2007年07月27日

イタリアワインに使われている葡萄3

イタリアに留学したら本場のワインを味わいたいものです。
イタリア留学した際に是非ワインの知識を身につけて充実したイタリア留学をエンジョイしましょう。
イタリアワインを味わってこそ、イタリア留学の醍醐味を味わえるものです。

【Trebbiano】
(トレッビアーノ) イタリア全国で広く生産されており、イタリアにおいて最も多く生産されている白ぶどう種です。例えば、ウンブリア州のDOCワインであるオルビエート・クラッシコやラツィオ州のDOCワインであるエスト!エスト!!エスト!!!といったように、各地の白ワインに多く使われているからです。また、赤ワインワイン問わず、混醸に多く使われているいることも各地での生産を後押ししているようです。例えば、トスカーナのキヤンティにも使われていたりする場合があります。
【Cortese】
(コルテーゼ) 北部のピエモンテ州での生産が多い。このぶどう種からは、ピエモンテ州の白ワイン、ガヴィが生産されている。
【Garganega】
(ガルガーネガ) 北部のヴェネト州での生産が多い。このぶどう種からは、ヴェネト州の庶民的白ワイン、ソアーヴェが生産されている。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form