2007年07月10日

イタリア留学で出会ったイタリアピザの魅力 イタリアピザの食材「小麦3」

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回はイタリアピザに使われる食材、
小麦の種類にもう少し詳しくお話しました。


今回も小麦についてこだわってみま~す。


小麦以外にも米とか色々穀物ってありますが、
小麦粉だけが持っている特徴ってわかります?


ヒント。
この特徴があってこそ、パン、麺類、菓子類という加工ができます。
たぶん、一度は聞いたことがあるものです。

実は「グルテン」なんですね~。


小麦粉にはグリアジンとグルテニンが含まれています。
グリアジンの特徴は弾力は弱いけど、粘着力が強くてのびやすいです。
グルテニンの特徴は弾力は強いけど、伸びにくいです。


小麦粉に水を加えてこねていくと、
グリアジンとグルテニンが絡みあってグルテンができるんですね~。


小麦粉って不思議ですよね~。
加える水の量によって、色んな形をなります。
パンみたいに弾力があってやわらかい生地になったり、
イタリアピザのように焼いた後がパリッと仕上がったり、
てんぷらやケーキみたいにどろどろとして、薄くのり状になったりと、
これも「グルテン」の性質があるからこそなんですね~。


色んな形になるからこそ、世界中に色んな料理がありますね~。
小麦粉がその地域で好まれる形になって色んな食べ方を作り出しているんです。


グルテンがなければ、アントニオの大好きなイタリアピザにも出会えなかった。。。
そう考えると、グルテン万歳です。笑


今日はここまでにしますね♪
次回もお楽しみ~。


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザに使われる小麦について書きました。チャオ~♪

編集後記

この間、富士吉田へいくことがありまして、
そこで吉田うどんを食べてきました。


白須うどんっていうお店なんですが、
どうみてみ普通の民家。
そこに行列ができていて、どうみても妖しい。笑


すんごいコシのあるうどんで、量も多くて
それでいて1杯300円。
イタリアピザもいいけど、吉田うどんもよかったです。


富士吉田へ行く機会があれば是非♪
ただ、道が分かりづらいかも。
民家に妖しい行列をみつけたら、当たりです。笑

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form