2007年06月27日

畑の野菜でお料理♪

はじめまして。13歳の時イタリア旅行をしてごはんのおいしさ、
美しい街、生き方、に感動したぽっちりです。

大人になった今、その影響か田舎で暮らしながらスローフードを楽しむ、
スローライフ的な生き方を摸作中。

そして将来、イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています。


お日様の日差しが暑くなってきたきょうこのごろ。

私たちの家の畑では、てきとうに蒔いたかぼちゃさんたちが
ツルを伸ばして花を咲かせています。

もうお店ではかぼちゃも出ていて、子供も大好きなのでよくお料理に使います。


もうすぐ家のかぼちゃの実がなったら、
子供に作ってあげようと思っているのがかぼちゃプリンです。

イタリアの家庭でもよく作られているというかぼちゃプリンは、
私が小さかった時に母がよく作ってくれた大好きなデザート。

自然の甘みがやさしくて、とろっと冷たい触感がおいしいですよね。


今回は、そんなかぼちゃプリンの和風アレンジレシピをご紹介します。

卵や乳製品を使わないので、ヘルシー&アレルギーの方にもおすすめです。
これなら子供にも安心して食べさせられ、オーブンいらずなので簡単です!


材料:
かぼちゃ  200g
ゼラチン  5g
豆乳    5g
テンサイ糖 30g

好みでトッピング☆黒糖シロップやあんこをのせてもおいしいです。


1、豆乳を入れた鍋に、ゼラチンを入れてふやかす。

2、かぼちゃの種とわたを取る。茹でて柔らかくし、熱いうちに皮を取る。

3、ゼラチンがふやけたら、豆乳を弱火で少し温める。(温めすぎないように注意)

4、荒熱のとれたかぼちゃと砂糖をフードプロセッサーに入れて、回す。
  
5、形がなくなってなめらかになったら豆乳を3回に分けて加え、
  そのたびに長めにまわす。(長めにまわすとフワフワに仕上がります。)

6、へらで周りについているかぼちゃを取って、さらに長くまわす。

7、プリンカップやお好みの型へ流しいれ、トッピングがあればのせて、
  冷蔵庫で冷やしかためる。


では、ぜひお試しくださいね!

自家製のお野菜でおいしいものが作れると、
とっても幸せな気持ちになる、ぽっちりでした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form