタリア旅行に行ったときは6月で、天気も良く、屋外では冷たいものが欲しくなる天候でした。屋外で歩きながら食べられる冷たい美味しいものといえば、ジェラート がお勧めです。

イタリアのジェラートは日本で食べるものと比べさっぱりしていて口に残りません。甘すぎないです。見た目はこってりなのですが、全然そんなことはありません。低脂肪でヘルシーとも言われています。


冷たいものが欲しくて食べたのはいいけれど、甘さが口に残ってしまい、また水を飲むといったはめにはなりません。イタリアのジェラートであればカフェに行く感覚で1日に何回もいけそうです。


イタリアンジェラート

いざ食べようと思うと種類も豊富で迷ってしまいます。写真はヴェネツィアで食べたレモン味のジェラートです。美味しかったです。また食べたいです。


(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

2007年08月11日

フィレンツェの交通機関

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

リヴィエラ海岸沿いをイタリア鉄道で巡っている途中、寄り道してフィレンツェにやってきました。イタリア留学をした人は、必ずフィレンツェには訪れると思うのでフィレンツェの交通機関を紹介します。

フィレンツェの交通機関は、バスとタクシーだけです。ヨーロッパの主要都市には、必ずトラム(市内電車)が走っているのですが、フィレンツェにはトラムはありません。また地下鉄もありません。これだけの大きな観光地では珍しいことです。

そのためフィレンツェ観光は主にバスを使うと良いでしょう。ATAF(アタフ)社がバスを運営してるためATAF(アタフ)という名で親しまれています。70分間有効なチケットが1.2ユーロ、70分の搭載チケットが2ユーロです。また1日バス乗車券もあり5ユーロです。

バスのチケット購入は、フィレンツェ中央駅前(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)の窓口で購入することができます。ヨーロッパのバスは日本のように運転者が常にバス乗車券を確認することはありません。だからキセルし放題!!と思ったら大変です。抜き打ちで乗車券を確認しています。ヨーロッパではキセルが発覚すると多額の罰金を要求されます。絶対にしないようにしましょう。チケットを買ったら必ずスタンプを押してもらいましょう。

その他の交通機関は、フィレンツェが細い道が多いためミニバスも走っています。またフィレンツェのタクシーは手を挙げても乗れません。タクシー乗り場か電話をかけて乗るようになっています。

ストライキも多いためATAF社のホームページで必ず確認してください。また運賃や時刻表を確認してくださいね。

イタリア留学で食べたい”ボンゴレビアンコ ”

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーからの今回は、大好き
イタリア留学で食べたい”ボンゴレビアンコ ”
をお伝えします♪

イタリアで ボンゴレビアンコ 食べたいワ
ボンゴレ(VONGOLE)はイタリア語で『アサリ』のこと。
ビアンコ(BIANCO)は『白』。白ワインを使うからです。

ボンゴレビアンコ

二人分がおよそ15分で出来ちゃう ご機嫌なレシピ

★材料

パスタ・・・200g
殻付きアサリ・・・400g
バジル…4,5枚
トマトソース・・・200㏄
ワイン・・・100㏄
ニンニク・・・1片
鷹の爪・・・1本
塩・・・適量
オリーブオイル・・・50㏄

★作り方

1.フライパンにオリーブオイル、ニンニクをいれて温める

2.ニンニクが色づいたら鷹の爪、アサリをいれて白ワインをふりいれる

3.蓋をしてアサリが開いたらバジルをちぎっていれる

4.茹であがったパスタとあえて器に盛り付ける

・アサリからおいしい塩味がソースが出るから塩は入れなくても
・バジルが手に入らない時は大葉でもおいしい!


ローマ観光イタリア留学 どちらでもやっぱり・・
イタリア おいしい~”ボンゴレビアンコ” を探したい


イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いません^^イタリアマンマに憧れる

こちらイタリーの 今回は
イタリア留学で食べたい”ボンゴレビアンコ ”
をお伝えしました。

2007年08月10日

今回のイタリアF1チームはどこだ?

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

こんにちは~
暑い日が続いています。皆さんお元気ですか。

今回は、クイズQ&Qでスタートです。
この成績をもつチームは、さて、どのチームでしょう?

参戦 1985年 - 2005年
出走 - 340レース(歴代7位)
総獲得ポイント - 38ポイント
予選最高位 - 2位(1990年第1戦アメリカGP)
決勝最高位 - 4位(1991年第3戦サンマリノGP、1991年第13戦ポルトガルGP、1993年第1戦南アフリカGP)
コンストラクターズ・ランキング最高位 - 7位/18チーム中(1991年、6ポイント)

イタリアのチームで、長期にわたりF1GPに参戦するも、下位から中堅に甘んじていた、あの愛すべきチーム。

今はそのチーム名さえなくなってしまったが・・・・

そうです。今回は ミナルディ です。

2005年にレッドブルに売却され、現在はレッドブルのジュニアチーム、トロ・ロッソになりました。

このチームも、いろいろな話題がありますよね。

日本人であるワタシにしてみれば、日本人がドライブしたことのチームとしての印象があります。

片山ウッキョさん。ウッキョさんは、ミナルディを最後のチームとして、F1ドライバーを引退しました。1997年ね。

最後の年はのチームメイトは、現在はトヨタで頑張っているヤルノ・トゥルーリ。
ヤルノは、ウッキョさんより早かったんだけど、ウッキョさん、ヤルノをとてもかわいがっていて、いろいろなことを教えてたんだそうです。

チームからは、次の年もミナルディで走ってくれって、ウッキョさんにはオファーがあったらしいんだけど、やっぱり後輩の育成っていうのはF1を続けるモチベーションじゃあないってことを認識して、引退を決めたとか。

確かにこの人、自分でがんがんチャレンジしていく姿が似合ってますなぁ。

ちなみにウッキョさん、ワタシより1日人生の後輩です。
単に彼の誕生日が、ワタシの誕生日の次の日ってことなんですけどね。

あと、ミナルディをドライブした日本人は、中野信治ね。ウッキョさん引退の次の年、1998年でした。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

2007年08月09日

イタリアワイン お勧めの一品

イタリアに留学したら本場のワインを味わいたいものです。
イタリア留学した際に是非ワインの知識を身につけて充実したイタリア留学をエンジョイしましょう。
イタリアワインを味わってこそ、イタリア留学の醍醐味を味わえるものです。


【シャルドネ(Chardonnay) 2003 白ワイン-辛口】

シャルドネ 2003
Chardonnay 2003
生産者 アルマーニ
生産州 ヴェネト州
生産量 20,000本/年
ヴィニ・ディタリア 20022003
使用する樽 ステンレス 6ヶ月
販売前の瓶詰め期間 3ヶ月


グリーンがかった淡いイエロー、青リンゴや洋ナシ、白い花のチャーミングな香り、優しくエレガントなタッチ、バランス良し。

分類 トレンティーノ DOC
ぶどうの種類 100% シャルドネ
アルコール度 12.5%
糖度 辛口-白
相性のよい料理 コンソメ、パスタ、チーズ、魚料理、

イタリア留学で出会ったイタリアピザの魅力 美味しいピザのお店紹介「マ・メゾン 昭島店」

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回はお店紹介をしました「南青山アルソリトポスト」は
閉店していたとはとても残念でした。
復活を切に願います。本当に。


前回からは行ってみたいお店紹介と言っていたんですが、
どうしても紹介したいお店があるので
今回は是非、行って欲しいお店を紹介しますね。


今回紹介するお店の名前は

マ・メゾン 昭島店」です。

住所:〒196-0002 東京都昭島市拝島町2-10-1
アクセス:JR青梅線拝島駅 徒歩20分 
     JR八高線拝島駅 徒歩20分 
営業時間:11:00~24:00
定休日:無休 
駐車場:有 21台(共用)


ちょっと駅から遠いのですが、
行ってみる価値十分にあります。


ここはもう10年くらい前から行くようになりまして
すっごくお気に入りのお店です。


お客さんを食事に連れて行くときは
ここに必ず連れて行くくらいお奨めです。


欧風家庭料理なのでパスタピザに限らず
色んな料理が楽しめます。


アンティーク調のお店の雰囲気がすっごくいいですよね~。
隣に国道16号が走っているのが難点ですが。。。
十分にゆったりと楽しめます。


ここで出されるパンで雅という名前のパンがあるんですが、
これがまた、すっごく美味しい。
ほんのり甘くて、ふわふわしていてお気に入りです。


セットランチでパンを頼むとおかわり自由なので
パクパク食べちゃいますね。かなり。笑


ピザも当然美味しいです。
定番のマルゲリータがやっぱり一押しですね。
種類はその他に2つで計3つと少ないですが、
生地は薄めでパリッと仕上がっていますね。
こういうピザが好みです♪


で、ここにくると本日のお奨め料理がいいですね。
見たことないな~と思って頼んでも
どれも美味しいですね~。


イタリアン以外にも色んな料理があって
あと、ネーミングも面白いですよ。
ネーミングの由来とか聞くとさらに面白いです。
ネタばらしはしませんので行ってからのお楽しみということで。笑


是非とも行って欲しいお店「マ・メゾン 昭島店」を紹介しました。
行ったらクセになると思いますよ♪


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザの美味しいお店紹介について書きました。チャオ~♪

2007年08月08日

イタリアでの値引きはダメ!?

こんにちは、ぽっちりです。13歳の頃にイタリアを訪れ、
その美しさとスローな生き方に感銘をうけました。

その影響か、今は田舎暮らしをしながらスローライフを模索中。
将来はイタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています。


私が中学生の頃イタリアを訪ねた時、ものすごく町並みがきれいで、
アートもいっぱいで、ああこんなところで育ったらどんな風に
成長できるんやろうと思ったものでした。

ひとつひとつのお店もとても素敵で、
飾られている手仕事の物たちのなんともいえない味わいに感動しました。


幼いながらに、大きくなったらぜったい靴とカバンは
イタリアの手作りの物を買おう。と思ったものでした。


その後、美術大学に進学し、私自身も工芸の世界のなかにいました。

そんな中、芸術をする友達を見ていて感じることは、
日本では、作り手の立場からするとキツイ料金(=安い)設定が多い。

なので結構、若手の作家たちは生活が苦しい人が多いなぁと感じます。


すごい時間と手間をかけていいものを作っているのだけど、
それを適正な値段で売ることが難しい。

買う人との価値観のギャップが大きかったんです。

もっと安くしてくれ~とか言われると、泣きそうになるようなこともあります。
(作る人がマーケテイングまでなかなかできてないという理由もありますが、、、)


イタリア生活が長い友達に聞いた話では、
イタリアでは値引きをする人がほとんどいないとのこと。

作り手を尊敬尊重する気持ちが強いので、値引き自体が失礼。
さすが!!と感じました。あっぱれです。


やっぱり太古からアートや手仕事が重んじられ、
今でも生き生きとそれが存在している国!


聞いた話では、イタリアの車を買った日本人がいて、
車がすぐ故障したので、その車の販売者に問い合わせたところ

「それがどうしたの?きみはイタリア車の何も理解していないね。
それより、美しい車だろう?」

みたいなことが起こったらしいです。
ちょっと(いや、めっちゃ)困るけど、どこか笑えるところがある。

そして何よりもイタリアの車において
大切にされているのは美意識なんだなあと感じました。


そういうのもいいな。
作り手が大切にされ、美意識の方が性能より大切。

イタリアでは普通の人たちの間に、
アートの感覚がしみついているんだろうな。


日本もそういう風になっていくといいな。
そしたら、物つくりやアートがもっと身近に、
いきいきと存在しやすい国になるだろうなあと感じました。


ではまた。

イタリア家庭料理を学びに、
子連れイタリア留学を目指しています、ぽっちりでした。


2007年08月07日

イタリアの歴史042共和政ローマ35(カエサル暗殺・後「ブルートゥス、お前もか!」)


そしてついに前44年3月15日、カエサルは暗殺されます。


その際に発したとされる有名な言葉、
「ブルートゥス、お前もか!(「Et tu,Brute!」)」ですが、
これはイギリスのシェークスピアの戯曲
『ジュリアス・シーザー』の中のセリフです。

 実際は言っていないという説もあるようです。

通常、これは暗殺者の1人マルクス・ユニウス・ブルートゥスを
指すとされていますが、もう1人のブルートゥス、
デキムス・ユニウス・ブルートゥスであったという指摘があるようです。

彼はカエサル配下の有力な将軍で、
相続順位第2位に指名されていたほどの人物でした。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「ガイウス・ユリウス・カエサル」の項

有名なあのセリフは、もしカエサルが本当に発していたとしたら、
腹心中の腹心に裏切られたと分かった時に、
発した言葉なのかも知れませんね。

イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

イリヤッド その1

今回は地図を少しお休みして、
僕がはまっている漫画のその紹介です。

このページのタイトルを見れば一目瞭然だけど、
ビックコミックオリジナルに連載の

「イリヤッド -入矢堂見聞録-」 
画・魚戸おさむ/作・東周斎雅楽
なんですねー。

実はついこの前、ビックコミック オリジナルでの連載が
終了してしまったのだけど、アトランティスを探す物語で、
イタリアの地名なんかも出てくる。

ヨーロッパの歴史や地理なんかも学べるよ!
イタリアに限らず、ヨーロッパ、地中海の文明やキリストのお話など
もあるんだ。
もっとも、創作のお話もあるから全部を鵜呑みにしては駄目なんだけどね。

こういう知識があると留学しても面白い旅が出来ると思うなぁ
186671.gif

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_tid?tid=17601&pat=a

プリモ・ピアット2

今日は、手打ちパスタの店で、
ジェノベーゼをお昼にいただきご機嫌のMieさんです。

前回、1番目のお皿でスープについて書きましたが、
今回はリゾットです。パスタは小麦粉のカテゴリ読んでね。

リゾット。人によってはおじやだという人もいますが、
つくり方、そして極めつけにおじやとは異なる点があります。

玉ねぎをみじん切りにし、フライパンで透き通るまで炒めます。
きのこリゾットなら、きのこもすこしタイミングをズラして炒めますね。
そしてその後、お米を入れて炒めます。
その後、水もしくはスープを注いで好みの硬さに煮詰めます。

ポイント1.
このお米を油で炒める過程がリゾットの特徴かも。
スープリゾットではそのままスープでお米を煮る場合もあります。
しかし、お米が透明になるまで炒める行程があって
はじめてお米を煮ること、これがポイントの1番目。

ポイント2.
おじやとの決定的な違いはお米が、アルデンテかどうか!!
おじやでお米に芯が残ってれば失敗作ですが、
リゾットの場合、ほど良い食感が大切です。
好みの硬さに煮るというのがポイント。

ご飯を炊く時に日本人は、
「はじめチョロチョロ、中ぱっぱ~」っておまじないのような歌がありますが、
リゾット作りをする時イタリア人は、
「フタをせず、掻き回せ。」という人もいるらしいです。
これも美味しいリゾットをつくるコツか!?

イタリアへ行く時は、イタリア留学中の知人宅に押しかけるお騒がせ人間の”Mieさん”でした。

2007年08月06日

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の公式販売代理店

前回紹介しました サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局のリスト(イタリア語で記載されていると思っていたら英語で記載してあった)ですが、裏側と思われる面の、下の方に、公式販売代理店のある地名が記載されていました。

(今、ふと思ったのですが、このメニューリストは英語圏の人たち用のものだったのかもしれませんね。日本語版もあるのだろうか?)


サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局のリスト(裏下)


公式販売代理店と思われる地名は、20箇所くらい書いてあります。

ROMA(ローマ)、MILANO(ミラノ)、GENOVA(ジェノバ)、VENEZIA(ヴェネツィア)…と続きます。それで最後の方になんと TOKYO(東京)、OSAKA(大阪)の文字がありました。

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局のリスト(東京大阪公式販売代理店)


TOKYO

Aoyama Suncrest Bld. 1F 2-13-5 Kita Aoyama Minato-ku, Tokyo 107-0061
Tel. e Fax 0081-3-34082008

Ginza Komatsu 1F, 6-9-5 Ginza Chuo-ku - Tokyo 104-0061
Tel. 0081-3-35722694 / Fax 0081-3-35728790


OSAKA

2-5-23 MinamiSenba Chuo-Ku - Osaka 542-0081
Tel. 0081-6-62613805 / Fax 0081-6-62613802


電話番号が 0081 からとなっているのは国際電話なのでしょうか。

調べてみましたところイタリアから日本に国際電話を書ける場合は、

 国際電話識別番号 00 + 日本の国番号 81 + 市外局番から 0 をとった番号+電話番号

となるようです。


ですので日本国内から公式販売代理店さんへ電話をかけるときは

東京青山の公式販売代理店さんの場合は

 0081-3-34082008 → 03-34082008

東京銀座の公式販売代理店さんの場合は

 0081-3-35722694 → 03-35722694

大阪南船場の公式販売代理店さんの場合は

 0081-6-62613805 → 06-62613805

となります。

インターネットで購入することも楽しいですが、直接お店へ出掛けて、商品を手にとって、お店の雰囲気を味わって購入するのも楽しいでしょうね。お近くの方はぜひどうぞ!


(この文章はイタリアへの回想からプチ留学を目指しているワンワンが執筆しています)

2007年08月05日

フィレンツェ、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

エンポリ(Empoli)の町に立ち寄り、ようやくフィレンツェに到着です。フィレンツェ中央駅はサンタ・マリア・ノヴェッラ(Santa Maria Novella)駅という長い名前です。この駅名の由来は、近くにあるサンタ・マリア・ノヴェッラ教会からとったものです。

フィレンツェ、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に降り立って目に入ってくるのがガラス張りの屋根です。そのため日本の駅と違い、開放感があり、とても明るい雰囲気が印象的です。更に驚くことに有名作家の彫刻や絵が飾られています。これまた日本の駅ではあり得ない風景ではないでしょうか。

この駅は戦前の1935年に完成したものです。その当時のイタリアの国力が垣間見ることができます。サンタ・マリア・ノヴェッラ駅を建築したのは、イタリア近代建築の先駆者であるジョヴァンニ・ミケルッチと建築家達です。

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅をはじめ、とにかくイタリア鉄道の駅舎は豪華なことに驚かされます。しかし、その歴史ある、豪華な駅舎にミスマッチなものが・・・それはマクドナルドの看板です。赤と黄色のマクドナルドの看板は万国共通なのでしょうが、もう少し駅舎のデザインに溶け込んだものにして欲しいものです。

イタリア留学で食べたい”ズッキーニの花も?天ぷら ”

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーからの今回は、大好き
イタリア留学で食べたい”ズッキーニの花も?天ぷら ”
をお伝えします♪

今が旬のズッキーニって 先日頂いたら美味しくて 日本でも手軽に頂ける キュウリみたいな野菜で ズッキーニは・・カボチャ科ですって


ズッキーニ食べ方はスライス 生で サラダに
オリーブ油で 揚げ炒めで アンティパスト


ズッキーニは・・・見た目と違い? 直ぐに柔らかくなるので大きめなら4㎝ぐらいに切っても 特別な風味が楽しめます。


イタリア観光でトスカーナへ行ったらズッキーニの花の天ぷらを食べたい イタリアではズッキーニの花を天ぷらのように衣につけて揚げ衣は小麦粉をビール、または水で溶いたものを使います。花の中にリコッタチーズなどをあらかじめ入れて揚げるのがたまらない。


ローマ観光イタリア留学 どちらでもやっぱり・・
イタリア おいしい~ズッキーニの花の天ぷらを探したい

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・
言いません^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーの 今回は
イタリア留学で食べたい”ズッキーニの花も?天ぷら ”
をお伝えしました。

2007年08月04日

イタリアのF1チーム フォンドメタル

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

前回の、オゼッラを1991年に買収して出来たチームが、このフォンドメタル。
チームオーナーのガブリエル・ルミさんは、レーシングホイールを政策しており、オゼッラをスポンサードしていました。

オゼッラは慢性的に資金不足だったため、フォンドメタルが買収したのですが、成績が伴うことはなく、翌年1992年にフォンドメタルはF1を撤退しています。

ちなみに、フォンドメタルはF1参戦をやめた後も、F1へかかわり続けています。

たとえば、フォンドメタルの風洞実験設備はなかなかのもので、ティレルやベネトン、ミナルディも利用していました。ああ、いずれのチームも、今はF1には居ませんねぇ。

それから、2000年には、ミナルディに、フォンドメタルV10エンジンを供給しています。これは、コスワースV10をベースにしたものですね。

こちらの、フォンドメタルのオフィシャルサイトに、写真入りで紹介されてます~。

http://www.fondmetal.com/index.php?option=com_content&task=view&id=54&Itemid=233&lang=en

http://www.fondmetal.com/index.php?option=com_zoom&Itemid=247&page=view&catid=47&PageNo=1&key=0&hit=1&lang=en

文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

2007年08月03日

イタリア留学で出会ったイタリアピザの魅力 美味しいピザのお店紹介「南青山アルソリトポスト」

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回はお店紹介をしました。
カフェ ラ・ボエム 表参道はともて元気のいいスタッフがいて
こちらも楽しくランチが味わえたお店でした。


今回からはまだ行ってないけど
美味しそうなので行ってみたいお店を紹介しますね。


今回紹介するお店の名前は


とおもったんですが、
今、お店のサイト見に行ったら、閉店してました。。。。


お店は「トラットリア&ピッツェリア 南青山アルソリトポスト
という名前なんですが。。。。。


まさか、潰れていたとは。。。。


すっごく行きたかったのに!!!!!!
ガックシです~~~~。
 

真のナポリピッツァ協会からも認定されていて
石釜のイタリアピザが食べられるお店だったのに!!!


くぅ~~~~~~~。
残念~~~~~~~。


6月にね~。仲間内のランチがあって、
幹事だったので、真っ先にこのお店に電話したんですが、
貸切の予約が入っていて行けなかったんです。


スタッフの対応がすごく丁寧だったので
気に入っていたのに~。


この週末に嫁さんと行こうかと思っていたのに
先週の金曜日が最終日だったとは。。。。。


まだ復活の予定があるみたいなので
早めの再開を激しく希望します!!


ピッツァ、食べたかったな~~。


復活したら、是非行ってみたいお店です。

次回からは気を取り直して
営業しているお店を紹介しますね。笑

イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザの美味しいお店紹介について書きました。チャオ~♪

2007年08月02日

イタリアワイン お勧めの一品

イタリアに留学したら本場のワインを味わいたいものです。
イタリア留学した際に是非ワインの知識を身につけて充実したイタリア留学をエンジョイしましょう。
イタリアワインを味わってこそ、イタリア留学の醍醐味を味わえるものです。

【シャルドネ 2004 白ワイン-辛口 】

香りの優しいタイプ。
洋梨や新鮮なフルーツの香り。
辛口で酸も程よくバランスの取れたワイン
毎日飲んでも飲み飽きないデイリーなワインです。

生産者 ブルネスカ 
生産州 ヴェネト  
生産量 8,000本/年  
ヴィニ・ディタリア 2003  
使用する樽 ステンレス 6ヶ月 50hl  
販売前の瓶詰め期間 3ヶ月  
分類 白ワイン-辛口  
ぶどうの種類 100% シャルドネ  
アルコール度 13.5%  
糖度 白ワイン-辛口  
相性のよい料理 スープ、魚料理、白身肉(グリルした料理)


イタリアワインとカツオ

こんにちは!13歳の時イタリア旅行をしてごはんのおいしさ、
美しい街、生き方、に感動したぽっちりです。

大人になった今、その影響か田舎で暮らしながらスローフードを楽しむ、
スローライフ的な生き方を摸作中。

そして将来、イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリを目指しています。


暑くなってきましたねえ!夏、あっさりしたイキのいい魚料理が食べたくなりませんか?

私の住む田舎では、海が近いので新鮮なカツオが手に入ります。
少し冷たい身を口に入れると、とろーり、濃厚な味と一緒にとろけていくカツオ。

いつもはタタキで食べていますが、
イタリアワインのキャンテイと一緒に楽しむ時は、カルパッチョがおいしいですよ!


キャンテイはルネッサンス文化が華やかな頃にもよく飲まれていました。
現在のキャンテイは、19世紀にリガゾーリ男爵が黒ブドウに

白ブドウを加えて混醸したもので、やわらかで爽やかな赤ワイン
品質の割にはお値段が手ごろ。そして、赤身の魚にもよく合います。


カツオのカルパッチョの作り方は。。

1、 薄切りにしたタタキに、塩コショウをする。
2、 1に、しょうゆ、バルサミコ酢、みかんの絞り汁をかけて、お好きな味に整える。
3、 オリーブオイルを熱し、にんにくのスライスを炒め、きつね色になったら熱いまま2にかける。
4、 白髪ねぎ適量、アボガドの細かく切ったものを3にトッピングして出来上がり。

☆好きなお野菜のサラダを作って、その上にカルパッチョをのっけて食べてもおいしいです。


打ち水をして少し涼しい夕方に、たまにはワインと一緒にカルパッチョなぞ楽しんで、
爽やかに気持ちよく過ごしたいですねぇ(希望)。


ではまた。将来、イタリア家庭料理を学びに、
子連れイタリを目指しているぽっちりでした。


2007年08月01日

ガルダ湖


イタリア 旅行と留学のための地図情報
(地図をクリックすると拡大図が出ます)

今日はイタリアでもっとも広い、ガルダ湖を取り上げます。

ガルダ湖は別名ベナーコ (Benaco) 湖ともいわれ、
面積は約370平方キロメートル。
そして、イタリアで最も面積の広い湖です。

このあたりの他の湖と同じく、
湖北部は細長く、大部分は山々に囲まれています。
また、その形は典型的な渓谷で、
実際湖のこの部分は現在でも主な流入元となっている
サルカ川によって作られたと考えられています。
湖南部はより大きくて、
湖面を囲む多くの氷堆石の丘などとともに
新生代の氷河の動きによって作られたと考えられています。

イタリアに留学したら、こんなトコにも足を伸ばしてみたいですね。

イタリアの歴史041共和政ローマ34古代ローマ(カエサル暗殺・前)

共和政の改革に着手したカエサルは、
まず、元老院への権力集中を防ぐことを考え、
そのために属州民に議席を与えます。

ついで、民会や護民官を単なる追認機関とすることで、
自ら就任した終身独裁官(ディクタトル)に権力を集中させます。

この終身独裁官に権力を集中させる仕組みは、
「元首制」として、後のオクタヴィアヌスに継承され、
「帝政ローマ」誕生の基礎となります。


しかし、こうしたカエサルの権力集中に
危機感を抱く者たちがいました。

それがかねてから元老院議員たちに
カエサルへの陰謀計画への加担を依頼されていたブルートゥスらです。


イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

プリモ・ピアット1

イタリアでのディナーは、前菜のあとにプリモ・ピアットと続きます。
直訳すると1番目のお皿という意味です。

たいていの場合、パスタやリゾット、スープが1番目のお皿として出てきます。
ここでイタリア流なのが、最初にオーダーする時に、
前菜からデザートまでまとめて注文するのでなく、
前菜が終わってからプリモ・ピアットをオーダーすることになります。
どうりで都度都度頼むのだから食事の時間もかかっちゃう訳ですね。

今回は特にスープについて書いてみましょう。
イタリアでスープと言えばミネストローネ。
素朴なマンマの味、それがミネストローネです。

ミネストローネのつくり方、基本は豆類をよく煮ます。
そして、ジャガイモ、セロリ、人参、キャベツなどに
旬の野菜を入れて煮込みます。
野菜はさいの目切りにカット。
野菜だけで乾煎りし、水を足し、ハーブ、ラードを加え、
最後に塩で味を調整します。

改めて書くと、ものすごくシンプルというか、
全然手がかかってないというか
逆に言えば素材の旨味でしか勝負のしようがないという料理です。

ただ、冬に食べるとこれほど幸せというか、
スープの温度だけでなく、人の温かさまで伝わる料理ですね。

イタリアへ行く時は、イタリア留学中の知人宅に押しかけるお騒がせ人間の”Mieさん”でした。